核関連施設を誘致させない条例制定に反対する勢力の陳情書解析その1

 南大隅町議会が南おおすみの自然を守る会側が提出していた核関連施設立地拒否の条例制定を要望する請願書を賛成多数で採択していただいたことは、今でも大変感謝しています。本当に有難いことだと思います。

 ところで陳情者様から垣間見える核関連を持ち込ませない条例に反対する方々の考え方や今後の動きを少し予想してみました。

 陳情者様が陳情書提出の要旨として訴えられた言葉とは?

 是非、原子力の専門家や環境省を招聘し、議員・役場職員・町民一丸となって学び、公開討論等を開催し進めてほしいとの要旨に対し反論します。

 陳情者様が発言されている原子力の専門家を招聘し・・・・云々

 専門家の勉強会については、町民には黙って・・・こそっと2007年・原子力発電環境整備機構を南大隅町に招き南大隅町議会として勉強していたことを、陳情者様は、もう忘れられたのですか?

 あの勉強会があったからこそ・・・・砂糖に群がるアリみたいに・・・取らぬ狸の皮算用のごとく特定の利権集団が形成され誘致運動が始まったのではないのですか??

 そして、夢はだんだん膨らみ・・・高レベル核廃棄物最終処分場を誘致できた暁には、お前(00さん)を南大隅町の高レベルの窓口事務局長にするからと言う夢物語まであったとか・・・

 最も進んだ情報の時代・・・

 陳情者様に於いては、少しどころではなく、相当情報が不足しているように私は感じますけど・・・

 安全だ~~安全だ~~と叫びながら、原子力の専門家と学者と国と三位一体の原子力ムラの面々が進めた原子力政策の破綻が不幸な福島原発事故だったと、まだ総括されていられないのでしょうか?

 今までも、各電力会社は原発内の事故を隠ししていたことが山ほどあるのに・・・

 国民に隠さなければならない事実とは?

 3.11翌日の2011年3月12日の正午のNHKニュースで、アナウンサーが福島第一原発事故関連のニュースを読み上げている最中、今の原稿、使っちゃいけないんだって」というアナウンサー以外の人の声が入り、その後、アナウンサーは本来、繰り返すべきニュースのアナウンスを取りやめました。

 ニュースをよ~~く聞いてください。重大な問題が含まれているからこそ、隠さなければならないのでは?
   
 以下がそのNHKの音声です。

NHKニュース

 まだ世界中どこの国でも高レベル核廃棄物最終処分場が可動している国はありません。

 陳情者様は原子力に関する専門の学者を呼んで、まだ経験したこともない高レベル核廃棄物最終処分場の安全性が100%安全だと証明することができると本気で考えていられるのでしょうか?

 陳情者様の心に少しでも寄り添うことが出来ればと言う思いから・・・高レベル放射性廃棄物地層処分誘致論者の立場の方々の文献だけを引用し、安全性があるのか?を検証してみたいと思います。

 社団法人 土木学会が平成2年1月に土木技術者のための高レベル放射性廃棄物地層処分の現状と技術的課題として出版しています。

 もちろん、この本の執筆陣は東大の教授・電力会社関係者・日本原燃関係者・通産省関係者・ゼネコン関係で占められています。いわゆる原子力ムラの面々の方々の執筆です。

 まさに陳情者様の言われる高レベル放射性廃棄物地層処分誘致専門家集団

 この本の中に・・・ 中略・・・放射性レベルが減衰するまでに、種々変化することが予想されるため・・・中略

 かわごろも・・・予想されるため?・・・予想の段階で高レベル放射性廃棄物地層処分してもらった場合、国民の安全はどうするんだ!まだ予想の段階で100%の安全宣言が確定していないことを陳情者様もご理解していただけたでしょうか?

 ガラス固化体のことも記載がありますが、現在でも六ケ所村でガラス固化体技術が確立していないことも、陳情者様はご存知なのかしら??

 技術の現状としての項には・・・中略・・・すなわち、設計は地質条件などを十分考慮して行なわれるが、実際の空洞周辺岩盤挙動は複雑であり、また予期せぬ破砕帯等に遭遇したりすることがある。・・・中略・・・

 このことを裏付ける形で、地質学者であり、原子燃料公社や動力炉・核燃料開発事業団に勤務経験のある土居和巳先生・1993年の著書・・・そこが知りたい放射性廃棄物の中に以下の記述が・・・

 P105・・・中略・・・放射性廃棄物の隔離、特に高レベル放射性廃棄物の処分は隔離期間が数万年にも及ぶものであり、この間における安全性を担保するためには広範、かつ大量の研究・開発を必要とします。科学技術の現状からみると、この研究・開発に要する時間は50年をゆうに超すとみられます。

 陳情者様が指摘されている高レベル放射性廃棄物処分場誘致賛成派の学者様でさえ、科学技術の現状からみると、この研究・開発に要する時間は50年をゆうに超すとの指摘があります。

 1993年からプラス50年と言えば、2043年・・・まだまだ高レベル放射性廃棄物の処分について安全性が完全に確立していないことも陳情者様は御理解されているのでしょうか?

 ところで・・・陳情者様のご指摘に少し矛盾点が?

 陳情者様は言います。大事な自然・環境です。結論を急がず、感情論で突き進む姿勢は私は絶対反対します。

 ところで、この投稿も感情論で、分かった素振りではありますが・・・典型的な御為倒し(おためごかし)だと思います。

> 産廃処理施設に賛成ではありません。
> しかし、反対・反対と言ってばかりでは話しは進まないのではないでしょうか?
> 南大隅町だけの問題ではなく、汚染土の処理の仕方・原発の問題、国民全員が真剣に考える時ではないでしょうか。
> 町長・推進派と毎回、目にしますが、、、
> 少なからず、自分達で選んだ人ですよね?他の事では活躍されてますよね?
> >知事選の時もそうでしたが、、、
> トップになるとは、産廃や原発一つの問題だけに取り組む訳ではないですよね。
> 反対する気持ち・不安、本当に分かりますが、ブログで騒ぐのではなく、、、もう少し大人の対応で立ち向かって欲しいと思います。
>


 そして、歴史は語るです。自然破壊・環境破壊の元凶は開発だったからです。

 再び感情論についてです。2年ほど前まであった南大隅町の掲示板

 なぜ?南大隅町の掲示板は閉鎖されたのでしょうか?

 どこかの国の独裁者の言論弾圧と同じ手口?

 なぜ?高レベル核廃棄物最終処分場誘致に反対する意見を掲示板上で展開し、実名投稿していた方の掲示板を閉鎖しなければならなかったのでしょうか?

 私は、おごり・たかぶり・感情論が町政を裏で操る独裁者の方の頭のスミにあったからこそ閉鎖に至ったのでは?ないかと考えています。

 南大隅町の掲示板に実名で高レベル放射性廃棄物処分場の誘致について、ある方が反対の意見を述べたところ・・・

 陳情者様も充分にご存知の3名の方々です。・・・しかもこの3名(建設会社社長・役場職員含む)の方々は卑怯にも匿名で、感情的に特定の方を南大隅町の掲示板で攻撃した事件であることもご存知のことと思います。

 もし、剣道や柔道を経験されている方が、掲示板に、しかも匿名で感情的になったうえ、実名者を攻撃していた場合、武士道に最も劣る卑劣な行為であると認識すべきです。

 南大隅町の掲示板のコピーを見せていただきました。匿名攻撃者の方々の文章には、一片の品位のカケラもありませんでした。

 意見を述べるのであれぱ、一方は実名投稿しているのですから、男だったら正々堂々と実名でキチンと反論すべきだったのではないでしょうか??

南大隅町掲示板

 だからこそ、私は感情に流されず、陳情者様の発言に対し、事実だけに基づいて、今後も反論させていただきます。

 もちろん陳情者様も、今までの経緯を踏まえながら諸々の反省にたち、感情論で突き進むのに反対されているものと信じますが・・・

 陳情者様が、自然と環境を本当に守りたいのであれば、もっともっと様々な文献に目を通し、高レベル放射性廃棄物の処分を誘致した場合の環境破壊についても勉強すべきではないかと思います。

 ある議員さん曰く・・・高レベル放射性廃棄物は、絶対南大隅町には持って来れないのだから、だから条例も必要でないとの意見に対し強く反論します。

 議員さんともあろう方が何ら裏付け証拠をつけての説明もなく、どうして絶対南大隅町に高レベル放射性廃棄物処分場を持って来れないのか?について、町民が納得できる証拠を示し、そして、わかりやすい説明をすべきでは??・・・抽象的な発言は素人でもできます。

 条例案ができた場合、その文言について一字一句精査が必要な予感が・・・

 核誘致論者の方々の発言をテレビ等で聴いたり、特別委員会等で、ある議員さんが中立の立場を装いながら微妙な核誘致の立場から発言するのを聴いていますと、あまりにも御為倒し(おためごかし)の発言が多すぎるように感じるのは、かわごろもだけなのでしょうか?

 南大隅町議会の核関連事項の内容がIWJでご覧いただけます。

南大隅町議会核関連請願採択

 今後、核関連施設立地拒否条例制定に関する特別委員会がいつ頃開催されるのか?まだまだ油断がなりませんので、引き続き議会を注視していきたいと思います。

 下記アドレスは、お医者様の書いた論文です。甲状腺嚢胞の発生比率の比較。長崎、チェルノブイリの子どもたちと福島の子どもたちの発生比率。呼吸機能障害についても詳細述べてあります。
 南大隅町の放射能関連施設誘致賛成論者は放射能関連施設を誘致した場合、放射能で自分たちの子供や孫達の命も危なくなると言うことをもっと勉強してほしいな!

 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

放射性廃棄物拒否条例の町一覧

 下記のブログは南大隅町の放射能関連施設問題について、詳しく書かれています。

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

南おおすみの自然を守る会HP

 南大隅町大浜沖海砂採取反対様のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/

 南大隅町地元辺塚の方の放射能関連産業誘致反対のブログ・・・怒っているぞ~~~

へつか屋しまこ農園様のブログ

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287   

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf

サンデー毎日平成23年12月18日号P30より

 ・・・中略・・・放射性銀の「銀110m」については、海洋汚染が懸念される。NHKの報道番組では、太平洋のアワビの内臓から1キロ当たり1850ベクレルの銀110mを検出したことが報告された。・・・中略・・・銀110mの半減期は約250日。ベーター崩壊後、「カドミウム110」に変わる。カドミウムは、イタイイタイ病の原因物質である。・・・中略・・・

 半減期が250日と言って安心できるどころか、悪名高い公害病!イタイイタイ病が発症する恐れも放射性銀にあるとは!!・・・日本人はいったい何を食べて生きていったら安心なのだろうか?

 様々な放射性物質が入り混じっている放射能関連施設を、万一南大隅町に誘致した場合、鹿児島県農業は壊滅することにならないかと心配する。

南大隅町議会に感謝!感謝!感謝!

 南大隅町議会は平成24年9月20日の日、南おおすみの自然を守る会側が議会に対し提出していた核関連施設立地拒否の条例制定を要望する請願を賛成多数で採択しました。

 本当に有難いことだと思います。請願採択にご賛同していただいた良識ある議員さん方に改めて感謝!感謝!


 まず請願書に気持ちよく、そして紹介議員として名前を連ねていただいた勇気ある下記議員の皆様方に感謝!感謝!

 水谷俊一  議員

 平原熊次  議員

 竹之内勝男 議員

 中村雅之  議員

 宇野仁一  議員

 大塚成章  議員

 是非次回も上位当選していただきたいな~~~~

 そして請願採択に気持ちよくご賛同いただいた下記議員の皆様方に感謝!感謝!

 持留秋男  議員

 井之上一博 議員

 大内田健治 議員

 大久保孝司 議員

 川原拓郎  議員

 日高孝寿  議員

 議長は・・・前田信親  議員でした。

 ただこれからの問題点は、平成24年9月24日の南大隅町議会における本会議において、核関連施設立地拒否の条例制定のための特別委員会がスムースに設置され、その結果として本当に条例制定に動くのか?下記にスペースを空け、今後の議会の動きを続報として皆様におおくりしたいと思います。



 平成24年9月24日・南大隅町議会本会議

 まず、前田議員が請願陳情採択についての経過を読み上げました。

 それを受け、大村明雄南大隅町議会議長が採決をとった結果、全員異議なしと言うことで請願が正式に可決されました。

 可決の内容は?

請願第1号
1,放射性廃棄物(汚染土や瓦礫を含む)の処分場計画に反対
2,原発使用済み核燃料の中間施設立地に反対
3,核関連施設立地拒否条例制定を要望
の請願書の内容が すべて 採択されました

 さらに、陳情第1号「放射能汚染土の反対条例に関する件」(条例化に反対の陳情書)が不採択となりました。

http://www.ustream.tv/recorded/25671822

 本日の議会の核関連事項の内容がIWJでご覧いただけます。

南大隅町議会核関連請願採択

 今後、核関連施設立地拒否条例制定に関する特別委員会がいつ頃開催されるのか?まだまだ油断がなりませんので、引き続き議会を注視していきたいと思います。

 大浜の海砂問題でM議員答弁・・・大浜沖の深浅測量調査を行った結果、海砂採取による沿岸部の地形に影響はないと言うことで、海砂採取の許可がでた。大浜と海岸線が続く辺田から石走海岸については、波が海岸にうつちつけると岩がゴロゴロと音を出すのは?海砂採取が原因とのこと、また大浜の海岸侵食については、ある大学教授が侵食と海砂採取の因果関係はないと言ったことを信じられたとのこと・・・大浜と辺田地区はわずか数百メートルの距離・・・かわごろもは、思わずそんなバナナと言ってしまいました。

 ことは大浜地区住民の生命・財産が守れるのか?非常に大事な大事な問題。

 M議員さんに、ひとつお尋ねしたいことがある。ご本人や身内の方が例えばガン宣告された際、1ケ所の病院のガン宣告だけで自分はガンなんだ!と素直に納得することができますか?

 本当の病名と正しい治療法を求め、私が知っている方々は皆さん日本全国の病院を何ケ所も回っていますけど・・・

 大浜の海岸も侵食により瀕死の状態にありますので、であればなおさら慎重な調査が必要なのでは?

 南大隅町は町民の安心・安全の生活の為にも、大浜沖の深浅測量調査を県外の業者に海岸侵食の因果関係も含め、町独自に再調査すべき重大な問題だと認識すべき。

 核関連の条例制定については、まだまだ続きます。


 次回は陳情書から垣間見える核関連を持ち込ませない条例に反対する方々の今後の動きを予想してみたいと思います。

 その次は椋鳩十と町興しについて書きたいな~~~と考えています。



 下記アドレスは、お医者様の書いた論文です。甲状腺嚢胞の発生比率の比較。長崎、チェルノブイリの子どもたちと福島の子どもたちの発生比率。呼吸機能障害についても詳細述べてあります。
 南大隅町の放射能関連施設誘致賛成論者は放射能関連施設を誘致した場合、放射能で自分たちの子供や孫達の命も危なくなると言うことをもっと勉強してほしいな!

 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

放射性廃棄物拒否条例の町一覧

 下記のブログは南大隅町の放射能関連施設問題について、詳しく書かれています。

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

南おおすみの自然を守る会HP

 南大隅町大浜沖海砂採取反対様のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/

 南大隅町地元辺塚の方の放射能関連産業誘致反対のブログ・・・怒っているぞ~~~

へつか屋しまこ農園様のブログ

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287   

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf

サンデー毎日平成23年12月18日号P30より

 ・・・中略・・・放射性銀の「銀110m」については、海洋汚染が懸念される。NHKの報道番組では、太平洋のアワビの内臓から1キロ当たり1850ベクレルの銀110mを検出したことが報告された。・・・中略・・・銀110mの半減期は約250日。ベーター崩壊後、「カドミウム110」に変わる。カドミウムは、イタイイタイ病の原因物質である。・・・中略・・・

 半減期が250日と言って安心できるどころか、悪名高い公害病!イタイイタイ病が発症する恐れも放射性銀にあるとは!!・・・日本人はいったい何を食べて生きていったら安心なのだろうか?

 様々な放射性物質が入り混じっている放射能関連施設を、万一南大隅町に誘致した場合、鹿児島県農業は壊滅することにならないかと心配する。






 

画期的な答弁??意見公募手続へ??

 平成24年9月議会で、森田俊彦町長がパブリックコメントを実施する旨の答弁をしました。私自身、カタカナ言葉のこの意味がよくわからなかったのですが・・・・

 行政手続法第39条は、命令等を定めようとするとき、それを定める前に公示し、意見の提出先及び一定の意見提出期間を定め、その間に広く一般に意見を求めなければならないと定めています。

 な~~んだ!行政手続法に由来するハイカラ言葉だったんだ。

 うどん食べにいく?ラーメン食べにいく?・・・・ハイカラにヌードゥル食べにいく?

 海岸侵食で日々安心して暮らすことができない大浜地区の方々の為にも、海砂を守るためのパブリックコメントも実施してほしいな~~~カメさんも産卵がしやすいと、きっと喜ぶだろうな~~~

 大浜の海砂は南大隅町民全員の宝だ!

 週刊朝日記事の話!どこか?南大隅町の話みたい・・・町名を00で伏字にしてみました。どこの町だかわかりますか?
 改めて平成19年5月号の週間朝日の記事を振り返ってみます。この記事の題名は?不可解・核廃棄物の最終処分場候補地で起きた「世にも不思議な物語」となっています。
・ ・・中略・・・ことの発端は平成18年3月18日のこと。00町の町長室に地元の漁協組合長に連れられた数人の男が現れた。そのうちの一人が都内のNPO法人役員の肩書が書かれた名刺を差し出し、こう語りだした。「(最終処分場の)立地調査に応募するだけで、国から交付金が出ます。早く出したほうがいい」・・・中略・・・文献調査段階の交付金を10億円に引き上げることを決めた。次の段階となる概要調査段階(4年間)と合わせると、総額90億円もの大金が地域に転がり込むことになる。・・・中略・・・ウチの機構に(都内のNPO法人に対し)いくら拠出するかだな。10円かもしれないし1億円かもしれない。誰からもらうって?資源エネルギー庁・原子力発電環境整備機構・電気事業連合会・00町、みんなだよ。認可が下りてからだね」資源エネルギー庁放射性廃棄物等対策室の吉野恭司室長はA氏との面識は認めつつ、関与は否定した。「国としては(彼らと)制度的に直接なんのかかわりもない。第三者が介在して、お金が流れていくことはありません」原子力発電環境整備機構も、「まったく関係はありません」(広報グループ)謎だらけの話である。しかし、忘れてはいけない。日本のどこかで同じような“不可解”なことが再び起こらない、と言う保証はどこにもないのだ。

 細野大臣と森田町長がガレキ問題で会談したことが報道されました。ふ~~んガレキの問題だけだったの??本当に不可解な問題でした。この不可解な問題に対し、我が南大隅町の森田俊彦町長は今回の町議会で明快な答弁をしました。

 平成24年9月5日、南おおすみの自然を守る会が核関連施設立地拒否条例を制定するよう請願書を提出したことを受け、平成24年9月12日の町議会において森田俊彦町長は、私の真意として、最終処分場計画には断固反対をきっちり表明しますと答弁し、さらにどんな核関連施設も町内にあるべきではない!と答弁したことが報道されました。

 森田俊彦町長さん!男だったら答弁した約束は必ず守るでしょう?

 トシちゃん嘘をついたら子供の教育上問題が出てきますからね。

 ウソをつく人を00ちゃんと言うようになるからね。

 ウソついたらだめよ。

 しかし陳情書や請願書に瑕疵があった場合、その効力はどうなるのかな~~~住民基本台帳法22条は、市町村に住所を定めた場合、14日以内に転入届けを出さなければならないとなっています。 一方、民法22条においては、住所とは?生活の本拠と定義されています。生活の本拠に住民票のない者に対する罰則があるのか?と言えば、住民基本台帳法により、行政罰として、過料最高5万円がありますし、虚偽の届けで行為は公正証書原本不実記載罪となり、刑事事件として取り扱われ、5年以下の懲役か50万円以下の罰金刑となります。

 住所だけ移転し、南大隅町民を装いながら、請願書や陳情書を提出する者がいないか?今後議会事務局側も監視が必要になると思う。

 下記アドレスは、お医者様の書いた論文です。甲状腺嚢胞の発生比率の比較。長崎、チェルノブイリの子どもたちと福島の子どもたちの発生比率。呼吸機能障害についても詳細述べてあります。
 南大隅町の放射能関連施設誘致賛成論者は放射能関連施設を誘致した場合、放射能で自分たちの子供や孫達の命も危なくなると言うことをもっと勉強してほしいな!

 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

放射性廃棄物拒否条例の町一覧

 下記のブログは南大隅町の放射能関連施設問題について、詳しく書かれています。

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

南おおすみの自然を守る会HP

 南大隅町大浜沖海砂採取反対様のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/

 南大隅町地元辺塚の方の放射能関連産業誘致反対のブログ・・・怒っているぞ~~~

へつか屋しまこ農園様のブログ

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287   

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf

サンデー毎日平成23年12月18日号P30より

 ・・・中略・・・放射性銀の「銀110m」については、海洋汚染が懸念される。NHKの報道番組では、太平洋のアワビの内臓から1キロ当たり1850ベクレルの銀110mを検出したことが報告された。・・・中略・・・銀110mの半減期は約250日。ベーター崩壊後、「カドミウム110」に変わる。カドミウムは、イタイイタイ病の原因物質である。・・・中略・・・

 半減期が250日と言って安心できるどころか、悪名高い公害病!イタイイタイ病が発症する恐れも放射性銀にあるとは!!・・・日本人はいったい何を食べて生きていったら安心なのだろうか?

 様々な放射性物質が入り混じっている放射能関連施設を、万一南大隅町に誘致した場合、鹿児島県農業は壊滅することにならないかと心配する。

第八幕開幕へ

 緊急連絡がありました。

 (1)ねじめ漁協は海砂採取に反対している漁民の方の刺し網漁の許可継続を不許可にしたと言う話・・・??まずねじめ漁協は具体的に不許可にした理由を当該漁民に明らかにし示すべき責任がある。
 この問題は、働く権利や思想信条の自由・表現の自由・あるいは生存権の侵害等、ねじめ漁協の処分そのものが憲法に違反している疑いがある。

 (2)南大隅町に住民票はあるけど、実際は南大隅町に住んでいない人が存在しているのでは??との情報

 南大隅町に住民票だけ移動させ別の町で生活するメリットってなんだろう?

 選挙目的??でも選挙までは、まだまだ時間があるし~~~

 ちなみに住民基本台帳法22条は、市町村に住所を定めた場合、14日以内に転入届けを出さなければならないとなっています。
 一方、民法22条においては、住所とは?生活の本拠と定義されています。
 それでは、生活の本拠に住民票のない者に対する罰則があるのか?と言えば、住民基本台帳法により、行政罰として、過料最高5万円があります。
 さらに虚偽の届けで行為は公正証書原本不実記載罪となり、刑事事件として取り扱われ、5年以下の懲役か50万円以下の罰金刑となります。
 南大隅町は、もし?住所だけ南大隅町にある高レベル核誘致賛成論者がいるのであれば、正しい住所の更正手続きを早急に行うべきです。
 しかし、核誘致論者に実際に居住している場所と住民票が違うと言うのは、何か補償金目当てなのだろうか?

 マスコミ報道の通り、平成24年9月5日、南おおすみの自然を守る会が南大隅町議会に対し、核関連施設立地拒否条例を制定するよう請願書を提出したことが報道されました。

 でも面白いなな~~~

 脱サラ亭主のデコボコ独立開業記のやっちゃん様のコメントに対し御回答させていただいたのが、平成24年9月5日の日・・・・

 その内容を再転写してみれば・・・・

 > 「相変わらず継続して、地下深く放射能関連施設を
> 南大隅町に誘致しようとしている南大隅町の
> 一部輩と国が動いているのだな~~~としか思いませんでした。
> 腹が立つけど・・・・火消しのパターンも同じ?
> 笑っちゃうな?そう子供だまし・・・」
>
> 、、、だったのですね。
> ほんとに騙されずに確実に敵の息の根を
> 止めていかねばいけませんね。
> 聞くところによればまだまだ地元高齢者も町民も
> 「核のゴミ」の恐ろしさを良く理解されてない方も多いし
> そこをうま~く混同させられたりごまかされたりしているとか、、、。
> これからアナウンスしていかないといけませんね。真実を。
> 地元に合うやり方で、、、。
>
> とはいえ怒りの第一声を地元住民から
> 挙げて頂くことも重要です。
> はっきりと見える形で。
> 世論を味方につけないと、、、。
>
> 推進派から鎮静化されたり分断されて
> 福井県のように世論を敵にまわすことが怖いです。
> 今は大きなエールが寄せられてますが
> 誤解をまねくと町民までが
> バッシングの対象にされてしまいます。
> その為の迅速な下地作りがまず必要なようですね。

やっちゃん 様

 ご指摘の通りだと思います。どうか今後もやっちゃん様のブログにおいて、南大隅町の問題を世間様に拡散してください。よろしくお願いいたします。
 拡散することによって、コソコソとした動きをまずは防ぐ効果があると思います。本日は南大隅町議会に対し、請願書を提出しました。
 次回の南大隅町日記に書く予定なのですが・・・多分、議会側はこの請願書のガス抜き対策として、急いで、誘致賛成派からも請願書を取り付けると思います。
 とりつけたあと・・・・結論はトボケタ感じで・・・国からそのような話もない中と言いつつ、継続審議にするか?そのような話自体がなかったことにする知恵を一生懸命考えてくるのではないかと思います。
 多分・・・笑っちゃいそうな結論で・・・かわごろも

 と南大隅町日記に書いていたのですが・・・

 平成24年9月7日・南日本新聞・24面・汚染土処分場特別委設置への見出し

 その中で、南大隅町議会に対し、南大隅町の〇〇〇〇〇さんが陳情書を提出したことが報道されています。

 新聞報道は今回の南おおすみの自然を守る会が提出した請願書の主旨に対し相当勘違いがあるのではないかと思います。

 それとも高レベル核廃棄物最終処分場誘致問題や放射性中間貯蔵施設誘致問題を、またまた棚上げし、いつでも誘致できるようドアだけはキッチリ開けておく方式の議会運営に終始するつもりなのかな???

 まず、見出しの汚染土処分場特別委設置自体が大いに勘違い。

大滝さんがコマーシャルでお前の言っていることはわからん!と妙にトボケタホノボノとする場面がありますが・・・確かに第八幕の幕開けは、南おおすみの自然を守る会側から逆に仕掛けましたが・・・

 南おおすみの自然を守る会の請願書の主旨は、汚染土も含む、核関連施設立地拒否条例制定を求めているからです。またまた、都合の悪い時に多用されているいつものトボケぶりをいかんなく発揮し始めるのかな??

 タイミングよく、議会側の意を汲んだような陳情者の〇〇〇〇〇さんの陳情コメントは??

 福島県の復興には手助けが必要。条例化は住民説明会や真の情報公開に基づき決定されるべきとコメントされていることです。

 ピ~ン・・アッハ~~ン・・議会側の総まとめの言葉の予測がつきました。

 予想・・・議会答弁・・・条例化については、住民説明会や国の情報公開に基づき決定したいので、今しばらく時間が必要となりました。よって以上の理由から継続審議としました。

 以上の内容で結論づけられた場合、その時は笑っちゃうな~~~~

 だって自分たちは町民の意見も聞かないまま、2007年3月町長や町議らで、原子力発電環境整備機構を招いて高レベル核廃棄物処分場を誘致する為の勉強会を勝手に開いていたくせに・・・

 自分たちが行動する場合は、勝手にやっておきながら・・・町民が請願書を提出すれば???

 住民説明会や国の情報公開に基づき決定したいと説明するつもりなのかな~~

 過去行動と過去発言から、あなたがたの答えが(結論)わかっちゃったんだも~~~ん

 カンニングするよりもチョ~~簡単 

 下記アドレスは、お医者様の書いた論文です。甲状腺嚢胞の発生比率の比較。長崎、チェルノブイリの子どもたちと福島の子どもたちの発生比率。呼吸機能障害についても詳細述べてあります。
 南大隅町の放射能関連施設誘致賛成論者は放射能関連施設を誘致した場合、放射能で自分たちの子供や孫達の命も危なくなると言うことをもっと勉強してほしいな!

 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

放射性廃棄物拒否条例の町一覧

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

南おおすみの自然を守る会HP

 南大隅町大浜沖海砂採取反対様のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287   

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレスより・・・

  http://sustainable-zone.org/

 南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf

サンデー毎日平成23年12月18日号P30より

 ・・・中略・・・放射性銀の「銀110m」については、海洋汚染が懸念される。NHKの報道番組では、太平洋のアワビの内臓から1キロ当たり1850ベクレルの銀110mを検出したことが報告された。・・・中略・・・銀110mの半減期は約250日。ベーター崩壊後、「カドミウム110」に変わる。カドミウムは、イタイイタイ病の原因物質である。・・・中略・・・

 半減期が250日と言って安心できるどころか、悪名高い公害病!イタイイタイ病が発症する恐れも放射性銀にあるとは!!・・・日本人はいったい何を食べて生きていったら安心なのだろうか?

 様々な放射性物質が入り混じっている放射能関連施設を、万一南大隅町に誘致した場合、鹿児島県農業は壊滅することにならないかと心配する。

9月9日に南大隅町で会いしましょう!

 佐多の良心様からビックリするような特ダネが・・・時期を見て皆様には公開したいと思います。

 平成24年9月9日・南大隅町がいかに風光明媚な土地であるのか?自分たちの目で確かめたいのだそうです。

 もちろん南大隅町民の参加も熱烈歓迎します。詳細につきましては、南おおすみの自然を守る会にお問い合わせください。

 今回は様々なガス抜きの方法について・・・

 まず国会・・・

 野田首相は民主党政権で初めて竹島問題について・・・韓国が竹島を不法に占拠していると韓国を批判
しました。

 これも国民向けのガス抜き対策?

 さてさて平成24年8月24日の放射能汚染土南大隅町が最終処分地報道にはビックリしたと言うより、相変わらず継続して、地下深く放射能関連施設を南大隅町に誘致しようとしている南大隅町の一部輩と国が動いているのだな~~~としか思いませんでした。

 腹が立つけど・・・・火消しのパターンも同じ?笑っちゃうな?そう子供だまし・・・

 第一幕・・・平成19年3月・・・当時の町長はじめ町議会議員らがNUMOを招き高レベル核廃棄物最終処分場の件でコッソリ・・・ヒッソリ勉強会を開いたことが報道されました。

 その途端!当時の南大隅町町長曰く・・・

 もう誘致はしません。その一言が誘致反対町民に対する対策だったのか??・・・そのガス抜きの言葉で不思議と騒動は急速に沈静化しました。

 放射能関連産業が南大隅町に来ると町民が騒動をはじめる直前、誘致しませんと言うガス抜き言葉で一件落着するかに見えたのですが・・・・実は見えただけだったのです。

 南大隅町に誘致とガス抜き対策の二面作戦の脚本は、その道のプロが書いているように見えます。

 第2幕・・・第一幕・平成21年3月・是か非でも高レベル核廃棄物最終処分場を誘致したい町側は・・・・町長・議会でドジを踏んだ経験をもとに、今度は形を変え(まるでエイリアンみたい。)南大隅町の農水商工団体と自治会長など各種団体長でつくる「南大隅町まちづくり推進協議会」と言う団体を発足させ、その団体が独自に高レベル核廃棄物処分場誘致の陳情を議会に提出する動きがあることがマスコミ報道されました。

 南大隅町を最終処分場にするか?否か?実際に検討資料として使用されたニューモ側の地図

 http://www.numo.or.jp/koubo/bunken_chisitsu/condition/46kagoshima/46491.pdf

 またまた火消し??森田町長のコメントとして、当時の新聞記事に以下の内容が・・・

 森田俊彦町長・・・議論が進んでいることは承知している。行政としての対応は白紙の状態。多くの町民の声を聞き、議会と協議する必要があると話しています。

 疑惑?不思議!疑惑?不思議!森田町長が初当選したのが、平成21年4月・・・それからわずか8ケ月後、高レベル核廃棄物最終処分場の議論が進んでいたことを皆さんは信じられますか?

 長い月日を経、誘致脚本家は、高レベル核廃棄物最終処分場誘致をする魔の手でジックリジックリと町民を洗脳していく様がおわかりになろうかと思います。

 第3幕・・・平成22年1月・・・南おおすみの自然を守る会発足

 平成22年3月に広瀬隆さんの講演会を開催する為、南おおすみの自然を守る会が動きだした所・・・

 高レベル核廃棄物最終処分場誘致に熱心な町民より・・・もう誘致はしないことに決定したから安心しての言葉・・・

 目的は??勿論、広瀬隆講演会を潰すのが最大の目的だったはず。

 南おおすみの自然を守る会として直ちに会議を持ち、絶対に誤魔化しの言葉だから騙されないように・・・と言うことを確認しあい、平成22年3月広瀬隆さんの講演会を成功させました。

 ここでもガス抜きの手法が・・・

 第4幕・・・平成22年7月・・・高レベル核廃棄物最終処分場誘致に熱心な議員さんや町民がこそっと鹿屋市内で会合を持っている情報が飛び込んできました。

 そのことを受け、南おおすみの自然を守る会の会員が実名で南大隅町の掲示板の中で会合は真実なのか?を質したところ、匿名の誘致賛成派の標的になる事件が発生しました。

 その後、誘致賛成(誘致賛成派は卑怯にも全員匿名)・誘致反対(誘致反対派は正々堂々と全員実名)入り乱れての論戦・・・論戦が最高潮に達した頃、突然の掲示板の廃止

 これって言論封鎖? 言論弾圧?

 どこかの国の独裁者に手法が似ているような?

 ここでもガス抜きの手法が・・・

 第5幕・・・平成23年2月25日午後13時30分・南日本新聞会館 みなみホール内
 経済産業省資源エネルギー庁主催「全国エネキャラバンIN鹿児島 もっと知りたい!くらしを支えるエネルギーのこと 放射性廃棄物と地層処分」があり、南大隅町からはマイクロバスを仕立てて参加しました。

 http://www.ho-hi.com/modules/piCal/index.php?action=View&event_id=0000000055

 詳細は平成23年2月13日南大隅町日記より転写

 鹿児島市で開催される高レベル核廃棄物処分シンポジュウムの件で、我が南大隅町議会も、どうやら動きだしたらしい??

 議員同士鹿児島市で開催される高レベル核廃棄物処分シンポジュウムへ参加するのか?しないのか?お互い声かけして確かめあっている模様!(影の声・・・江戸時代の隣組制度みたい・・・怖いな~~)

 高レベル核廃棄物処分について、ひどい話と言うべきなのか?幼稚な考え方と言うべきなのか?・・・・南大隅町執行部側は、高レベル核廃棄物処分を誘致するのか?しないのか?は住民自身が決める問題だからと、南大隅町民に責任転嫁する形で、住民投票を実施して決めたいようだ。・・・・(小泉首相当時、はやった、いわゆる自己責任と言う名の責任転嫁・・・)

核誘致については、町民には公開もお尋ねもしないまま、密室で決定(議会で)し誘致に奔走したあげく、都合が悪くなれば住民投票で誘致の可否を決定したいなんて、無責任さもここに極めれば、本当の大人の考え方ではないと言うことが、わかって言っているのだろうか?こんな低レベル発言をする者は、恥と知るべきことなのに・・・

 例えば、子供が悪さ(核誘致を決定)をしたあげく、僕は悪いことをしていないよ!先生!僕がとった行動が悪かったことなのか?生徒全員に聞いて見て(住民投票)と言っている子供レベルの考えだ。

 それって、あんた方、利己的なご都合主義でないの・・・なぜ?高レベル核廃棄物処分誘致の問題に火がついたか考えたことがあるの?もともと、あんた方南大隅町議会が高レベル核廃棄物処分問題を、密室でコソット誘致しょうとしたことが、今回の騒動の発端だったのを忘れたのか。

 子供だましみたいな、せこい方法で、高レベル核廃棄物処分場誘致をやり遂げ、自分達(議会として)の責任から逃げ切ろうと、浅はかな行動を目論んでいるとは・・・・まったく、けしからん!

 南大隅町議会の皆さんは、何が真実の行動なのか?言行不一致を含め、世間様がこのブログをじ~っと見ていることも忘れないでほしいな~~

 住民側に責任を負わす住民投票実施の前に、南大隅町議会は自ら潔く男らしく議会を解散し、高レベル核廃棄物処分誘致問題を公約にし、町民の信を問うべきだ。それこそ本当の意味で、有権者がどう答えるか?その結果を自己責任と言う。

 さてさて、何人の南大隅町議会関係者が、お膳立てされた高レベル核廃棄物処分シンポジュウムに参加するのか?興味深々だな~~~

 南大隅町民の皆さんへお願い!
 自分が支持している議員さんが、今回(1)高レベル核廃棄物処分シンポジュウムに参加するのか?(2)高レベル核廃棄物処分場を誘致したいと考えているのか?この2点を聞いてみてください。

 高レベル核廃棄物処分シンポジュウムで発言するパネリストの方々は、もっと責任ある発言をしてほしいな~~~責任ある発言とは???まず自分の故郷に高レベル核廃棄物処分場を誘致する運動をし、一旦挫折を経験してからでも、えらそうな発言は、していいのでは???

 故事より・・・パネリストの皆さんへプレゼント!・・・まずは隗よりはじめよ!ただの評論家となるなかれ!

BS1・NHKにおいて、下記番組が2月16日放送されます。核の怖さを知らない方々に是非視聴していただきたいお勧めの番組です。

NHKドキュメンタリー
地下深く 永遠(とわ)に ~核廃棄物 10万年の危険~
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/110216.html

 今回のガス抜きは・・・・不幸にも全国キャラバンより約2週間後に福島原発の事故が・・・あの不幸な出来事が南大隅町民のガス抜きになってしまったように感じます。

 第6幕・・・平成23年9月12日・南大隅町議会傍聴・・・昨年9月12日の日の南大隅町日記をそのまま転写

 U議員からの質問・・・町長就任時、アンケートや意見書を全職員から集めたと言う話を聞くが、アンケート結果はどのようであったのか伺う。

 森田町長答弁・・・・個人情報の問題だから、答弁は控えます。

 かわごろもは、公職(町長)としての立場で、町政に生かすため、アンケートや意見書を全職員に求めたのであれば、その結果は公表し、町政に生かすべき問題であると思う。

 ※個人情報保護法問題とは、相当かけ離れたレベルの問題であるという認識が森田町長は薄いのでは??これは個人情報保護法に関する勘違い答弁か??摩り替え答弁では??

 U議員質問・・・南大隅町で高レベル核廃棄物最終処分場誘致:高レベル核廃棄物最終処分場誘致反対の話があるが、この高レベル核廃棄物最終処分場について、町長の考えを伺う

 町長答弁・・・・現在のところ、白紙の状態

 影の声・・・ンダモ!ンダモ!ンダモシタン~~~

  2011年3月11日・福島原発で、あれほどの大事故があったのに・・・・本当に?福島原発事故の悲惨さがわかっているのかな~~~~

  http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=MVKWtxXtZ3E

 もし?国から誘致話が舞い込んできたらどういう答弁をするつもりなのかな~~~????

 自治体の長として、本当に確固たる方針はないのかな~~

 福島原発事故を受け、建設計画のある原発を含む、新規の原発建設ができない中・・・・

 現存する原発も57基のうち11基しか稼動できていない中・・・・

 高レベル核廃棄物処分場の安全性は、いまだ確立していない中・・・・

 安全性が全く担保されていない中・・・

 そう言えば、大浜の土石流問題で・・・大浜の住民の方々から、いつ自宅に帰れるのか?の質問に対し、安全性が担保されてから・・・と言う回答をしたのは、誰だったのかな~~

 なぜ?   なぜ?   なぜ??

 自治体の長として、町民の安心・安全の立場から毅然とした態度で、高レベル誘致を否定してもらいたかったのにな~~~

 町長には、お上(国)を見ての答弁ではなく、町民目線での答弁を強く望みたいな~~~

 町長は、議員は町民の代表が町民の声を代弁しているんだと言う認識が、少し薄いのでは???

あと1点気がかりなことが・・・・

 傍聴席から議会を傍聴していて、議会における緊張感が、少し不足しているように感じた。もっともっと白熱した議論があってもよいのでは・・・・

 ある議員さんの話では・・・・・ある議会開催前、ある議員さん宅で、鍋を囲みながら楽しく会食があったとのこと・・・・まさか?毎回毎回、議会開催前に飲み会をしているわけではないのでしょうが・・・・でも、もしかしたら??議会の緊張不足の原因のひとつになっているのでは??

結論・・・・町興しは、まず議会の白熱した議論から・・・・議論なくして町興しなし!

 次回より白熱した議論を望みたいのですが・・・・白熱した議論を望まない一部勢力は、この南大隅町日記さえ目の敵にし、現に日記掲載継続を阻もうとする動きまで現れています。

妨害内容で一致しているのは?奇妙?なことに本当に奇妙なことに・・・一致した言動と、一致した言動のあとの睨み・・・

 組織的動きの特徴???組織で動くと言えば????なぁ~~~るほど。

※法律用語・・・威迫行為・・・他人に対し、不安・困惑の念を生じさせるもの。

 マァあまりにも妨害がひどい時は、この日記で、その内容も含め、アルファベットの頭文字で公表するつもりでいます。

 さてさて今回のガス抜きの言葉の主役は??

 平成23年11月20日日付の南大隅町日記より転写

 鹿児島県南大隅町振興会長会と鹿児島県南大隅町議会との懇談会を南大隅町日記に公表したところ・・・・世にも奇妙な話・・・本当に世にも奇妙な言行一致!!実は、9月議会当日、町長答弁のあと、あるマスコミ関係者が議会傍聴していた、ある高レベル核廃棄物処分場誘致反対の有志の方に近づき、

 言った言葉が、なんと議会関係者の言った言葉と全く同じだったと言うご連絡がありました。どうやら?マスコミ関係者を巻き込んだ陰湿な誘致運動が地下深いところで、益々活発に動いているようです。

 (注)このマスコミ関係者は・・・・本日の町長答弁は誘致しないと言う内容の答弁であったと、なんと議会傍聴をしていた高レベル核廃棄物最終処分場誘致反対派の方に言われたのです。

 傍聴していた者に対する誘導・・・全く信じられない行動です。聞くところによりますと、町長とこのマスコミ関係者は高校の同級生であるとか・・・

  第7幕・・・平成24年8月24日・南大隅町に放射能汚染土が最終処分場に・・・

 これに対し、平成24年8月25日、南おおすみの自然を守る会は南大隅町町役場会議室に於いて、放射能汚染土反対の集会を開きました。

 反対のうねりは、南大隅町の枠を超え・・・大隅半島全域へ

 さらに鹿児島県全域へ

 そして日本全国へ・・・

 騒動が最高潮に達した頃・・・ ここでもガス抜きが・・・

 平成24年8月28日・放射能汚染土持ち込み問題に対し、大隅9市町が反対する旨の報道がされました。

 まとめ!
 町民に対するガス抜きと目くらましを併用しながら、確実に確実に高レベル核廃棄物最終処分場誘致や放射性中間貯蔵施設誘致の動きはあります。今一度過去を振り帰りながら、皆んな騙されないようにしましょう!必ず第8幕が開く時が間近に迫っているから・・・私は騙されない!

 南おおすみの自然を守る会ホームページの紹介

 http://shizenmk.web.fc2.com/index.html

 南大隅町大浜沖海砂採取反対様のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/

  鹿児島の脱原発様のブログのご紹介

  http://taniguchi11.blog.fc2.com/

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレスより・・・

  http://sustainable-zone.org/

 南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf



 

プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR