一般質問について勘違い!誤解!のご投稿がみられますので、一般質問についての説明と反問権と積立基金増加のウラワザ?について反論!

 一般質問とは・・・議員が、南大隅町の行政運営に関し町長に自由に質問する事を一般質問と呼びます。

 具体的には・・・南大隅町の行政の執行の状況や将来の方針、政策的な提言や課題などを町長に直接質すことが出来ます。

 そしてさらに、町長の所見や施策について議会で報告を求めたり問い質すことも出来ます。

 一般質問の範囲は・・・南大隅町の行財政全般(公共事務、団体委任事務、行政事務の一切を含む)のほか、南大隅町内の各自治会内で住民生活に密接に関係している事項など多岐にわたって質問ができます。

 勿論・・・側溝の蓋が無くなっているとか!側溝の蓋がダメになっているとか!公衆トイレの水回りがダメになっているとか!道路脇の雑草刈りとか!入ケ山~古殿~大根占線道路拡張は一般質問に該当します。


 積立基金が増えた!増えた!と言う話をよくお聞きします。

 南大隅町の財政が豊になったと本当に手放しで喜んで良いものなのでしょうか?

 例えば・・・グランドゴルフ場や新庁舎建設等、土木関連費を例にとれば・・・

 土木関連費は当初予算を少なめに予算計上してあるように一見!見えるのですが・・・土木業者からの見積もりを最初から多めに計上し、そこで契約差金を発生させてしまえば・・・その差額を不用額として補正予算で減額し、そこに生まれた歳入歳出差額を翌年の基金積み立てに回す裏ワザがあります。

 このように・・・我が町の基金積み立てが増えた!増えた!と喜べない目先を変えた裏ワザ的方法もある事を町民の皆様は知るべきだと思いますし、基金積み立てが増えた事が、必ずしも町財政が豊になった事とは全く違う点に気づくべきではないかと思います。

 やはり町財政の豊かさは純粋に町税収入がいくらあるのか?をみるべきでは?

 勿論、町税収入に貢献しているのは・・・ふるさと納税でご協力していただいている県外の方や南大隅町から逃げ出さず、泣き言を言わず、力強く田舎に踏ん張り、町興しのため住み、そして・・・ささやかながらも住民税や事業税を長い年月かけ、コツコツと納めている町民に限られますよね。

 南大隅町は観光関係に沢山の予算を使っていますから観光協会に所属する関係者の町税が、ここ数年どのくらい増加してきているのか?町民に知らせる責任もありますよね。

 このようにして箱物建設の為だけの基金がドンドン増えていく理由も基金が増える理由としてひとつあると思います。


 最近・・・町長は反問権を使うべきだと言う1部町民の声があるやに聞きます。

 反問権使用について問題があるのか?と言えば・・・議員は個人、大勢の職員を抱えた町長との情報量の差は議論になった場合、これまた歴然としています。

 結局、情報量の差で議論したら厳しい状況に各議員さん達は追い込まれる可能性があります。

 であれば・・・本当に反問権を町長が使いたいのであれば・・・まず反問権を使う前、本当の意味の公平・公正の立場から議会の模様をネット中継すべきではないでしょうか?

 ネット中継が出来ないようなヤッセンボ首長は・・・大勢の職員に守られている裸の王様ではないかと思う。


 現在、南大隅町から各自治会へ様々な名目で補助金の支給があります。

 補助金漬けになった自治会員達は・・・いずれ・・・補助金が支払われる事が当たり前となり・・・

 補助金漬けになった者達は・・・そのうち補助金と言う甘い麻薬がジワジワと効きだし・・・自立・自活を忘れ!あろうことか・・・あんなに勤勉だった働くアリさん達も!働かないキリギリス達になるのでは?ないかと思います。

 このように小さい補助金の延長線上には・・・高レベル核廃棄物にくっつく補助金と言う!あま~~~いハチミツ問題も出てくるのだろうな?と!とても心配です。

 ハチミツに群がるAFOM達…想像しただけで吐き気がします。

27年後、南大隅町の人口は2500人へ!深刻な人口減少を受け、今後も自治会組織は本当に必要なのでしょうか?

 国立社会保障・人口問題研究所がこの程発表した日本の地域別将来推計人口を拝見すれば・・・南大隅町の人口減少予測は2500人となるそうです。 (2018.4.7・南日本新聞1面参照)

 このような人口減少を目のあたりにしても・・・新庁舎建設を断行するつもりなのでしょうか?

 当然!人口減少により、国からの交付金も少なくなります。

 少子高齢化により、自治会長の選出に難儀されている自治会がとても多いそうです。

 かわごろもは考えます。

 このように猛スピードの人口減少において、自治会組織は本当に必要なのでしょうか?

 そして・・・誰が一番自治会組織の存在を望んでいるのでしょうか?

 多分!自治会組織の存続を一番望んでいるのは・・・自治会を最大限に利用できる役場・農協・漁協・鹿児島県ではないかと私は思います。

 ここで各自治会に所属する自治会員の皆さま!よ~~~く考えてみてください。

 昔の葬式は土葬で大変な人手が必要でした・・・しかし今や火葬・・・おまけに家族葬・・・そして納骨堂です!

 今や葬式も人手が必要でない時代、自治会と言う組織は各自の首を絞めるだけの組織になっていないでしょうか?

 伝統!を守る為自治会は必要なんだ!と言う声高に叫ぶ人に限って・・・自ら率先して自分一人でコツコツと伝統を守るための気概も無い人が多すぎるように感じます。

 あるいは・・・水路を守る為、自治会は必要なんだ!と考える方もいられると思います。

 例えば・・・水路問題!で説明すれば・・・

 実は水利組合だけが水路を守らなければならない時代はとうに終わっているのです。

 なぜ?なのか?

 今の水路は・・・①水田を潤わす水だけの役目だけではなく 、②火災の時の防火水の役目や ③大雨の時の排水の役目や ④ほとんどの家庭が水洗トイレ化された事により、汚水排水の役目も果たしています。

 以上問題点を4点提起しました。

 この問題点4点の中で水利組合が関わらなければならない問題は25%だけです。

 残り75%は、本当は自治体の役目なのです。

 こうしてみれば・・・皆さん方は目先をごまかされている事に気づかされるはずです。 

 私は全自治会を即刻解散し、自治会が現在している事務を自治体に引き継ぐべきが南大隅町民の今後の幸せにつながると考えます。

 以下は新庁舎建設と交付金問題です。


 交付金と新庁舎建設その1

 交付金と新庁舎建設その2

 交付金と新庁舎建設その3

 急激な人口減少の中・・・いずれはどこかの自治体と合併しなければならない南大隅町!

 いざ他市町と合併となった時、南大隅町は借金はタップリあるのに・・・庁舎だけは立派な物を建てやがって!と他市町から嫌味を言われない!他市町民から南大隅町民がイジメを受けない!質素な町政運営を心から望むものです。

コミュニティバスの区域外運航と使用変更は道路運送法上!全く問題はないのか?混載は運送に該当し、運送許可が必要では?条例・使用規約改正はされたのか?

 一般質問と反問権と議会のネット中継と基金残高のカラクリにつきましては、次回の日記に書きます。

 今回は、南日本新聞2018・3・19付経済8面に載りました佐多の魚 大阪へ陸送の記事について書きます。

 確か・・・種子島の漁民を助けろ!と言う趣旨の議会質問が平成26年11月号みんなの議会第38号P5下段から~P6上段にかけ大泊地区ご出身の日高孝壽議員(佐多地区)さんの魚介類販売と観光振興についての発言要旨が載っています。
 その事をたまたま2015年12月12日に南大隅町日記に書いています。
 まさか?あの質問と今回の佐多の魚 大阪へ陸送の記事がリンクしているような事はないでしょうから( ^ω^)・・・
 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 なお、日高孝壽議員(佐多地区)さんの発言要旨は、みんなの議会に書いてある内容の通り正確に本日記に転載します。赤文字が日高孝壽議員(佐多地区)さんの発言・・・政治には素人ですが、青文字部分がかわごろもが気づいた点です。

 【日高】佐多岬観光の浮揚を図るため、離島航路(種子・屋久)の誘致は考えられないか伺う。

 南大隅町民としてかわごろもが反問権行使?・・・せっかく佐多岬観光の浮揚を図る質問をされるのであれば、もっと日高孝壽議員(佐多地区)さんは具体的に指宿~種子島間・指宿~屋久島間のトッピーやロケット開通に伴った経済的効果を執行部に示すべき必要があったのでは?例えば、過去10年間の観光客の推移等(指宿から種子島・指宿から屋久島)・次に過去10年、指宿・種子島・屋久島の地元の方々が指宿~種子島間・指宿~屋久島間の利用状況等・日高孝壽議員(佐多地区)さん質問はベテラン議員?らしからぬ相当具体的質疑内容に欠けている気がします。☆⌒(>。≪)

 【日高】関係機関等含め調査・検討ということだが、どのようなことが考えられるか。

 【日高】陸地に近い佐多岬航路が開通すれば相当メリットがある。大隅開発を含め、種子島ロケット基地、宮崎に通じる観光ルートが確率される。また、魚介類に関して、種子島漁船は鹿児島市まで直接卸していた方が油の高騰により大泊漁港に着けて大隅半島業者と取引を行っている現状もある。このような多方面の現状を捉え、町の取り組みで活路を見出す努力をしていただきたい。

 南大隅町民としてかわごろもが反問権行使?・・・日高孝壽議員(佐多地区)さんは具体的に、指宿~種子島間・指宿~屋久島間のトッピーやロケット開通に伴った具体的経済的効果を執行部に提示していない為、以下抽象的な質問に終始しているように感じます。【日高】佐多岬航路が開通すれば相当メリットがある。観光地指宿でさえ、ロケット・トッピーの発着は1日1回きりだし・・・??どのようなメリットがあるのか?もっと具体的に執行部を攻めてもらいたいな~~~
 (´・ω・`) スコシ ザンネン
なんで?トッピーやロケットが大泊港に就航しさえすれば、種子島ロケット基地、宮崎に通じる観光ルートが確立されるのかな???この質問も抽象的で下々は意味がわかりません。
 (メ・ん・)?  (メ・ん・)?
 そして極めつけは・・・種子島漁船は鹿児島市まで直接卸していた方が油の高騰により大泊漁港に着けて大隅半島業者と取引を行っている現状もある。このような多方面の現状を捉え、町の取り組みで活路を見出す努力をしていただきたいとの事。
 南大隅町内の漁業者を守る立場の地元の議員さんが、なぜに?種子島の住民の心配をするの?種子島漁船の問題は鹿児島県や種子島の首長さん達が検討しなければならない最重要案件に該当するのではないの???いやはやもはやなんとも(>_<)  (メ・ん・)?  (メ・ん・)? 


 【日高】今後も行政機関と連携し前向きに実現に向け努力していただきたい。佐多岬再開発が完成すると無料化の効果もあり、相当な入込客も期待できる。佐多岬が遠いという声は、行きも帰りも同じルートになるというイメージからと感じる。どのような形であれ船が入る状況となれば違ってくると考えるので、今後も前向きに取り組みをされるよう希望する。

 この議会質問の中で・・・いやに気になる点が以下の点です。

 【日高】魚介類に関して、種子島漁船は鹿児島市まで直接卸していた方が油の高騰により大泊漁港に着けて大隅半島業者と取引を行っている現状もある。

 地域公共交通会議に関する国土交通省の考え方!

 国土交通省・コミュニティバスのガイドライン

 ここでかわごろもから森田町長に質問です。

 1、コミュニティバスの運航に関し、条例や使用規則は制定されていないのですか?

 2、コミュニティバスの運航に関する条例や使用規則が制定されていた場合、混載に関する条例や使用規則変更はされたのですか?

 3、1と2が存在するのであれば、コミュニティバスの混載に関する条例や使用規則変更はいつの議会で決議されたのですか?

 4、漁業と言う特定の業種だけ、コミュニティバスの混載を許す方法は町民間で公平を欠く行為に該当しませんか?もし?公平を欠かないのであれば、今後はコミュニティバスを利用し、無料で郵便配達・無料で弁当の配達・鹿屋の高校に通う生徒達を無料で送迎・農産物を鹿屋の市場まで無料で運搬。こんなふうにとりあげていけばキリがないほど町民の要望はワンサカ出てきますけど・・・町民全員の要望を聞く事ができるのですか?

 5、まさか?種子島産の魚介類が紛れ込んで運搬されている可能性はないでしょうけど・・・魚介類を南大隅町外まで運ぶ行為はコミュニティバスとして道路運送法の区域許可を飛び越えた運搬に該当し、違法ではないのですか?

 町長さん!かわごろもの様々な疑問に誠実な回答をお願いいたします。


 ある町を舞台にした映画制作について笑い転げました・・・何が可笑しかったかと言えば・・・

 映画製作者側も、ある町から1億円もの制作料を出してもらうので、ここで忖度?が働いたのか?映画のワンシーンで町長の苗字ではなく・・・名前のケ所が・・・ふっふふ!デマシターあの方の名前になっているそうですよ。( ^ω^)・・・ナ~~~ンカ!おかしいな~~~次は委任状にサインする銅像でも造るのかな~~~ヽ(´∀`)ノ(^∇^)(´∀`*)♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪+.(*'v`*)+((^∀^*))

みんなの議会第51号を拝見した感想その2!副題・・・1億円もの大金を支出するのに、映画の著作権の帰属先は南大隅町ではないのでしょうか?

  タウンプロモーション事業に賛成している議員さん方を・・・よ~~~く拝見すれば・・・

 木佐貫徳和議員・持留秋男議員・日高孝壽議員・川原拓郎議員と旧佐多町出身の議員さん方は全員 タウンプロモーション事業に賛成されています。

 確か旧佐多町時代は・・・いま施設が使われてなかったり・・・シロアリがきたりしている、大型体育館や大型文化劇場等の公共工事もさることながら・・・納豆製造・ワサビ生産・シメジ生産と、なんでもかんでも果敢に挑戦&積極的に飛びつき&そして実施されたあげくの果ては・・・結果を残そうと無理して急ぎ過ぎた事業実施の結果なのか?旧佐多町財政が逼迫し、合併してくれる町さえなかったほど町の財政はボロボロになっていたはず・・・
 はずなのに・・・あれから10年・・・喉元過ぎればなんとやら・・・旧佐多町出身の議員さん方は、タウンプロモーション事業のメリット・デメリットを、本当?に充分研究&検討したその結果!1億82万円もの金額支出に賛成したのでしょうか?


 なぜ?かと言えば・・・10年以上前から・・・日本全国の各自治体が地域のプロモーションを期待し、映画製作等に支援金を支払い、そして映画製作を支援・ロケ地の誘致を行っていたのが実態であり実情だからです。

 確かにロケ地誘致をする事によって一部自治体の成功事例はホンの少しありますが・・・しかしそれはあくまでも10年以上前に実施した一部自治体に限られており、タウンプロモーション事業を実施した多くの自治体が、その効果を享受できていないのが実情であり実態なのを木佐貫議員さんは、ご存じなのでしょうか?

 それでは・・・なぜ?その効果を多くの自治体が享受できていないのでしょうか?

 様々な要因があろうかと思いますが・・・南大隅町の場合、映画を観光に結ぶつけると考えれば・・・まず著作権等の権利関係が壁になる問題ではないでしょうか?

 まさか?1億円もの大金を支払うのに著作権について、無料使用覚書や無料使用締結書等や無料使用許諾書を結ばないまま・・・ポ~~~ンと1億円もの大金を支払ったのでしょうか?


 町民の税金をポ~~~ンと1億円!祇園の旦那衆じゃあるまいし・・・

 勿論、ボランテイアで出演される町民のエキストラの方々も映像になってしまえば・・・それはもう立派な著作権の対象物となります。

 熊本県のクマモンの場合、著作権を放棄した状態で広くクマモンを使えるにしました。

 木佐貫議員さんが原案賛成の立場で、御崎祭り・佐多岬・雄川の滝・農業、漁業の一次産業・自転車競技を題材とした映画を製作し・・・と発言されていますが・・・これらが一旦、映像になった場合、いくら故郷南大隅・いくら映画の支援金を支払ったとしても・・・映像となった物を勝手に切り貼りし使う事は出来ません。
 それでは・・・どのケ所を自由に使わせてもらえるのか?木佐貫議員さんは映画制作に賛成する前、このような問題点について調査されたのでしょうか?議員なんですから・・・討論で00000思います!00000思います!00000思います!と他人事みたいな事を言わず、もっと真面目に大事な点について具体的な賛成発言をすべきではなかったでしょうか?

 充分確認もとらず・・・イケイケドンドン感覚で賛成されたのであれば・・・これはもう!議員として無責任極まりません。
 (;゜0゜)オ~~~マイゴット!

 ↓下記は木佐貫議員に関する発言集です。↓↓クリックしてください。↓

 木佐貫議員賛成の立場から発言その1

 木佐貫議員賛成の立場から発言その2

 木佐貫議員賛成の立場から発言その3

 修正案を出された議員さん達は・・・映画制作に1億82万円も貧乏な南大隅町から支出せずとも・・・せめてプロモーションビデオの制作止まりにすべきではないのか?と修正案を提出しています。
 修正案を提出された議員さん方は、旧根占町出身の松元勇治議員・津崎淳子議員・大坪満寿子議員・水谷俊一議員の4名だけでした。

 と言うより・・・5千万円の予算を2度に渡って採決するやり方はペテン的であると強く感じます。
 私は5千万円くらいのプロモーションビデオ制作であれば・・・それはそれでしょうがないのかな~~~と考えていたのですが・・・

 1回の議会で5千万円・・・そして次の議会で5千万円と言う・・・姑息なやり方には憤りを感じます。

 このような姑息手段を含め、木佐貫議員さんは・・・何も疑念も疑問も持たず、賛成されたのでしょうか?

 南大隅町民として、とても残念です。

 この考え方の差は一体どこから来るのでしょうか?

柳の下にドジョウが二匹どころではなく・・・日本全国に何百匹もウヨウヨ!グジャグジャ!な~~~んの事はない!どこにでもいるタウンプロモーション事業!

下記Googleでタウンプロモーション事業を検索しましたら・・・出てくるわ!出てくるわ!出てくるわ!出てくるわ!

 いかに南大隅町のタウンプロモーション事業が二番煎じ・・・三番煎じ・・・いや!これだけ日本全国で映画!映画!映画!映画!と騒いだあとの南大隅町のタウンプロモーション事業・・・番茶も顔負けの水臭さだけが残ります。

 ここで南大隅町民から木佐貫議員さんに反問権を行使します。⇒(゚△゚;ノ)ノ一体こんなに日本全国で映画!映画!映画!映画!が制作されている時代!どこの映画館が?上映してくれると思っているのですか?
 ((((;゚Д゚)))))))エ~~~ッ無い!ワォ~~~ッ!


 ↓下記クリック↓

 Google:タウンプロモーション事業その1

 Google:タウンプロモーション事業その2

 Google:タウンプロモーション事業その3

 Googleタウンプロモーション事業その4

 Googleタウンプロモーション事業その5


  同じみんなの議会では、生活道路(避難道路・緊急道路)の整備を早急にすべきとの立場から大坪議員が一般質問されているのがピカリとヒカリます。

 執行部側で賛成意見を述べるのに比較すれば・・・執行部提案と言うカネも権力も握っている者にたいし・・・大きな流れに抗い、反対意見を述べる事は、相当の知識と度胸が必要です。

 ですので・・・タウンプロモーション事業に修正案を提出された議員さん方(松元勇治議員・津崎淳子議員・大坪満寿子議員・水谷俊一議員)は知識・度胸を兼ね備えた素晴らしいプロ議員の方々であると心から称賛します。 

 次回は一般質問と反問権と議会のネット中継と基金残高のカラクリについて書いてみたいと考えています。

みんなの議会第51号を拝見した感想その1!・・・新庁舎建設は建物の欠陥?をいとも簡単にズラズラ羅列しただけだったのに・・・それに比べれば・・・町民の命と生活を守る!生活道路(緊急道路・避難道路)の整備なんて屁の木っ端ほどの予算も必要ないはずなのに・・・5千万円のグランドゴルフ場建設!そして1億円超の映画製作に賛成した議員さん方は町民の命と観光とどちらが大事なのでしょうか?

 みんなの議会第51号が手元に届いたのが平成30年3月2日でした。

 まず・・・みんなの議会をパラパラとみていくうち・・・あれれっ!((((;゚Д゚)))))))映画制作に必要なペテン的?金額?w(゚o゚)wカラクリ?w( ̄o ̄)w映画製作等話題満載の議会便りであることに気づかされました。

 いつもの事ながら・・・木佐貫議員さんは執行部側?を代表し?映画製作に関する原案賛成の立場から意見を述べています。

 この方は執行部提案に対し・・・毎回執行部に寄り添う形で原案賛成の意見を述べている方です。

 マコテ!ゲンネナカドカイ?

 議員は執行部の暴走を監視するのが役目のはずなのに・・・コイジャ~~~アンマイ!南大隅町の為にはヨカコッジャ!ナカド~~~ネ~~~

 ハイ!賛成!ハイ!賛成!ハイ!賛成!ハイ!賛成!コイジャ~~~議員はイランネ~~~

 木佐貫議員さんの目線は執行部目線なのかな?町民目線なのかな?一体どこみて議論しているのでしょうか?

 まったく~~~ぅ!なにをかいわんやです。Σ(゚д゚|||)ふぅ~~~~( ´Д`)=3 フゥ

 さてさて!みんなの議会第51号感想その1は?

 P11の大坪議員の川北山手線及び古殿花ノ木線の道路改良の質問から・・・

 町長答弁・・・危険個所を調査し、安全な道路環境を確保できるよう部分的な補修や維持に努める。

 建設課長答弁・・・用地の問題や地形的な問題等もあるので、十分な時間をいただいて検討してまいります。

 【そういえば・・・便利な議会用語として・・・検討するは・・・実現可能性は非常に低い答弁との事!せめてこの検討するの言葉の前に、「前向きに」の言葉が入れば・・・実現可能性は90%以上になるそうなのですが・・・】
 ガクッ!(;゜0゜)


 充分時間をかけ生活道路(緊急道路・避難道路)を整備すると言う!なんとも新庁舎建設でエネルギーを使い果たしたのか?いやはやなんともノンキな建設課長の答弁です。

 生活道路は地震津波の時、緊急道路・避難道路として多大な利用が見込まれます。

 このように命に直結する問題を・・・マァ!ヌケヌケとシャ~~~シャ~~~と!十分時間をいただいてとの答弁!新庁舎建設問題では・・・あ~~~でもない!こ~~~でもない!と現庁舎の欠点でもない欠点?を羅列指摘し、新庁舎建設をいとも簡単に決定した・・・同じ課のトップが言っているとは、とても思えません。

 いや?もしかしたら?もしかしたら?新庁舎建設と言う多額の予算を組み!そして・・・数字のトリック?カラクリ?である・・・積立基金残高を、またまた増やそうとしているのかな~~~この件は今後、ジ~~~ッと予算!決算!・・・そして積立金残高の推移をみていかないことには・・・

 ↓下々の町民としてこの答弁内容は少し可笑しいと思うのですが・・・下記クリック↓ 

 なにがなんでも新庁舎建設その1

 なにがなんでも新庁舎建設その2

 なにがなんでも新庁舎建設その3

 なにがなんでも新庁舎建設その4

 町民の皆さま!広報みなみおおすみ2016年10月号をご覧ください。いかにも!もっともらしく!現庁舎の欠点の羅列がされているのです。

 ①正面玄関前側に駐車スペースがなく利便性に欠けている。

 ②敷地内の下段に庁舎及び地下室があるため、災害時にリスクがある。

 ③非常用の発電機室が地下にあるため、津波等災害時に浸水の危険性や機能が発揮出来ない可能性がある。

 ④書庫が地下にあるため、津波等災害時に浸水の恐れがあり、書類等の保存に不安がある。

 ⑤雨水処理用タンクが地下にあるため、満水時はポンプアップが必要となっている。

 ⑥建物中央の階段を境にして、フロアーに段差が有りバリアフリーではないため動線に支障がある。

 たったこれだけの欠点でもって、おまけに耐震化するのでもなく、多額の借金を背負ってでも、いとも簡単に多数決で新庁舎建設GOサインを出したのです。

 ↓町民の皆さまは喜界カルデラ&ドームの存在をご存じですか?下記クリック↓

 喜界カルデラ大噴火に伴う地震・津波対策と新庁舎建設場所

 広報南大隅平成30年1月号P5をご覧ください。

 大隅縦貫道整備促進決起大会開催~早期全線開通を目指して~とする題で記事が書かれています。

 同じ町の広報紙?かととまどうような文言も・・・

 この中には、農業や観光、救急搬送などの観点から早期整備を訴えた事の文字が見えます。
 
 そして・・・垂れ幕をよ~~~く拝見すれば・・・

 命をまもる、大隅縦貫道の文字も見えます。 

 チョッ待て!新庁舎建設や大隅縦貫道のような大型予算だけに執行部は目を奪われていませんか?

 大坪議員は、新人議員ながら町民の命と暮らしを守る立場から至極真っ当な意見を述べていられます。
 👏パチパチ  👏パチパチ 👏パチパチ  👏パチパチ 👏パチパチ  👏パチパチ

 本日記としても・・・今後この川北山手線及び古殿花ノ木線の道路改良整備が完了するまで・・・気長にコツコツとジックリ!のんびり、その他の施設建設と比較しながら書いていきたいと考えています。
 (`o´)o(`ω´ )o(♯`∧´)(*`へ´*)ヽ(`ω´*)ノ彡☆ヽ(#`_つ´)ノo(o・`з・´o)ノ(*`^´)=3(`・ω・´)

 次回はみんなの議会第51号の中の1憶円の映画製作費に賛成した議員名と、その事についての感想をその2として書きます。
 
プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR