なぜ?南大隅町掲示板は閉鎖されたのか?閉鎖まで残り9日

 南大隅町町民の宝の海岸と砂浜・・・大浜の海岸と砂浜を町民全員で守ろう!

 南大隅町大浜沖海砂採取反対様のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/

 下記は今なお閉鎖され続けている南大隅町の掲示板です。掲示板の閉鎖問題は閉鎖間際に閉鎖しなければならなかった理由となるべきヒントが沢山存在するのではないかと思います。

 南大隅町掲示板が閉鎖される間際のコピーが手元にありますので、なぜ?掲示板を閉鎖しなければならなかったのか?形を変えた言論弾圧ではなかったのか?この日記で南大隅町掲示板閉鎖までの9日間を追ってみます。

 南大隅町掲示板

 南大隅町掲示板言論封殺まで、残り9日前の投稿から一部再現・・・

 下記投稿はA氏F氏O氏とその友達が投稿したと言う情報が寄せられています。実は非常に信ぴょう性の高い情報が届いているのですが、ここはあえて個人名は伏せます。

 2010年8月22日午後6時23分1秒辻岳登さんからの投稿より

 南大隅町掲示板のA(実名投稿)さんの投稿を見て感じたこと・・・・辻岳登さんからAさんへ

 中略・・・A(実名投稿)氏が、どの部分が建設的な意見でないのか?指摘を下さいと言うことですので、申し上げます。
 (1)立切地区の道路の草刈りの件ですが、結果的には、行政が道路沿い(町道)は常にきれいにすべきだということでしょう。燃料代と日当を支払えばすぐ解決できると思うと書かれていますが、その燃料代、日当はどこが出すのですか?過疎化が進んでいる地域ですぐ解決できるでしょうか?ちょっと疑問です。現時点では農道か町道かも判断がしずらいですが、農道は各地域でしたらどうでしょう。建設課・経済課に直接相談して下さい。

 まず辻岳登さんの上記意見に対し、A(実名投稿)さんに代わりかわごろもが反論します。

 (A)建設課・経済課に直接相談して下さいと辻岳登さんは言います。ところが掲示板は南大隅町が直接管理運営しています。当然、南大隅町自身が一番知っているはずなのに、なぜ?辻岳登さんが、行政がやらなければならない事に口出しをしなければならないのですか?・・・・もしかしたら?町政を牛耳っている闇の権力者ご本人だからでしょうか?

 (B)文面から南大隅町にお金がないと言うふうに受け取れますが、最近建設されたある建物の工事は、工事途中で海水が噴出してきたと言う理由から、それも入札した後、トイレ防水工事代追加分として、1500万円南大隅町から支出されたと聞きます。わずかな燃料代と日当の捻出ができないのに、なぜ?1500万円もの大金の捻出がいとも簡単にできるのでしょうか?その1500万円もの大金がいとも簡単に支出できる仕組みを下々の一般町民は是非とも知りたいです。今回、トイレ防水追加工事現場を視察してみましたが素人目にもちょっと穴を掘れば海水が湧いてくる地形であることがわかります。プロが見れば工事着工前の見積もり段階で海水問題はあきらかであったはず・・・・南大隅町側は町民が困っている問題にはお金がない!予算がない!と言いながら・・・なんだかスッキリしない1500万円もの大金の支出ではないかと思う。
 立切地区町道の草刈りを早急にすべきだと言うAさんの意見に対し、辻岳登さんは、Aさんの意見は建設的な意見ではないと言いました。
 さて、辻岳登さん!トイレ防水工事代金追加分を1500万円支払ってくれ!と南大隅町側に迫った者は、本当に南大隅町のためを思った建設的な意見だと考えますか?

 南大隅町掲示板のA(実名投稿)さんの投稿を見て感じたこと・・・・辻岳登さんからAさんへ

 (2)高レベル放射性廃棄物の勉強会が最近鹿屋市でひっそり行われたとの事ですが、前回町づくり推進協議会に支出していたお金があったにも関わらず、住民監査請求はしませんでした。とありますが、ちゃんと裏付けが取れ不要な支出であれば請求すれば良いと思います。その前に開示請求が先だと思いますけど・・
 思い起こせば、前町長さんの時は伊藤知事が反対であればと言うことで、すぐ撤回されましたね。伊藤知事も報告・連絡・相談が地元からあれば何らかの回答があったはずです。そういう声が、地元からあれば議会に諮り予算計上すべきである。まずは予算がないと先には進みません。会場の費用・講演費等経費がかかるはずである。
 どんなプロジェクトでも反対運動はつきもの、誘致賛成・反対それは議員が決めるものではなく地域住民である。
 正々堂々と予算計上し、反対ありきではなく話を聞き鹿児島から日本を変える意気込みで頑張ろう。

 次に辻岳登さんの上記意見に対し、A(実名投稿)さんに代わりかわごろもが反論します。

 (C)前段の穏やかな文章に比較し最後の下記部分は、衣の下から鎧が見えています。さすが闇の権力者

  どんなプロジェクトでも反対運動はつきもの、誘致賛成・反対それは議員が決めるものではなく地域住民である。
 正々堂々と予算計上し、反対ありきではなく話を聞き鹿児島から日本を変える意気込みで頑張ろう。


 (D)大浜沖の海砂問題は地域住民が海砂採取ノーと言いました。地域住民が心の底からお願いし、言ったにも関わらず、大浜沖の海砂採取は強行されました・・・・(1)と(2)の辻岳登さんの文章を改めて分析してみれば、闇の権力を握った高揚感だけが伝わってきます。

 南大隅町掲示板閉鎖まで、まだまだ検証は続く・・・・

 やっぱりな~~~・・・・やっぱりな~~~

埼玉と東京の県境鹿肉・基準8倍以上のセシウム

福島の米から基準値超のセシウム

橋口由布子氏:鹿児島県の自殺~目を覚ませ県民よ! 南大隅よ!~(前半)

 http://eritokyo.jp/independent/hashiguchi-kago0001.html

 橋口由布子氏:鹿児島県の自殺~目を覚ませ県民よ! 南大隅よ!~(後半)

 http://eritokyo.jp/independent/hashiguchi-kago0002.html
  
 橋口さんは池田さんの大学時代の後輩で、福島原発事故以降、青山の自宅近くの東京都目黒区から子どもを連れ鹿児島に移住されているそうです。

 南大隅町議会の核関連事項の内容がIWJでご覧いただけます。

南大隅町議会核関連請願採択

 今後、核関連施設立地拒否条例制定に関する特別委員会がいつ頃開催されるのか?まだまだ油断がなりませんので、引き続き議会を注視していきたいと思います。

 下記アドレスは、お医者様の書いた論文です。甲状腺嚢胞の発生比率の比較。長崎、チェルノブイリの子どもたちと福島の子どもたちの発生比率。呼吸機能障害についても詳細述べてあります。
 南大隅町の放射能関連施設誘致賛成論者は放射能関連施設を誘致した場合、放射能で自分たちの子供や孫達の命も危なくなると言うことをもっと勉強してほしいな!

 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

放射性廃棄物拒否条例の町一覧

 下記のブログは南大隅町の放射能関連施設問題について、詳しく書かれています。

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

南おおすみの自然を守る会HP

 南大隅町地元辺塚の方の放射能関連産業誘致反対のブログ・・・怒っているぞ~~~

へつか屋しまこ農園様のブログ

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287   

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

 原発のない社会を目指して様のブログ

 原発のない社会を目指して

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf

サンデー毎日平成23年12月18日号P30より

 ・・・中略・・・放射性銀の「銀110m」については、海洋汚染が懸念される。NHKの報道番組では、太平洋のアワビの内臓から1キロ当たり1850ベクレルの銀110mを検出したことが報告された。・・・中略・・・銀110mの半減期は約250日。ベーター崩壊後、「カドミウム110」に変わる。カドミウムは、イタイイタイ病の原因物質である。・・・中略・・・

 半減期が250日と言って安心できるどころか、悪名高い公害病!イタイイタイ病が発症する恐れも放射性銀にあるとは!!・・・日本人はいったい何を食べて生きていったら安心なのだろうか?

 様々な放射性物質が入り混じっている放射能関連施設を、万一南大隅町に誘致した場合、鹿児島県農業は壊滅することにならないかと心配する。
スポンサーサイト

町興し

 南大隅町町民の宝の海岸と砂浜・・・大浜の海岸と砂浜を町民全員で守ろう!

 南大隅町大浜沖海砂採取反対様のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/


 他市町村の町興しを横目で見ながら感じることは・・・・

 皆さんその町の、なんでもないような庶民の歴史を大切にし、その残された歴史等を町興しにつなげていると言う点ではないかと思う。

 過去我が南大隅町は、八島太郎さんの件もそうですが、下記にご紹介する統合前の根占中学校の校歌も簡単に捨てているような気がしてなりません。

統合前の根占中校歌

 この校歌は作詞・・椋鳩十先生、作曲・・迫田武資先生のお力で出来上がった校歌です。

 例えば、八島太郎さんのカラス太郎の物語に沿った形で、南大隅町加治町地区を中心に八島太郎通りを作ったり、統合前の根占中学校の校歌を現在の根占中の各種行事の中で、再び使用できる環境はないものだろうか?と考えます。

 椋鳩十先生については、その功績を偲び、出身地の長野県下伊那郡喬木村に椋鳩十記念館があり、鹿児島県加治木町にも椋鳩十文学記念館があるほど、その功績は高く評価され続けています。

 これほど優れた校歌を、いとも簡単に闇に葬ったその時の南大隅町執行部の責任は非常に重いものと考えます。

 町興しは地道な日常生活の中から沸き起こるものであることを南大隅町執行部は肝に命じるべきです。

 南大隅町大浜のゴールドビーチも今また過去の問題と全く同じ事の過ちを繰り返そうとしています。1団体である根占漁協の借金返済の為だけに・・・・南大隅町大浜沖の海砂を簡単に売却する。

 まるでタコが自分の足を食べて生きながらえるように・・・・

 漁協とタコは縁があるのに・・・・

 このような野蛮な発想と行為が続く限り・・・・南大隅町の真の町興しは遠のくばかりです。

 放射能汚染土や高レベル核廃棄物等の町・壊・し・をやってのけようとするF氏O氏の会社関係者とA氏は、町・壊・しでなく、南大隅町は真の町興しセミナーを彼らに聞かせてやってほしいものだと思います。

 やっぱりな~~~・・・・やっぱりな~~~

埼玉と東京の県境鹿肉・基準8倍以上のセシウム

福島の米から基準値超のセシウム

橋口由布子氏:鹿児島県の自殺~目を覚ませ県民よ! 南大隅よ!~(前半)

 http://eritokyo.jp/independent/hashiguchi-kago0001.html

 橋口由布子氏:鹿児島県の自殺~目を覚ませ県民よ! 南大隅よ!~(後半)

 http://eritokyo.jp/independent/hashiguchi-kago0002.html
  
 橋口さんは池田さんの大学時代の後輩で、福島原発事故以降、青山の自宅近くの東京都目黒区から子どもを連れ鹿児島に移住されているそうです。

 南大隅町議会の核関連事項の内容がIWJでご覧いただけます。

南大隅町議会核関連請願採択

 今後、核関連施設立地拒否条例制定に関する特別委員会がいつ頃開催されるのか?まだまだ油断がなりませんので、引き続き議会を注視していきたいと思います。

 下記アドレスは、お医者様の書いた論文です。甲状腺嚢胞の発生比率の比較。長崎、チェルノブイリの子どもたちと福島の子どもたちの発生比率。呼吸機能障害についても詳細述べてあります。
 南大隅町の放射能関連施設誘致賛成論者は放射能関連施設を誘致した場合、放射能で自分たちの子供や孫達の命も危なくなると言うことをもっと勉強してほしいな!

 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

放射性廃棄物拒否条例の町一覧

 下記のブログは南大隅町の放射能関連施設問題について、詳しく書かれています。

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

南おおすみの自然を守る会HP

 南大隅町地元辺塚の方の放射能関連産業誘致反対のブログ・・・怒っているぞ~~~

へつか屋しまこ農園様のブログ

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287   

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

 原発のない社会を目指して様のブログ

 原発のない社会を目指して

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf

サンデー毎日平成23年12月18日号P30より

 ・・・中略・・・放射性銀の「銀110m」については、海洋汚染が懸念される。NHKの報道番組では、太平洋のアワビの内臓から1キロ当たり1850ベクレルの銀110mを検出したことが報告された。・・・中略・・・銀110mの半減期は約250日。ベーター崩壊後、「カドミウム110」に変わる。カドミウムは、イタイイタイ病の原因物質である。・・・中略・・・

 半減期が250日と言って安心できるどころか、悪名高い公害病!イタイイタイ病が発症する恐れも放射性銀にあるとは!!・・・日本人はいったい何を食べて生きていったら安心なのだろうか?

 様々な放射性物質が入り混じっている放射能関連施設を、万一南大隅町に誘致した場合、鹿児島県農業は壊滅することにならないかと心配する。

核関連施設を誘致させない条例制定に反対する勢力の陳情書解析その4

 南大隅町町民の宝の海岸と砂浜・・・大浜の海岸と砂浜を町民全員で守ろう!

 南大隅町大浜沖海砂採取反対様のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/

 〇〇〇〇〇南大隅町を〇〇〇〇〇会 発起人 OOOOさんへ

 下記はNHKで放送された低線量被爆についてです。是非ご覧ください。

NHK  低線量被爆

 私が知っている限り、低線量被爆にイチャモンをつけた方々は、この方とあと残り3団体のみ!

 実際は南大隅町内で全く生活をしていないにも関わらず、トボケたふりして南大隅町民を名乗りながら、放射能関連ゴミを持ってこようと一生懸命署名活動をしているOOOOさん!このOOOOさんは〇〇〇〇〇に主たる生活の本拠地があるはずなのに???
 トボケタふりして、明日の〇〇〇〇〇南大隅町を〇〇〇〇〇会まで発足させています。

 この低線量被爆について〇〇会社経営の〇〇〇〇〇さん以外に、イチャモンをつけているは???(1)エネルギー戦略研究会(2)日本原子力学会シニア・ネットワーク連絡会・(3)エネルギー問題に発言する会の3団体が低線量被爆についてイチャモンをつけています。

 原発ムラの方々とどこで〇〇〇〇〇は親戚になったのかな~~~ふ~ん!相思相愛なのかな~~~

 特に(1)エネルギー戦略研究会(2)日本原子力学会シニア・ネットワーク連絡会・(3)エネルギー問題に発言する会の3団体はNHK報道に対しイチャモン抗議しています。

 そうそう明日の南大隅町を考える会発起人の〇〇〇〇〇さんは、南大隅町議会の議員さんにイチャモン抗議しています。

 原発ムラの住人と南大隅町を考える会発起人の〇〇〇〇〇さんは、本当にラブラブなのですね~~~羨ましい! 

 〇〇〇〇〇南大隅町を〇〇〇〇〇会発起人OOOOさんが署名集めしている町民不在の核関連施設立地拒否条例に反対する署名のお願いには以下の文言が・・・

 (主旨)あすの南大隅町を考える会は町政に関する苦情、提言を公正中立な立場で意見表明をし、南大隅町の発展に寄与したい。


 影の声・・・脱原発に関し90%以上を超える国民が支持する時代になった事実を、この〇〇〇〇〇さんは全くわかっていないみたいです。まるで浦島太郎みたい。
 浦島太郎Tさんは公正中立を装いながら、南大隅町政を裏から操る〇氏・〇氏・〇氏と昵懇の中。その〇〇〇〇〇さん自身が公正・中立を言うわけですから・・・・なんだか悪いブラックジョークを聞いているみたい。
 〇〇〇〇〇さんにアドバイスします。・・・・公正中立を心の底から言うのであれば・・・・まず出生地が南大隅町政の傀儡政権の中の一員だとわからないよう、もっともっと巧妙に署名集めすべきでは??

 バレバレですね~~~

 〇〇〇〇〇さんは言います!この条例制定によって以下のような深刻な問題が起こります。

 影の声・・・どんな深刻な問題かと思えば・・・・



 〇〇〇〇〇さんは署名の主旨で訴えます!(1)国策によって推進された原子力発電所が止められなくなります。

 影の声・・・〇〇〇〇〇さんに逆質問・・・原子力立地自治体でもない南大隅町は、今まで原子力に関する国からの交付金の恩恵は一切受けていません。原発関連交付金の恩恵を一切受けていないのに、なぜ?原発から排出された放射能のゴミだけ南大隅町民が引き受けなければならないのですか?教えてください。
 〇〇〇〇〇さんとお仲間のAさんがマスコミのインタビューに答えていましたけど・・・日本国民として、当然協力すべきではないかと思うと・・・友達とは考えまでキッチリと似るのですね~~~ここでもA氏と〇〇〇〇〇さんは考え方までラブラブ・・・この調子では、来年春に傀儡政権が再び出来た暁には、また大浜地区の海砂を取らせろ!取らせろ!とA氏が南大隅町政に駄々をこねるでしょうね~~~立派な発言をするのだから、〇〇〇〇〇の借金ぐらい自分達で返すべき問題・・・男なら南大隅町民の宝の浜で借金を返そうとせこいことを考えない事!
 昔の人が言います・・・人のふんどし(大浜の海砂)で相撲をとるな!(借金返済に使うな!)・・・自分の尻も拭けないのに・・・海の男がせこい考え・・・せこい考えのわりには・・・日本国民として、当然協力すべきではないかと思うと・・・・大きいことを言うわね~~~~きりっ・・・あぁ~~恥ずかしい!
 〇〇〇〇〇さんの言う公正・中立とは自分さえ儲ければよいと言うことなのかな~~~我田引水・・子孫のことなど一切考えていないのかな~~~偉そうな事を言って恥ずかしくないのかな~~~



 〇〇〇〇〇さんは署名の主旨で訴えます!(2)全国一斉に核関連拒否設置条例ができたら、日本の国がおかしくなり、経済界は冷え込み、電力不足になります。

 影の声・・・おっこの発言はどこかで聞いたことがあるぞ!ん~~~あっそうだ!経団連の会長の発言とそっくり・・・またまた〇〇〇〇〇さんと経団連のおじさんがここでも、ラブラブ・・・あのおじさんとあの〇〇〇〇〇のおじさんが相思相愛・・・とっても素敵!
 このような内容で、浦島太郎の〇〇〇〇〇さんは今後の日本経済界を引っ張って行く覚悟で南大隅町民に対し署名の主旨を述べています。
 ところが、ご存知の通りニュース報道においてさえ、今夏の電力需給の逼迫度を、あらためて検証したところ大飯原発を全く動かさなくても各電力会社間で電力の融通を図りさえすれば、日本全体で3%程度は電力に余力があったこともわかりました。この報道自体も浦島太郎の〇〇〇〇〇さんは知らなかったのかな~~~
 日本経済の行く末を〇〇〇〇〇さんが発信する・・・とても素敵な事です。
 
 日本経済の冷え込みを心の底から心配する〇〇〇〇〇さんにお願いがあります。

 日本国民の血税54億円をかけ、特許庁が進めていた新特許システムの開発が謎の停止状態になったままです。日本の企業は世界中の特許情報を100も200も調べてから、日本独自の製品開発をしているのですが、このシステム開発が停止になったため、日本の企業が計り知れないダメージを受けています。結果的に日本経済界の冷え込みにもつながっていますので、ダメージ脱却を目指す為にも、早急に新特許システムを動かす運動をお願いいたします。
 
 以上が発起人の方の署名の主旨です。


 衝撃の専門書『淡水魚の放射能』著:水口憲哉(東京海洋大名誉教授)
 「川魚の放射能はなくならない」-「時間がたてば解決」は大きな誤解
 (日刊ゲンダイ10月11日号から)

 福島原発の事故から1年半がたち、放射能汚染への警戒心が薄れているが、そんな中、ショックな本が出た。国会事故調で参考人になった東京海洋大名誉教授、水口憲哉氏が書いた「淡水魚の放射能」(フライの雑誌社)である。これまでの野菜や海水魚、海藻などへの汚染は何度も話題になり報道も多かった。しかし、アユなどに代表される川魚の汚染について、きちんと書かれたものはなかった。水口氏の著者はまさに、そこに注目、言及しているのだが、恐ろしいことが書かれている。
 例えばアユ。(中略)いわき市の夏井川では2011年5月末に380ベクレル、8月には18.5ベクレル。急減したのに、9月には再び119ベクレルに増えた。
 今年はどうか。5~7月の計測では、伊達市の阿武隈川では170ベクレル、福島市の阿武隈川でも170ベクレルのアユがいた。
 アユは年魚で、事故時に生きていた魚はとっくに死んでいる。それなのに、相変わらず、セシウムが出てくるのだ。底質にセシウムがへばりついているからである。環境省による今年1月の調査では真野川の底質から588ベクレル/キロのセシウムが出た。飯舘村のダム湖、はやま湖は3万9000ベクレルである。
「セシウムというのは粘っこいんです。だから川の水で流されるわけではない。小さい穴、くぼみ、藻類、水生昆虫などにへばりつくんです。これらは表面積にすると、驚くほどに大きくなる。それをエサにして食べる魚は放射能まみれになってしまう。多くの人は時間がたてば、放射性物質は減ると思っている。
 半減期が過ぎれば減りますが、それまでは減りません。放射性物質を食べた魚が死ねば、そこに放射性物質は残る。それをまた別の魚が食べるんです。
 こういう水口氏は山に降り注いだ放射能も同じだと語った。「木の葉っぱに放射能が付着している。その葉が落ちて、腐葉土になる。木の根から再び放射能を吸う。山からも放射性物質はなくなりません。はげ山にして除染するしかないが、そんなことは不可能でしょう。家の周辺だけ除染するしかない。我々は放射能が減らないことを認識しながら生きていかなければいけません。」自然はもう戻ってこないのだ。
 
橋口由布子氏:鹿児島県の自殺~目を覚ませ県民よ! 南大隅よ!~(前半)

 http://eritokyo.jp/independent/hashiguchi-kago0001.html

 橋口由布子氏:鹿児島県の自殺~目を覚ませ県民よ! 南大隅よ!~(後半)

 http://eritokyo.jp/independent/hashiguchi-kago0002.html
  
 橋口さんは池田さんの大学時代の後輩で、福島原発事故以降、青山の自宅近くの東京都目黒区から子どもを連れ鹿児島に移住されているそうです。

 南大隅町議会の核関連事項の内容がIWJでご覧いただけます。

南大隅町議会核関連請願採択

 今後、核関連施設立地拒否条例制定に関する特別委員会がいつ頃開催されるのか?まだまだ油断がなりませんので、引き続き議会を注視していきたいと思います。

 下記アドレスは、お医者様の書いた論文です。甲状腺嚢胞の発生比率の比較。長崎、チェルノブイリの子どもたちと福島の子どもたちの発生比率。呼吸機能障害についても詳細述べてあります。
 南大隅町の放射能関連施設誘致賛成論者は放射能関連施設を誘致した場合、放射能で自分たちの子供や孫達の命も危なくなると言うことをもっと勉強してほしいな!

 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

放射性廃棄物拒否条例の町一覧

 下記のブログは南大隅町の放射能関連施設問題について、詳しく書かれています。

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

南おおすみの自然を守る会HP

 南大隅町地元辺塚の方の放射能関連産業誘致反対のブログ・・・怒っているぞ~~~

へつか屋しまこ農園様のブログ

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287   

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

 原発のない社会を目指して様のブログ

 原発のない社会を目指して

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf

サンデー毎日平成23年12月18日号P30より

 ・・・中略・・・放射性銀の「銀110m」については、海洋汚染が懸念される。NHKの報道番組では、太平洋のアワビの内臓から1キロ当たり1850ベクレルの銀110mを検出したことが報告された。・・・中略・・・銀110mの半減期は約250日。ベーター崩壊後、「カドミウム110」に変わる。カドミウムは、イタイイタイ病の原因物質である。・・・中略・・・

 半減期が250日と言って安心できるどころか、悪名高い公害病!イタイイタイ病が発症する恐れも放射性銀にあるとは!!・・・日本人はいったい何を食べて生きていったら安心なのだろうか?

 様々な放射性物質が入り混じっている放射能関連施設を、万一南大隅町に誘致した場合、鹿児島県農業は壊滅することにならないかと心配する。

核関連施設を誘致させない条例制定に反対する勢力の陳情書解析その3

 南大隅町町民の宝の浜・・・大浜の浜を町民全員で守ろう!

 南大隅町大浜沖海砂採取反対様のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/

 〇〇〇〇〇の南大隅町を〇〇〇〇〇会 発起人 0000 さんが議会に提出された質問書を拝見して思い切りのけぞりました。

 南大隅町議会議長 大村明雄 殿宛の核関連施設立地拒否条例採択についての公開質問状には・・・

 公開質問状ですから、当然南大隅町民に公開されるべき質問状ですが・・・

 のけぞり部分は・・・核関連施設立地拒否条例採択について何ものも恐れず果敢に特別委員会の中でリーダーシップをとってくださったある議員さんだけをを名指しし、攻撃している点です。

 まったく異常な質問内容で、さらに一般常識の範疇外の質問に私は驚きました。

 異常な質問の内容の一例としての質問

 放射能は低レベルでも人体に悪影響があると断言されたが、その根拠を示していただきたい。

 もうすぐ木枯らしの季節になります。空気が乾燥し西の風が強く吹くようになってきた時、当然つちぼこりや落ち葉なども舞います。

 低レベルの放射性物質の危険は・・・塵や埃に付着した放射性物質が、広範な地域に飛散したうえ、空気の中や水の中に混じり、その結果、農産物や牧草に放射性物質が付着することにつながることになります。

 元気な子供達は、砂埃の運動場で、あるいは公園で息を弾ませながら目いっぱい遊びまくります。砂に付着した低レベル放射性物質が鼻から身体の中に・・・さらに内蔵に付着し内部被爆が始まる・・・考えただけでもぞ~~っとします。
 
 その付着した放射性物質を人間が身体の中に取り込んだ場合、内部被爆することになり長い期間身体の中で放射し続け、人間の細胞が傷つけられることになることはご存知のことと思うのですが・・・

 だからこそ、放射性物質から逃れる為、わざわざ関東より遠いこの九州に大事な子供達を連れて避難している方々が大勢いるのです。

 それでも質問者の方は、放射性物質に汚染されていない、この南大隅町に低レベル放射性物質を持ち込みたいのですか?


 世界の低レベル日本の低レベル

 下記ユーチューブは東京大学の児玉龍彦先生のお話です。

児玉龍彦先生

 下記はチェリノブイリの現実です。

放射能汚染と子供達

 下記ブログ投稿は個人攻撃について記載があります。・・・町長については一般的にプライバシーはないものと一般常識的に思いますが・・・それでも個人攻撃をするな!と言うご投稿でありました。今年6月にある方から南大隅町日記にご投稿いただいた一文です。(この > ←部分の文章)皆様どうお考えになりますか?


Re: No title
> はじめましてのコメント失礼します。
> 毎回、興味深く読ませて頂いております。
> ある意味、旬の話題の原発ですが・・・もし、ここに書かれていることが事実であるとするなら当然、大隅全域の話になりますよね?
> 南大隅の町長や一部の議員で進められる話しでしょうか?
> 自分は、近隣の住人ですので町内の動きが分からないので、勘違いがあったら申し訳ありません。
> 万が一、書かれている内容が事実なのでしたら、なぜマスコミが騒がないのでしょうか?なぜ、住民が騒がないのでょうか?
> 近隣に聞こえてきていないだけでしょうか?
>
> とても、地元思いの強い・環境・自然を大切になさりたい気持ちは伝わってきますが、一部の個人を特定した誹謗中傷に受け取れることもあります。
> 原発や自然破壊に反対なのか・賛成している人に反対なのか?
> 地元でもなく、詳細も分からない自分が意見して、申し訳ありません。
>
> ぜひ、その熱い想いを直接訴えてください。
> 議員になる、または議会での質問であったり、行動してください。
> 応援いたします。


 ご指摘誠に有り難うございます。なぜ?マスコミが動かないのか?は、当事者のマスコミの人間でないものですから、その理由はわかりません。ただ3年ほど前、この件に関しては新聞に掲載されましたけど、覚えていられませんでしょうか?そして厳然たる事実として、事故前の福島原発と六ケ所村に招待され、その後、東京で宴席にあずかった方々がいたと言うことは、関係者の方から証言を得ているのですが・・・・私の日記の中には、特定の名前を記載した個人攻撃は一切ありませんが、ご投稿してくださる方の中に、たまにいられますので、そのケ所につきましては、直ちに削除します。かわごろも


 以下の内容に触れる方に警告しておきます。

 南大隅町に住民票はあるけど、実際は南大隅町に住んでいない方が存在しているのでは??との情報がありました。その後、調査しましたところ、実際は〇〇〇〇〇に生活の本拠がある方がこのほど見つかりました。

 生活の本拠地に住民票のない者に対する罰則があるのか?と言えば、住民基本台帳法により、行政罰として、過料最高5万円があります。
 さらに虚偽の届けで行為は公正証書原本不実記載罪となり、刑事事件として取り扱われ、5年以下の懲役か50万円以下の罰金刑となります。

 南大隅町は、もし?住所だけ南大隅町にある高レベル核誘致賛成論者がいるのであれば、刑事事件に発展する前、正しい生活の本拠地に住民票を移動するよう強力な行政指導を早急に行うべきだ。

 さてさて影の権力者の顔色を伺うあまり、南大隅町としての自浄作用が本当に働くのかな?

 マァ当面は高見の見物と行きましょう。

 これぐらいの問題で行政指導もできない町執行部であれば、もっと難しい課題・・・例えば公約課題である本当の町興しへチャレンジできるのかな~~~~

 現在、錦江警察署へ告発することも検討中ですので、該当者は早急に正しい生活の本拠地に住民票を移動してください。お願いいたします。

 かわごろもは、絶対罪人を作りたくありません。どうかお願いです。早急に正しい生活の本拠地に住民票を移動させてください。

 核関連施設を誘致させない条例制定に反対する勢力の陳情書解析その4へと続く・・・

 橋口由布子氏:鹿児島県の自殺~目を覚ませ県民よ! 南大隅よ!~(前半)

 http://eritokyo.jp/independent/hashiguchi-kago0001.html

 橋口由布子氏:鹿児島県の自殺~目を覚ませ県民よ! 南大隅よ!~(後半)

 http://eritokyo.jp/independent/hashiguchi-kago0002.html
  
 橋口さんは池田さんの大学時代の後輩で、福島原発事故以降、青山の自宅近くの東京都目黒区から子どもを連れ鹿児島に移住されているそうです。

 南大隅町議会の核関連事項の内容がIWJでご覧いただけます。

南大隅町議会核関連請願採択

 今後、核関連施設立地拒否条例制定に関する特別委員会がいつ頃開催されるのか?まだまだ油断がなりませんので、引き続き議会を注視していきたいと思います。

 下記アドレスは、お医者様の書いた論文です。甲状腺嚢胞の発生比率の比較。長崎、チェルノブイリの子どもたちと福島の子どもたちの発生比率。呼吸機能障害についても詳細述べてあります。
 南大隅町の放射能関連施設誘致賛成論者は放射能関連施設を誘致した場合、放射能で自分たちの子供や孫達の命も危なくなると言うことをもっと勉強してほしいな!

 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

放射性廃棄物拒否条例の町一覧

 下記のブログは南大隅町の放射能関連施設問題について、詳しく書かれています。

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

南おおすみの自然を守る会HP

 南大隅町地元辺塚の方の放射能関連産業誘致反対のブログ・・・怒っているぞ~~~

へつか屋しまこ農園様のブログ

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287   

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf

サンデー毎日平成23年12月18日号P30より

 ・・・中略・・・放射性銀の「銀110m」については、海洋汚染が懸念される。NHKの報道番組では、太平洋のアワビの内臓から1キロ当たり1850ベクレルの銀110mを検出したことが報告された。・・・中略・・・銀110mの半減期は約250日。ベーター崩壊後、「カドミウム110」に変わる。カドミウムは、イタイイタイ病の原因物質である。・・・中略・・・

 半減期が250日と言って安心できるどころか、悪名高い公害病!イタイイタイ病が発症する恐れも放射性銀にあるとは!!・・・日本人はいったい何を食べて生きていったら安心なのだろうか?

 様々な放射性物質が入り混じっている放射能関連施設を、万一南大隅町に誘致した場合、鹿児島県農業は壊滅することにならないかと心配する。

核関連施設を誘致させない条例制定に反対する勢力の陳情書解析その2

 非常にわかりにくい署名活動が南大隅町各地域に広がっています。

 とても危険で大変なことです。

 南大隅町に友人・知人・親戚のある方々は、この危険な署名簿に署名しないように、お電話をお願いいたします。

 まず署名の標題に注目!

 「福島がれき処分場受け入れ拒否条例」に反対する署名となっています。

 南大隅町の良心的な方々より、かわごろも宛に反対署名したからね!とご連絡があったからこそ発覚した署名簿!

 署名された方々にお話をよくお聞きすると・・・

 放射能汚染土などを南大隅町に持ち込むと子供たちの健康被害・・・特に甲状腺がんの心配があるから放射能関連を持ち込ませない為に反対署名したからとのこと・・・

 純朴な方々が勘違いしたまま署名した署名簿はいずれ議会事務局に提出されるであろうが・・・・


 署名簿の中の文言に注目!

 質問状

 00議員に対する????がれきに放射能を含むとする根拠をしめせ・・・

 まず署名簿発起人さん自ら、なぜ?放射能ガレキ・放射能汚染土が安全なのか?を公表すべき問題です。

 自分は放射能ガレキ・放射能汚染土の安全性を全く証明していないのに・・・他人に対しては??

 理論も何も無い、いつもの得意とする問題点のすり替え論議が始まっています。

 とんでもなく、もう無茶苦茶な状態です。以上の無茶苦茶理由から、まず札幌市長さんがガレキ問題をどのように考えているのか?署名簿発起人さんもよ~~く読んで参考にしていただければ幸いです。


 東日本大震災により発生したがれきの受入れについて東日本大震災から一年が過ぎました。地震と津波による死者・行方不明者が18,997 人という未曽有の大災害は、福島第一原子力発電所の大事故とともに、今なお人々の心と生活に大きな影を落としています。改めて被災者の皆さま方に心からお見舞い申し上げ、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。震災から一年後となる、今年の3 月11 日前後、テレビの画面に繰り返し映し出されたのは、膨大ながれきの山と、その前に呆然と立ちすくむ被災者の姿でした。これを視聴した多くの人々の心には、「何とか自分達の町でもこのがれき処理を引き受けて早期処理に協力できないか」という、同胞としての優しい思いと共感が生まれたものと思います。
 政府は、岩手県・宮城県の震災がれき約2,045 万トンのうち、20%に相当する約401 万トンを被災地以外の広域で処理するという方針を出し、今、その受入れの是非に関する各自治体の判断が、連日のように新聞紙上等をにぎわせています。
 私は、これまで、「放射性物質が付着しないがれきについては、当然のことながら受け入れに協力をる。しかし、放射性物質で汚染され安全性を確認できないがれきについては、受入れはできない。」と、市長としての考えを述べさせていただきました。
 『放射性廃棄物は、基本的には拡散させない』ことが原則というべきで、不幸にして汚染された場合には、なるべくその近くに抑え込み、国の責任において、市民の生活環境に放射性物質が漏れ出ないよう、中的かつ長期間の管理を継続することが必要であると私は考えています。非常時であっても、国民の健康と生活環境そして日本の未来を守り、国内外からの信頼を得るためには、その基本を守ることが重要だと思います。
 国は、震災がれきの80%を被災地内で処理し、残りの20%のがれきを広域で処理することとし、今後2 年間での処理完了を目指しています。
 これに対し、「現地に仮設処理施設を設置し精力的に焼却処理することで、全量がれき処理が可能であり、また輸送コストもかからず、被災地における雇用確保のためにも良い」という意見も、被災県から述べられ始めています。
 また放射性物質についてですが、震災以前は「放射性セシウム濃度が、廃棄物1kg あたり100 ベクレル以下であれば放射性物質として扱わなくてもよいレベル」だとされてきました。しかし現在では、「焼却後8,000 ベクレル/ kg 以下であれば埋立て可能な基準」だとされています。「この数値は果たして、安全性の確証が得られるのか」というのが、多くの市民が抱く素朴な疑問です。全国、幾つかの自治体で、独自基準を設けて引き受ける事例が報道され始めていますが、その独自基準についても本当に安全なのか、科学的根拠を示すことはできてはいないようです。
 低レベルの放射線被ばくによる健康被害は、人体の外部から放射線を浴びる場合だけではなく、長期間にわたり放射性物質を管理する経過の中で、人体の内部に取り入れられる可能性のある内部被ばくをも想定しなければならないといわれています。
 チェルノブイリで放射線障害を受けた子ども達の治療活動にあたった日本人医師(長野県松本市長など)をはじめ、多くの学者がこの内部被ばくの深刻さを語っています。放射性物質は核種によっても違いますが、概ね人間の寿命より、はるかに長い時間放射能を持ち続けるという性質があります。そして誰にも「確定的に絶対安全だとは言えない」というのが現状だと思います。
 札幌市の各清掃工場では、一般ごみ焼却後の灰からの放射性物質の濃度は、不検出あるいは1 キログラム当たり13 ~ 18 ベクレルという極めて低い数値しか出ておりません。私たちの住む北海道は日本有数の食糧庫であり、これから先も日本中に安全でおいしい食糧を供給し続けていかなくてはなりません。そしてそれが私たち道民にできる最大の貢献であり支援でもあると考えます。
 私も昨年4 月、被災地を視察してきました。目の前には灰色の荒涼たる街並みがどこまでも続き、その爪痕は、あまりにも悲しく、そしてあまりにも辛い光景で、今も私のまぶたに焼き付いています。
 また私は、若い時に福島に1 年半ほど生活していたことがあり、友人も沢山います。福島は、桃やリンゴなどの優れた農作物で知られており、それらを丹精こめて生産されている人々が、愛着のある家や畑から離れなければならない、その不条理と無念さに、私は今も胸を締め
つけられるような思いでいます。
 札幌市はこれまで、心やさしい市民の皆様方とともに、さまざまな支援を行ってまいりました。今なお札幌では、1,400 人を超える被災者を受け入れており、あるいは一定期間子どもたちを招いて放射線から守る活動などにも積極的に取り組んできたところです。そのほか、山元町への長期派遣をはじめとした、延べ1,077 人に及ぶ被災地への職員派遣、等々。今までも、そしてこれからも、札幌にできる最大限の支援を継続していく決意に変わりはありません。
 またこのところ、震災がれきの受け入れについて、電話やファクス、電子メールなどで札幌市民はもとより、道内外の多くの方々から、賛同・批判それぞれの声をお寄せいただき、厳しい批判も多数拝見しています。ご意見をお寄せいただいた方々に感謝を申し上げます。これらのご意見を踏まえ、何度も自問自答を繰り返しながら、私は、「市長として判断する際に、最も大事にすべきこと、それは市民の健康と安全な生活の場を保全することだ」という、いわば「原点」にたどり着きました。
 私自身が不安を払拭できないでいるこの問題について、市民に受入れをお願いすることはできません。
 市民にとって「絶対に安全」であることが担保されるまで、引き続き慎重に検討していきたいと思っています。
2012 年3 月23 日
札幌市長 上田文雄
札幌市/東日本大震災に伴う札幌市の対応
札幌市長の考えhttp://www.city.sapporo.jp/seiso/saigaihaikibutu.htmlより
「震災がれき」を考える-2

 市民の安全を守る首長として、当然のことを淡々と札幌市長は答えています。偉い!

 署名発起人さんがこれでもお分かりいただけない場合、ガレキ問題について、第2弾・第3弾と南大隅町日記に掲載し説明をします。

 橋口由布子氏:鹿児島県の自殺~目を覚ませ県民よ! 南大隅よ!~(前半)

 http://eritokyo.jp/independent/hashiguchi-kago0001.html


 橋口由布子氏:鹿児島県の自殺~目を覚ませ県民よ! 南大隅よ!~(後半)

 http://eritokyo.jp/independent/hashiguchi-kago0002.html
  
 橋口さんは池田さんの大学時代の後輩で、福島原発事故以降、青山の自宅近くの東京都目黒区から子どもを連れ鹿児島に移住されているそうです。

 南大隅町議会の核関連事項の内容がIWJでご覧いただけます。

南大隅町議会核関連請願採択

 今後、核関連施設立地拒否条例制定に関する特別委員会がいつ頃開催されるのか?まだまだ油断がなりませんので、引き続き議会を注視していきたいと思います。

 下記アドレスは、お医者様の書いた論文です。甲状腺嚢胞の発生比率の比較。長崎、チェルノブイリの子どもたちと福島の子どもたちの発生比率。呼吸機能障害についても詳細述べてあります。
 南大隅町の放射能関連施設誘致賛成論者は放射能関連施設を誘致した場合、放射能で自分たちの子供や孫達の命も危なくなると言うことをもっと勉強してほしいな!

 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

放射性廃棄物拒否条例の町一覧

 下記のブログは南大隅町の放射能関連施設問題について、詳しく書かれています。

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

南おおすみの自然を守る会HP

 南大隅町大浜沖海砂採取反対様のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/

 南大隅町地元辺塚の方の放射能関連産業誘致反対のブログ・・・怒っているぞ~~~

へつか屋しまこ農園様のブログ

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287   

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf

サンデー毎日平成23年12月18日号P30より

 ・・・中略・・・放射性銀の「銀110m」については、海洋汚染が懸念される。NHKの報道番組では、太平洋のアワビの内臓から1キロ当たり1850ベクレルの銀110mを検出したことが報告された。・・・中略・・・銀110mの半減期は約250日。ベーター崩壊後、「カドミウム110」に変わる。カドミウムは、イタイイタイ病の原因物質である。・・・中略・・・

 半減期が250日と言って安心できるどころか、悪名高い公害病!イタイイタイ病が発症する恐れも放射性銀にあるとは!!・・・日本人はいったい何を食べて生きていったら安心なのだろうか?

 様々な放射性物質が入り混じっている放射能関連施設を、万一南大隅町に誘致した場合、鹿児島県農業は壊滅することにならないかと心配する。



プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR