高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムと南大隅町

 昨年12月17日東京都江東区で開催された高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムの模様が本日(平成23年1月30日)付の朝刊に掲載された。

 これまで南大隅町日記に記載していたキーワードのオンパレードに、思わず笑ってしまった。そのキーワードは、(1)限界集落(2)福祉施設の立地(3)自分達は町のためにいいことをしているんだと言う主張・・・マァなんと上(主催者)から下(南大隅町の核誘致論者)までオウム返しのごとく同じ主張、同じ論法・・・・金太郎アメみたい・・・(影の声・・・立派な発言をされるパネリストの方々に一言、言いたい。・・・・パネリストの皆さんは、まず自分の生まれ育った町に出かけ、高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムで発言した内容を、ふるさとの人々に話をし、自分のふるさとに高レベル放射性廃棄物処分場を誘致するため頑張りたいと、旗をふっていただきたい。その覚悟があっての発言だろうか??)

 まずパネリストとして責任ある発言をするのであれば、当然パネリストそれぞれのふるさとで高レベル放射性廃棄物処分場誘致を訴えるべきでは???そのことが本当の意味で責任ある発言である。(影の声・・都会育ちで田舎がないの!といわれる方は、父の出身地・祖父の出身地・母の出身地・祖母の出身地を、まず説得されることをお勧めする。)

南大隅町の議会関係者は2月25日鹿児島市で開催される高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムに何人ぐらい出席するのかな~・・・役場関係者は何人ぐらい出席するのかな~・・・高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムから帰ってきたら、限界集落解消のため核誘致したいとか、南大隅町財政再建のため核誘致したいとか、超高齢化自治体の南大隅町に福祉施設の建設をするため核誘致したいと言うのかな~

 そういえば、昔々やくざ映画真っ盛りの頃、映画館から出てきた若者は皆肩をいからして歩いていたっけ・・・あの現象と同じ現象が・・・例えば、かねて無口なあの議員も、飲むと饒舌なあの議員も、南大隅町に福祉施設を建設するため、核誘致を是非したいと鼻を膨らませながら言うのかな~

 こんな軽い内容の高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムであれば、仕事をほっぽってまで、別に鹿児島市まで聞きに行くほどの価値はないな~と筆者は判断した。

 その一方、高レベル放射性廃棄物処分場を受け入れないと言う市町村の条例化に対し、高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムにおけるパネリスト発言は国民を愚弄しているのでは?と勘違いするほどの内容が・・・その発言内容とは?

 高レベル放射性廃棄物処分場を受け入れないと言うことを条例化した市町村に対し、政治に無関心であることと関係ない話ではないと言い切っている。

 冗談じゃない!政治に関心があるからこそ、反対しているんだ。日本の原発企業が東南アジアに原発を輸出する見返りに東南アジア諸国から、高レベル放射性廃棄物は日本側で引き取ってくれ!と言う条件の話があることは、新聞の政治・経済欄に掲載されている非常に深刻な問題だ。

 被爆国日本をさらにさらに核の墓場にするつもりか?

 日本国中の高レベル放射性廃棄物処分問題も解決していない中、外国の高レベル放射性廃棄物処分まで日本に押し付けられることとなると、国内政治だけの問題ではなく、国際政治問題に発展する可能性もあるのでは????

 高レベル放射性廃棄物処分場の風評被害で、農産物の価格が下がるようなことがあれば、その地域の米は適正価格で国が買い取り続ける方法もあるとパネリストの方が言っているが、放射能汚染による健康被害や身分制度の時代に逆戻りするかもしれない健康被害による差別に対しては、一切触れていない。(影の声・・・そりゃ~~ツゴン ワリコチャ ユモンカ・・・ジャッネ!ジャッネ!ジャッネ!)

 HIVしかり、B型肝炎しかり、水俣病しかり、イタイイタイ病しかり・・・・これらの公害に対し、国も企業も因果関係がない!と言って被害患者を何年も何十年も苦しめたことを忘れたのか?

 今後、高レベル放射性廃棄物処分場の町で発生した甲状腺ガンをはじめとする種々のガンや奇形児出産や流産等に関し、まったく因果関係は問わず、健康被害は全部国の責任で補償すると言う約束ができるのか?病院代や仕事ができなくなったことに対する生活補償を子々孫々まで補償すると言う覚悟があるのか?他地域から差別を受け、結婚できない問題が発生した場合、子々孫々まで補償すると言う約束ができるのか?等・・・・もちろん立地協定書にきっちり明記し、重要書類として残す覚悟があるのか?

 故郷を愛する者はカネでは無いと言うことが為政者はわかっていない!一部の人は、カネで解決できるのであれば、故郷を高レベル放射性廃棄物処分場に売っても良いと考えている人もいるのは確かにいるだろうが・・・

 しかし正面からそんな本音は言えないので、南大隅町発展のためにも・・・・限界集落をなくすためにも・・・高齢者の町、充実した福祉施設を建設するためにも・・・お国のためにも・・・と言うような美辞麗句の枕詞を並べ、誘致に奔走している方々も実際にはいるだろう。

 以上のような方々は、高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムだけを利用し知識を得るのではなく、いわゆる官製の知識だけでなく、自分の力で書籍でも購入し、勉強しているのか非常に疑問????

 しかし立派なカラー広告・・・この1紙だけで、すくなくとも500万円~2000万円はかかっているのでは???こんなにお金があるんだったら、伊達直人になって、困っている人を助けてほしいな~~~立派?なことを発言している方々もボランティアとして出席しているのではなく、パネリストとしてお金もらったのかな~~~

 南大隅町をはじめとする鹿児島県農業は、雪害・桜島や新燃岳の火山灰・鳥インフルエンザ等で正月明けからダブルパンチ・トリプルパンチだ。本当に??地方を心配していただくのであれば、このような広告費を雪害・桜島や新燃岳の火山灰・鳥インフルエンザ等で困っている農家に寄付してほしい。

 寄付すること自体、法律の改正をしないことにはなかなか難しいと言う屁理屈が存在するのであれば、それでは、雪害や霜害にあったキヌサヤエンドウを、雪害や霜害にあっていない農産物と同じ価格で買い取り、福祉施設の子供達に食べさせていただきたい。(影の声・・・雪害や霜害にあったキヌサヤエンドウは湯がきさえすれば、雪害や霜害にあったことさえ、わからないぐらいになり、味も最高!)

 福祉に力をいれたいと言う旨の意見を、立派な肩書きをお待ちのパネリストの皆さん方が述べているのだから、まず、農家の福祉&福祉施設に対する福祉、これこそ一挙両得では?・・・ん~なかなか日本も捨てたもんじゃないぞ!

 景気の悪い時代、消費税を上げなければならないぐらい国が逼迫している時、なぜ?このような広告費が事業仕分けの対象にならなかったのかな~~~

 就職氷河期で就職先がない大学生の方々に、このようなお金を生かすことはできなかったのかな~~~


 
スポンサーサイト

南大隅町と串間市の接点??

 昨年12月1日に報道された内容によれば、串間市の野辺修光市長が原子力発電所の立地の是非を問う住民投票を4月10日に予定されている宮崎県議会議員選挙に合わせ実施するそうだ。

 その一方、南大隅町でも同じ月の12月議会に高レベル核廃棄物処分場誘致の陳情と核中間貯蔵施設の誘致の陳情が提出され、その後、議会関係者より、南大隅町においても賛否を問う住民投票を実施したいと言う話があったことは、以前、南大隅町日記にも書いたとおりなのだが・・・・・・・

 筆者はこの二つの似通った動きに何らかのつながりがあるのでは?と思い胸騒ぎが・・・・・・・
 
 なにか?腑に落ちない!・・・・まるで串間市と南大隅町が連動して動いているような・・・・もしかしたら、串間市の原発立地推進論者の関係者が南大隅町に居住しているのでは???

 もしかしたら?その居住者と南大隅町議会の関係者??に近い方が?昵懇のなかではないのだろうか??刎頚の友???とにかく一連の動きがおかしい!

放射性廃棄物キャラバン

 本日(平成23年1月24日)付、新聞報道によれば、放射性廃棄物処分について説明と対話が必要だとして、負の部分も含め国民に説明し理解を得ることで、キャラバン隊が東京を皮切りに全国六ケ所で放射性廃棄物処分について説明を行うことが報道された。

 全国六ケ所といえば六大都市(東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸)での説明となるのが普通であるのに・・・なぜか?全国六ケ所の放射性廃棄物処分についての説明会が、鹿児島県で開催されるそうだ。

 穿った見方をすれば、東京はダミーで、キャラバン隊があとの五ケ所行く場所!すなわち、放射性廃棄物処分についての説明会場の県が、いずれも誘致場所の本命地では??なんとか、この五ケ所の地域に絞り、あわよくば、それぞれの地域の議会から賛成を得たい!と言うのがキャラバン隊の本音では?

 筆者が思う素朴な疑問として、現在稼動中の原発地区内に放射性廃棄物処分場を建設すれば、そんなに問題は発生しないだろうに・・・・なぜ?かと言えば、原発稼動中の地区は、それなりに核に対する理解、放射性廃棄物に対する理解があるはずだし、警備上も問題がない。また原発が建設されたほどだから地質的にも問題がないはずだし、原発が立地地区内限定で稼動しているのに、なぜ?わざわざ日本全国に核の問題ケ所を増やさなければならないのか?なぜ?トラブル箇所を増やさなければならないのか?なぜ?なぜ?なぜ?なぜ?なぜ?・・・・

 さてさて、ここにいたっては、各地域の民度の低さ!高さ!が全国より注目されるだろうな~~~今後、国から誘致を求められた際、わが南大隅町執行部がどのような発言をするのか?そして議会側の対応は?民度が試されるだろうな~~~

 まさか時代の流れとして受け止め、放射性廃棄物処分を受け入れたい!と言う、一見大人を装った発言はないだろうな~~

 まさか苦渋の決断をして、放射性廃棄物処分を受け入れざるを得なくなった!と言う、一見大人を装った発言はないだろうな~~

 まさか人口減の中、南大隅町を建て直すには、放射性廃棄物処分を受け入れざるを得ない!と言う、一見大人を装った発言はないだろうな~~

 まさか?・・・まさか?・・・まさか?・・・まさか?・・・

 

続:南大隅町とねじめサミット

 雲仙市は普賢岳の噴火災害などがあったものの、知恵とプラス思考で雲仙市で生産される農産物を雲仙ブランドとして見事に特産化しています。例えば、雲仙のジャガイモでジャガイモキャラメル等のスィーツをつくりお土産用として販売・・・味噌にしても吾妻天塩麦味噌・吾妻麦味噌・吾妻米味噌・吾妻合わせ味噌・吾妻納豆味噌・吾妻鉄火味噌など種類も豊富で雲仙市のブランド商品として販売中・・・・もちろんお茶やブリや米もブランド化し、全国に販売中です。

 ところで南大隅町で生産された農産物で、値段の安い規格外商品をブランド化できないものでしょうか?なんとか、ブランド化にこぎつけたにしても販売が・・・・それにはネジメサミットを復活させなければ、何も意味がありません。

 マイナス思考論者達に核誘致で振り回されるより、知恵とプラス思考が一体となりさえすれば、職場は農家と言う職業が新たに生み出されるだろうし、子供達も地元に農業と言う仕事があり、そして住みやすい南大隅町が出来上がる。

 昨年12月には伊藤鹿児島県知事が、今後大隅地域において、農産物加工の試験研究体制を充実させたいと言う発言が報道されました。この県の計画に南大隅町も南大隅町商工会も農協も積極的に乗り、南大隅町ブランド化商品の開発を優先し、子供達が安心して地元に残れる農家の育成を図るべきだ。

 南大隅議会は、六ヶ所村へ核の勉強に行くより、まず雲仙市に雲仙ブランドの件で研修に行かれたほうがよっぽどよいと思う。あの雲仙普賢岳の災害を乗り越えて力強く生きる雲仙の農家の方々の話も、南大隅町の住民に対し力強いアドバイスになるはず。

 子供達が南大隅町に居つかない理由として、親が農業は難儀するから農業はするな!と小さい子供のうちから教育している結果であったり、子供が親を嫌いで、親の近くに住みたくなかったりするのも地元に居つかない原因のひとつではないだろうか?

 マイナス論者は南大隅町を本当に愛しているのかな~~~~??もしかしたら??マイナス思考の親に育てられた子供は自然と故郷に愛着がなくなるのかな~~~

 地元に仕事がないから、いやいやながら県外に就職すると言う話を聞きます。ところが都会では片道1時間から2時間通勤時間が必要であることを考えれば、南大隅町から通勤可能距離として霧島市も射程距離内であり、志布志市も通勤可能な射程距離内であるにも関わらず、地元に仕事が無い!ない!ナイ!となぜ?マイナス思考ばかりが働くのだろうか?親が自分の子供に対しマイナス思考だけを働かせる教育をしているのが原因なのか?

 筆者は、町おこしの原点である、ねじめサミットの早急な復活を、とにもかくにも強く望む。

昨日、国政調査の速報値が報道された。原発3号機増設へ弾みがついているはずの川内市の人口の増減を見てビックリ、なんと5年前より2812人も人口が減少しているではないか。噂通り、原発建設から原発完成時までの間、一時的には人口の増加があるものの建設が終了してしまうと、人口減になると言う実体が国政調査の結果で充分わかりました。

南大隅町と異業種交流ねじめサミット

今朝(1月21日)北海道の陸別町の町おこしイベント、しばれフェスティバルの紹介があった。マイナス30度の極寒の中での開催だと言う。人口わずか2782人、そのうち65歳以上が982人、陸別町のあちこちで限界集落が発生していることが窺われる、なんせマイナス30度でのフェスティバル開催・・・・

 一方わが愛する南大隅町はどうだろうか?マイナス思考論者によって、やれ人口減だ!やれ限界集落だ!やれ町がすたれていくと危機感だけをあおり、そのどさくさの延長線上に、放射性廃棄物中間貯蔵施設の誘致で町おこしをと町民を眼眩ましにしている気配が感じられる。

 年間平均気温19度のこの豊な環境の南大隅町において・・・・わざわざ町民をマイナス思考に追いやっている気がする。伝統の教育の町で民度の高い町民は、やすやすと騙されるな!・・・・

 南大隅町は陸別町に比較すると温暖で県庁所在地まで、わずか車で2時間の場所・・・・一方、陸別町は北海道庁の所在地である札幌まで約300kmの距離がある。
 
 鹿児島県で比較すれば、鹿児島市内から福岡までの距離に匹敵する。ところで、2782人の町民は泣き言も言わず環境を逆手にとり、極寒の地でしばれフェスティバル開催と元気に過ごされています。是非、マイナス思考論者の方々は六ケ所村に行くより、陸別町のしばれフェスティバルに行くことをお勧めしたい。(影の声・・・南大隅町の環境の良さがわからないのであれば、しばれフェスティバルに行って思い切りビンタを冷やしてこい!)

 ところで、南大隅町の町おこしの中に、佐多岬マラソン・ドラゴンボート大会・花火大会に並んで、ねじめサミットがあった。

 けどなぜか?最近開催されていない!純農村地帯における異業種交流(ねじめサミット)は、都会へ南大隅町特産の農産物を販売できるチャンスを大いに含んだイベントであったはず。なぜ?あのような素敵なイベントが無くなったのか筆者は知りたい。

 農家を潰すかもしれない放射性廃棄物中間貯蔵施設の誘致に力をいれるより、ねじめサミットは大方の農家に福音をもたらすイベントであったはず・・・・南大隅町や南大隅町商工会は、ねじめサミットを復活させるべく、もっと真剣に努力すべきだ!

 マイナス思考は現実逃避の考え方であることを知るべきだし、子供の教育にもマイナス思考教育は悪い影響を与えることをマイナス論者は知るべきだ。筆者は心の奥底より、町おこしの一翼を担う、ねじめサミットの早急な復活を強く望む。

 
プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR