臨時のお知らせ!南大隅町が話題に・・・

 4月14日に投開票される町長:町議選について、今度は騙されないぞ!と言う心意気で町民の皆様ご自身が支持する立候補者の方に以下2点の質問をぶっつけてみてください。

 平成26年度以降海砂採取問題について・・・・

 高レベル核廃棄物処分場や原発使用済み核燃料中間貯蔵施設等の核関連施設誘致問題について・・・

 1つめの質問・・・大浜沖海砂採取は、平成25年度に限って採取はできないようになりましたが、各立候補者当選後の平成26年度以降、大浜沖海砂採取の許可に前向きなのか?絶対に許可しない方向なのか?質問してみてください。そしてさらに、町民の皆様が支持する候補が正々堂々と公約で明確に町民に対し示すことができるのか?も質問してみてください。

 2つめの質問・・・南大隅町に高レベル核廃棄物処分場や原発使用済み核燃料中間貯蔵施設等の核関連施設を永久に誘致しないと公約できるのか?できないのか?質問してみてください。そしてさらに、町民の皆様が支持する候補が正々堂々と公約で明確に町民に示すことができるのか?も質問してみてください。

 南大隅町民にとって一番大事な問題を、前回は当選したあとコソット施策としてもろもろ打ち出しました。今度の選挙は絶対に後出しジャンケンを防止する意味からも、上記質問を候補者に必ずぶっつけてみてください。

 一体全体、真っ直ぐ明確に公約で示せる本当の薩摩隼人候補が何人いるかな~~~心配だ!

 男だったら、あのずる賢い候補者も正々堂々真っ直ぐ明確に公約すべき・・・当選後、あ~~~でもない!こうでもない!と屁理屈つけて海砂採取許可を出してみたり・・・あるいは、国が核関連施設誘致に南大隅町までわざわざお願いにきた上、佐多岬買収問題では大変お世話になったし~~~と、まるで他人事みたいに言う輩の再発防止と、おとこんくっされよな輩を無くすためにも公約で示させる必要がある。


 小出先生と山本太郎さんの話の中に南大隅町の高レベル誘致問題が出てきます。下記をクリックし、見てみてください。

京都大学の小出先生と山本太郎さん


山本太郎さんと広瀬隆さんの放射能に関するDVD購入なら


広瀬隆さんの日々雑感ブログ

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

橋口由布子氏:鹿児島県の自殺~目を覚ませ県民よ! 南大隅よ!~(前半)

 http://eritokyo.jp/independent/hashiguchi-kago0001.html

 橋口由布子氏:鹿児島県の自殺~目を覚ませ県民よ! 南大隅よ!~(後半)

 http://eritokyo.jp/independent/hashiguchi-kago0002.html
  
 橋口さんは池田さんの大学時代の後輩で、福島原発事故以降、青山の自宅近くの東京都目黒区から子どもを連れ鹿児島に移住されているそうです。

 下記アドレスは、お医者様の書いた論文です。甲状腺嚢胞の発生比率の比較。長崎、チェルノブイリの子どもたちと福島の子どもたちの発生比率。呼吸機能障害についても詳細述べてあります。
 南大隅町の放射能関連施設誘致賛成論者は放射能関連施設を誘致した場合、放射能で自分たちの子供や孫達の命も危なくなると言うことをもっと勉強してほしいな!

 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

 下記のブログは南大隅町の放射能関連施設問題について、詳しく書かれています。

南おおすみの自然を守る会HP

http://ameblo.jp/hayatospa/

子供を放射能から守る会:鹿児島

かざしも

 南大隅町地元辺塚の方の放射能関連産業誘致反対のブログ・・・怒っているぞ~~~

へつか屋しまこ農園様のブログ

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287   

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

 原発のない社会を目指して様のブログ

 原発のない社会を目指して

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf

サンデー毎日平成23年12月18日号P30より

 ・・・中略・・・放射性銀の「銀110m」については、海洋汚染が懸念される。NHKの報道番組では、太平洋のアワビの内臓から1キロ当たり1850ベクレルの銀110mを検出したことが報告された。・・・中略・・・銀110mの半減期は約250日。ベーター崩壊後、「カドミウム110」に変わる。カドミウムは、イタイイタイ病の原因物質である。・・・中略・・・

 半減期が250日と言って安心できるどころか、悪名高い公害病!イタイイタイ病が発症する恐れも放射性銀にあるとは!!・・・日本人はいったい何を食べて生きていったら安心なのだろうか?

 様々な放射性物質が入り混じっている放射能関連施設を、万一南大隅町に誘致した場合、鹿児島県農業は壊滅することにならないかと心配する。


今度の選挙は騙されないぞ!キッチリ海砂問題も核問題も公約で示せ!その1

  怪文書に対する解答ルパンの答えは?その3
 南大隅町民の皆様へ!

 4月14日に投開票される町長:町議選について、今度は騙されないぞ!と言う心意気で町民の皆様ご自身が支持する立候補者の方に以下2点の質問をぶっつけてみてください。

 平成26年度以降海砂採取問題について・・・・

 高レベル核廃棄物処分場や原発使用済み核燃料中間貯蔵施設等の核関連施設誘致問題について・・・

 1つめの質問・・・大浜沖海砂採取は、平成25年度に限って採取はできないようになりましたが、各立候補者当選後の平成26年度以降、大浜沖海砂採取の許可に前向きなのか?絶対に許可しない方向なのか?質問してみてください。そしてさらに、町民の皆様が支持する候補が正々堂々と公約で明確に町民に対し示すことができるのか?も質問してみてください。

 2つめの質問・・・南大隅町に高レベル核廃棄物処分場や原発使用済み核燃料中間貯蔵施設等の核関連施設を永久に誘致しないと公約できるのか?できないのか?質問してみてください。そしてさらに、町民の皆様が支持する候補が正々堂々と公約で明確に町民に示すことができるのか?も質問してみてください。

 南大隅町民にとって一番大事な問題を、前回は当選したあとコソット施策としてもろもろ打ち出しました。今度の選挙は絶対に後出しジャンケンを防止する意味からも、上記質問を候補者に必ずぶっつけてみてください。

 一体全体、真っ直ぐ明確に公約で示せる本当の薩摩隼人候補が何人いるかな~~~心配だ!

 男だったら、あのずる賢い候補者も正々堂々真っ直ぐ明確に公約すべき・・・当選後、あ~~~でもない!こうでもない!と屁理屈つけて海砂採取許可を出してみたり・・・あるいは、国が核関連施設誘致に南大隅町までわざわざお願いにきた上、佐多岬買収問題では大変お世話になったし~~~と、まるで他人事みたいに言う輩の再発防止と、おとこんくっされよな輩を無くすためにも公約で示させる必要がある。


 2011年3月11日発生した地震と津波による福島原発事故は福島県民の方々に今もって放射能が深刻な影響を与えています。

 ある方は、南大隅町に核を誘致したい!核を誘致したい!と商工会会長時代からコソット!したい!したい!病に罹っていましたとさ!

 影の声・・・・そりゃ~~六ケ所村に行ってご馳走食べた恩義があるけんね~~~生まれそだった根占の恩義より、東京の夜の恩義があるもんね~~~~

 この方、今までバラ色の話だけを町民に説明していたのか?高レベル核廃棄物処分場や原発使用済み核燃料中間貯蔵施設の危険性についての説明は一切町民にしていません。

 危険性については、2010年12月20日付の南大隅町日記に書いています。この頃、声をあげ反対運動をしていたのは、肥後たかし氏と数名の仲間達だけでした。

 もちろん、したい!したい!病のこの方と議会の権力者は、この時点でも誘致に前のめり状態でしたので、怪文書氏はいつ頃から誘致シタクナイ!シタクナイ!病に罹ったのか?・・・・さてさて、まだまだ検証は続く・・・・


2010年12月20日の南大隅町日記より転載(福島原発爆発事故を予言しているかのような内容に注目)

 しかし万一、高レベル核廃棄物処分場や原発使用済み核燃料中間貯蔵施設が南大隅町に誘致された場合、川内原発を参考にして見てみればわかると思うが24時間警備体制が敷かれるはず、誘致が実現すれば警察の方々も大変な激務とストレスを抱えることになるのでは??

 誘致された場合、辺塚と大中尾の中間の誘致場所に錦江警察署も交番を設けなくてはならないだろうな?まだ川内の原発は各方面の景色が楽しめるけど、四方を山に囲まれた誘致場所で勤務する警察官の方々は大変だろうな!

 だって原発の使用済み核燃料は電気を使用しプールを循環し、核燃料をせめて50年ほど冷やさなければならないのに、万一停止した場合、その瞬間から臨界に達し、大変な核爆発を引き起こすから、テロリストのターゲットにもなりやすいだろうし、もし自衛隊の方々が辺塚で演習を行っているとき、テロリストが電気を止めれば・・

 考えただけでもゾーッとする悲惨な光景が・・・・はたして、誘致賛成の方々は最悪の事態も考え、それでも誘致賛成と言っているのだろうか?まさか自分のことだけしか考えてなかったりして・・・


 次は南大隅町議会権力者の方の住民投票の件です。

 2011年1月27日付の南大隅町日記より転載

 昨年12月1日に報道された内容によれば、串間市の野辺修光市長が原子力発電所の立地の是非を問う住民投票を4月10日に予定されている宮崎県議会議員選挙に合わせ実施するそうだ。

 その一方、南大隅町でも同じ月の12月議会に高レベル核廃棄物処分場誘致の陳情と核中間貯蔵施設の誘致の陳情が提出され、その後、議会関係者より、南大隅町においても賛否を問う住民投票を実施したいと言う話があったことは、以前、南大隅町日記にも書いたとおりなのだが・・・・・・・

 筆者はこの二つの似通った動きに何らかのつながりがあるのでは?と思い胸騒ぎが・・・・・・・
 
 なにか?腑に落ちない!・・・・まるで串間市と南大隅町が連動して動いているような・・・・もしかしたら、串間市の原発立地推進論者の関係者が南大隅町に居住しているのでは???

 もしかしたら?その居住者と南大隅町議会の関係者??に近い方が?昵懇のなかではないのだろうか??刎頚の友???とにかく一連の動きがおかしい!

 2011年1月30日付の南大隅町日記は、もし、南大隅町に核誘致し被爆した場合の危険性をいち早く、町民の皆様に伝えています。

 福島原発事故で被爆した方々の補償は現在でも遅々として進んでいません。

 もし、南大隅町に核を誘致し核事故があった場合、現在の福島県民の被災者の方と同じ待遇・同じ境遇になる可能性が大きいのです。

 以下当時の南大隅町日記より転載

 2011年1月30日付の南大隅町日記より転載


 鹿児島市で開催される高レベル核廃棄物処分シンポジュウムの件で、我が南大隅町議会も、どうやら動きだしたらしい??

 鹿児島で開催された核に関するシンポジュウム

 昨年12月17日東京都江東区で開催された高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムの模様が本日(平成23年1月30日)付の朝刊に掲載された。

 これまで南大隅町日記に記載していたキーワードのオンパレードに、思わず笑ってしまった。そのキーワードは、(1)限界集落(2)福祉施設の立地(3)自分達は町のためにいいことをしているんだと言う主張・・・マァなんと上(主催者)から下(南大隅町の核誘致論者)までオウム返しのごとく同じ主張、同じ論法・・・・金太郎アメみたい・・・(影の声・・・立派な発言をされるパネリストの方々に一言、言いたい。・・・・パネリストの皆さんは、まず自分の生まれ育った町に出かけ、高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムで発言した内容を、ふるさとの人々に話をし、自分のふるさとに高レベル放射性廃棄物処分場を誘致するため頑張りたいと、旗をふっていただきたい。その覚悟があっての発言だろうか??)

 まずパネリストとして責任ある発言をするのであれば、当然パネリストそれぞれのふるさとで高レベル放射性廃棄物処分場誘致を訴えるべきでは???そのことが本当の意味で責任ある発言である。(影の声・・都会育ちで田舎がないの!といわれる方は、父の出身地・祖父の出身地・母の出身地・祖母の出身地を、まず説得されることをお勧めする。

南大隅町の議会関係者は2月25日鹿児島市で開催される高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムに何人ぐらい出席するのかな~・・・役場関係者は何人ぐらい出席するのかな~・・・高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムから帰ってきたら、限界集落解消のため核誘致したいとか、南大隅町財政再建のため核誘致したいとか、超高齢化自治体の南大隅町に福祉施設の建設をするため核誘致したいと言うのかな~

 そういえば、昔々やくざ映画真っ盛りの頃、映画館から出てきた若者は皆肩をいからして歩いていたっけ・・・あの現象と同じ現象が・・・例えば、かねて無口なあの議員も、飲むと饒舌なあの議員も、南大隅町に福祉施設を建設するため、核誘致を是非したいと鼻を膨らませながら言うのかな~

 こんな軽い内容の高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムであれば、仕事をほっぽってまで、別に鹿児島市まで聞きに行くほどの価値はないな~と筆者は判断した。

 その一方、高レベル放射性廃棄物処分場を受け入れないと言う市町村の条例化に対し、高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムにおけるパネリスト発言は国民を愚弄しているのでは?と勘違いするほどの内容が・・・その発言内容とは?

 高レベル放射性廃棄物処分場を受け入れないと言うことを条例化した市町村に対し、政治に無関心であることと関係ない話ではないと言い切っている。

 (ああそう言えばつい2012年暮頃まで、条例化について全く同じ主張を金太郎アメのごとく訴えていた方がいたっけ?黒幕の受け売りと言うことがバレバレジャン!心配だ!)

 冗談じゃない!政治に関心があるからこそ、反対しているんだ。日本の原発企業が東南アジアに原発を輸出する見返りに東南アジア諸国から、高レベル放射性廃棄物は日本側で引き取ってくれ!と言う条件の話があることは、新聞の政治・経済欄に掲載されている非常に深刻な問題だ。

 被爆国日本をさらにさらに核の墓場にするつもりか?

 日本国中の高レベル放射性廃棄物処分問題も解決していない中、外国の高レベル放射性廃棄物処分まで日本に押し付けられることとなると、国内政治だけの問題ではなく、国際政治問題に発展する可能性もあるのでは????

 高レベル放射性廃棄物処分場の風評被害で、農産物の価格が下がるようなことがあれば、その地域の米は適正価格で国が買い取り続ける方法もあるとパネリストの方が言っているが、放射能汚染による健康被害や身分制度の時代に逆戻りするかもしれない健康被害による差別に対しては、一切触れていない。(影の声・・・そりゃ~~ツゴン ワリコチャ ユモンカ・・・ジャッネ!ジャッネ!ジャッネ!)

 HIVしかり、B型肝炎しかり、水俣病しかり、イタイイタイ病しかり・・・・これらの公害に対し、国も企業も因果関係がない!と言って被害患者を何年も何十年も苦しめたことを忘れたのか?

 今後、高レベル放射性廃棄物処分場の町で発生した甲状腺ガンをはじめとする種々のガンや奇形児出産や流産等に関し、まったく因果関係は問わず、健康被害は全部国の責任で補償すると言う約束ができるのか?病院代や仕事ができなくなったことに対する生活補償を子々孫々まで補償すると言う覚悟があるのか?他地域から差別を受け、結婚できない問題が発生した場合、子々孫々まで補償すると言う約束ができるのか?等・・・・もちろん立地協定書にきっちり明記し、重要書類として残す覚悟があるのか?

 故郷を愛する者はカネでは無いと言うことが為政者はわかっていない!一部の人は、カネで解決できるのであれば、故郷を高レベル放射性廃棄物処分場に売っても良いと考えている人もいるのは確かにいるだろうが・・・

 しかし正面からそんな本音は言えないので、南大隅町発展のためにも・・・・限界集落をなくすためにも・・・高齢者の町、充実した福祉施設を建設するためにも・・・お国のためにも・・・と言うような美辞麗句の枕詞を並べ、誘致に奔走している方々も実際にはいるだろう。

 以上のような方々は、高レベル放射性廃棄物処分シンポジュウムだけを利用し知識を得るのではなく、いわゆる官製の知識だけでなく、自分の力で書籍でも購入し、勉強しているのか非常に疑問????

 しかし立派なカラー広告・・・この1紙だけで、すくなくとも500万円~2000万円はかかっているのでは???こんなにお金があるんだったら、伊達直人になって、困っている人を助けてほしいな~~~立派?なことを発言している方々もボランティアとして出席しているのではなく、パネリストとしてお金もらったのかな~~~

 南大隅町をはじめとする鹿児島県農業は、雪害・桜島や新燃岳の火山灰・鳥インフルエンザ等で正月明けからダブルパンチ・トリプルパンチだ。本当に??地方を心配していただくのであれば、このような広告費を雪害・桜島や新燃岳の火山灰・鳥インフルエンザ等で困っている農家に寄付してほしい。

 寄付すること自体、法律の改正をしないことにはなかなか難しいと言う屁理屈が存在するのであれば、それでは、雪害や霜害にあったキヌサヤエンドウを、雪害や霜害にあっていない農産物と同じ価格で買い取り、福祉施設の子供達に食べさせていただきたい。(影の声・・・雪害や霜害にあったキヌサヤエンドウは湯がきさえすれば、雪害や霜害にあったことさえ、わからないぐらいになり、味も最高!)

 福祉に力をいれたいと言う旨の意見を、立派な肩書きをお待ちのパネリストの皆さん方が述べているのだから、まず、農家の福祉&福祉施設に対する福祉、これこそ一挙両得では?・・・ん~なかなか日本も捨てたもんじゃないぞ!

 景気の悪い時代、消費税を上げなければならないぐらい国が逼迫している時、なぜ?このような広告費が事業仕分けの対象にならなかったのかな~~~

 就職氷河期で就職先がない大学生の方々に、このようなお金を生かすことはできなかったのかな~~~

BS1・NHKにおいて、下記番組が2月16日放送されます。核の怖さを知らない方々に是非視聴していただきたいお勧めの番組です。

NHKドキュメンタリー
地下深く 永遠(とわ)に ~核廃棄物 10万年の危険~

核廃棄物10万年の危険


   原発がきて柏崎市はどうなったか? 

 怪文書に対する解答ルパンの答えは?その4へと続く・・・・果たして誰が積極的に条例制定に関わったのかな?バレバレが、た・の・し・み

山本太郎さんと広瀬隆さんの放射能に関するDVD購入なら

広瀬隆さんの日々雑感ブログ

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

怪文書に対する解答ルパンの答えは?その2

ガレキ焼却に関し環境大臣への質問状

 流布されている怪文書の文言中に・・・・福島第一原発事故に伴う汚染土等の放射能関連施設の誘致は絶対反対か?平成24年12月議会で「南大隅町放射性物質等受入拒否及び原子力関連施設の立地拒否に関する条例」の制定により、更に透明性のある反対の意思表示であります。・・・云々

 解答ルパンの答え・・・薩摩隼人の考え方なのか?おとこんん腐っされんよな?考え方なのか?以下の文章を検証してみます。

  中略・・・更に透明性のある反対の意思表示・・・の部分。

 まるで、ひとごとみたいな言い回しですね。
 
 ウソ!ぽ~~~んだよ!と人を小馬鹿にしているような言い回しですね。

 自分の考え方と違う発言をする人が使う独特の回りくどい言葉の使い方ですね。

 一体誰が誰に向かって更に透明性のある反対の意思表示をしているのか?

 この怪文書氏、何を持って透明性を立証できたと思っているのか?

 誰に向かって更に透明性のある反対の意思表示でありますと訴えたいのか?さっぱりわからん。

 誰がこの条例制定に至るまで本当に難儀し、そして主導したのか?を含め、解答ルパンは過去の南大隅町日記で条例制定に至るまでの軌跡を辿ってみます。

 南大隅町日記を書いていてよかったな~~~~

 誰も今さらウソをつくことはできないぞ~~~~~

 ウソつきは泥棒のはじまりだぞ~~~~

 マァ~~~~解答ルパンの回答予想は肥後たかし氏のふるさとを思う地道な活動がなければ・・・・

 さらに請願書に署名・押印をいただいた6名の武士(議員さん達)がいなければ・・・・

 条例制定については、3回~4回ぐらいの連載になる予定です。最終の回答を、お・た・の・し・み・に

 福島原発事故まで残り7日前の2011年3月4日の南大隅町日記を振り返り検証してみます。

 ある議会の権力者が肥後たかし氏に対し、2011年4月に放射性廃棄物を誘致するのに賛成か?反対か?住民投票で決めようじゃないか?と自信満々に発言した根拠になりそうな問題も当時ありましたので、読者の皆様はそのような背景を深読みしながら見てください。

 なお、この議会の権力者・・・・利口なのか?ずる賢いのか?なかなか自分では前面にでず、裏でコソコソしている御仁です。

 実はこの当時、南大隅町議会権力者と同じような発言をしていた方が奇しくも存在していたのです。

 それは・・・宮崎県串間市の市長さんだったのです。この市長さん振り上げた拳の先で!原発誘致を住民投票で決めようじゃないか!と言って騒動になっていた時期です。

 アチコチで手を挙げさえすれば、核誘致反対運動もゲリラ戦法で吹っ飛ぶさ!と言ったのか?言わなかったのか?でもつながりのきな臭い臭いがする。

 九電つながり???

 以上のような厳しい環境の中、あの有名な?放射性廃棄物関連施設誘致論者の方が提出した放射性廃棄物の誘致に関する陳情書と肥後たかし氏が先頭にたち、いかなる放射性廃棄物関連施設誘致にも反対する陳情書が議会に提出されました。

 当時は非常に緊迫していた状態でした。

 もしかしたら?福島原発事故さえなければ、議会の権力者が自信満々に肥後たかし氏に話をしたように、放射性廃棄物の誘致に関する陳情書が優先され採択された可能性が高いのではないかと思います。

 以上の点を前提に以下をお読みください。


 緊急!
 放射性廃棄物施設等の陳情に関する審査特別委員会が、いよいよ3月11日に開催されるそうです。南大隅町出身者の皆様!是非、お知り合いの議員さんに、3月10日までに核誘致反対の電話をお願いいたします。

いよいよ経済産業省資源エネルギー庁が新年度4月中旬より全国4ケ所、高レベル核廃棄物処分地選定の文献調査の申し入れをするそうです。いよいよ南大隅町に核が上陸するかも???南大隅の農業の危機到来??南大隅町当局は核誘致をしたいのであれば、まずは町民に信を問え!

 全国の旧佐多町・旧根占町・旧田代町・旧大根占町・旧内之浦町・旧吾平町・旧高山町・旧串良町・鹿屋市・垂水市・東串良町の皆様、ふるさとを核誘致から守るため、南大隅町の議員さんに核誘致反対のお電話をお願いいたします。

 南大隅町議会だより第23号を斜め読みしてみれば???・・・

(1)九州電力が南大隅町辺田大川に水力発電所を建設??
 町長答弁・・・平成20年度から各種???調査が始まっている。調査内容は、地表踏査??及び電気探査??平成21 年度はボーリング調査を3ケ所??・・・・調査はあくまでも発電施設建設の可能性調査??と言うことです・・ の答弁                   ↓     ↓
              ふ~~ん、わざわざ、あ・く・ま・で・も・がついている。なぜ?かな?


(2)放射性廃棄物施設等の陳情に関する審査特別委員会???
 審査特別委員会は1名の議員を除いた??委員会???なぜ?1名除く必要があるのかな~~~
↓ ↓ ↓     ↓     ↓     ↓    ↓
放射性廃棄物施設等の陳情に関する審査特別委員会は3月11日の日です。執行部側は開かれた議会!是非傍聴にきて!と言うぐらいですから、傍聴はできると思いますが、傍聴については、傍聴できるのか?議会事務局にお尋ねになってから、傍聴をお願いいたします。


 保阪正康氏(ほさか まさやす)・・・・肩書き・・ノンフィクション作家・評論家・日本近現代史研究者が3月13日号のサンデー毎日に寄稿。

 歴史を紐解いてみれば、菅首相は軍人宰相に近いタイプと指摘。

 中略・・・菅政権後の政党の姿が不透明な中、国民は政治とどう向き合えばいいのかとの問いに、保阪氏は無私ではなく、しっかりとしたアイデンティティを確立すべきだと訴える。

 中略・・・戦後の日本は経済大国を目指すというアイデンティティがありました。ところが平成に入って景気は後退し、確かな目標を失った国民は航海図を持たない社会に直面しています。その中でどう生きるかが試されている。

 中略・・・しかし、国に決めてもらえればいいと考える人、つまり”私”を持たない無私の人ばかりだとファシズムを再来させかねない。・・・・と保阪正康氏は警鈴を鳴らします。

 さてさて今後は、高レベル核廃棄物処分場立地も核中間貯蔵施設の立地も、国が各自治体に直接働きかけ、核処分場の立地・建設を推進する方法に変更になるとか・・・・

 筆者が心配するのは、無私の首長だったり、執行部だったり、議会だった場合、へへ~~っ!お上(国)の言われることに全く問題はなく間違いありません・・へへ~~っ!是非とも、核処分場を、南大隅町に建設してくださいと言ってしまわないかと心配する。

 さて九電の水力発電計画・・・そのまま素直に喜べない???なぜ??答弁・・・平成20年度から各種???調査が始まっている。調査内容は、地表踏査??及び電気探査??平成21 年度はボーリング調査を3ケ所??・・・・調査はあくまでも発電施設建設の可能性調査??と言うこと・・ の答弁・・・

 疑!疑!・・・まさか?核処分場を誘致するため、水力発電を隠れ蓑にして調査しているのでは?

 ここに平成20年6月18日付け三重県議会の宮川流域の水力発電の資料があります。問題は2点

 その1、水力発電所で使う水で水田に使う水が枯渇するのではないか?
※もし、水力発電所が出来るのであれば、漁業者と水濁度について覚書を取り交わす前に、農業者と水の枯渇と水 濁度について覚書を交わすのがスジだし先だ!

 その2、水力発電所から放流される水濁度が20度を超える場合、漁業補償費は1億5千万円
※ピ~ン!アッハ~~ン!高レベル核を誘致させやすい土壌(核誘致賛成多数派工作?)育成のため、水力発電で漁 業補償???・・・・高レベル核誘致ニンジン作戦深く潜行し遂行中????

※え~~~~三重県では、漁業補償があるのに、雄川発電所で発生した、水濁度が20度を超える場合、根占地区水 田・大根占地区水田を耕作する農業者の方々には補償金はないのかな~~~両根占水利組合が窓口になり、水濁 度が20度を超える場合の補償問題を緊急に協議すべきでは・・・

 九電は雄川水力発電所排水口と南大隅町役場と錦江町役場に、デシダルの水濁度計を早急に設置すべきだと考える。

 川内原発は、川内市役所や串木野市役所でもデジタルで放射能濃度がわかるらしい・・・

※ウッソ~~~もし三重県と同じ条件がつけば、水濁度が20度を超える場合、漁業保障費は1億5千万円、年に2回水 濁度が発生すれば3億円÷組合員=〇〇〇円

※大川水系で農業に従事する方は、万一、水が枯渇した場合の補償と水濁度が20度を超える場合の補償を、キッチ リと立地協定書に盛り込むことが大事な点で、そのことが、農業(生活)を守ることにつながると思う。

※水力発電をすることによって、水が濁ることがあるって初めて知った。飲んでも身体に大丈夫なのだろうか?ど んな成分の水なのかな~~~三重県では漁業補償をするぐらいだから、とてもとても心配だ!

 平成19年3月27日の南日本新聞記事には・・・南大隅町が原子力発電環境整備機構(原環機構)を招き、核燃料廃棄物の最終処分場を誘致するための勉強会を開いたことが載りました。・・・・その後断念

 平成21年12月6日の南日本新聞記事には・・・南大隅町で核最終処分場の誘致の動き・・・住民団体、町に陳情計画が掲載されました。この新聞掲載の頃に水力発電開発のための調査???あまりにもタイミングがよすぎる。本当に九電が行っていた調査が水力発電所建設のための調査だけだとは、にわかには信じられない!

 平成19年4月当時誘致賛成者より聞こえてきた言葉は?東京電力を介して、核誘致運動をしたのが伊藤知事も認めず失敗だったけど、九電だったら認めたんだ!と言う話まで巷に流れた。

 東電??から作戦変更で九電???

※新潟県柏崎市刈羽原子力発電所は現在1号機から7号機まで稼動中・・・・原発がそんなに沢山あって、さぞや柏崎市は金持ちと思いきや・・・・現職柏崎市議が下記youtubeで講演していますが、赤ちゃんから老人まで柏崎市民一人当たり、なんと100万円の借金でフウフウだそうです。

※影の声・・・原発7機で借金まみれ!誰だ!高レベル核廃棄物処分場を南大隅町に持ってくれば無税の町になるっ ていったのは???一体全体何年無税になるのか?誘致論者は説明責任があるぞ!次回の議会だよりで説明して くれ!説明できるかな~~~

※柏崎市を代表する・・・いや新潟県を代表する〇〇ボン製菓の袋に、現在、新潟県柏崎市の名前が削除され販  売されていると言う話も下記youtubeでご確認を・・・・

 ※柏崎市では原発が7機もありながら、ドンドン人口が減っていると言う事実も下記youtubeでご確認を・・・・

※いかに核に対する風評被害が怖いか、新潟県を代表する〇〇ボン製菓を参考にして見れば、南大隅町の議員さん 達が、わざわざ南大隅町の農家を潰すような動きをしなくなるのでは????

※〇〇ボン製菓も自分の出身地を隠さなければならなくなったとは・・・・核を誘致すれば、いずれは南大隅町出身者と言えなくなる日が来るのでは???とても心配だ!

 柏崎市からのメッセージ~原発がきて町がどうなったか~ 2010.2.10
> ↓柏崎市議会議員によるお話です。(youtube)
>
   原発がきて柏崎市はどうなったか? 

 怪文書に対する解答ルパンの答えは?その3へと続く・・・・果たして誰が積極的に条例制定に関わったのかな?バレバレが、た・の・し・み

 解答ルパンとしては、次回は時間を巻戻した南大隅町日記を検証してみたいと考えています。

山本太郎さんと広瀬隆さんの放射能に関するDVD購入なら

広瀬隆さんの日々雑感ブログ

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

公開討論会の件でTさんとお話する機会がありました・・・・・

 久しぶりに〇〇〇〇〇さんとお話をする機会がありました。さてさて話の中身は?

 〇〇〇〇〇さん曰く・・・お互いに非難合戦になる前、是非とも公開討論会をしましょうとの事!Hさんにもお話をしてあり、公開討論会が開催されないか?Hさんと現在模索中であるとのお話でした。

 とても前向きで建設的なご意見に対し、かわごろも・も、大賛成ですとお伝えしました。

 当然、話の中で、核誘致拒否条例の話もでました。その中で東洋町の町長さんが書かれた本をインターネット上で〇〇〇〇〇さんは購入されたそうです。購入方法は?パソコンからダウンロード印刷し購入されたと言うお話でした。

 〇〇〇〇〇さんは、南大隅町日記を拝見してくださっているとのことでした。

 南大隅町側が高レベル核誘致に本腰を入れだした頃より、私自身が実際に購入し勉強した本を本日は南大隅町日記を通じ〇〇〇〇〇さんに御紹介します。

 是非読んでみてください。

1、土木技術者のための高レベル放射性廃棄物  土木学会・エネルギー土木委員会 著
2、内部被爆の脅威     肥田舜太郎・鎌仲ひとみ 氏共著
3、地球の落とし穴     広瀬 隆 氏著
4、東京に原発を      広瀬 隆 氏著
5、朽ちていった命     NHK 著
6、内部被爆の真実     児玉龍彦 氏著
7、間違いだらけの原子力・再処理問題 山名 元 氏著
8、原子力市民年間2010 原子力資料情報室 著
9、原発事故残留汚染の危険性 武田邦彦 氏著
10、原発から風が吹く   橋爪 健郎 氏著
11、隠される原子力・核の真実 小出 裕章 氏著
12、牛と高レベル放射性廃棄物 桜井 勝美 氏著
13、原子炉時限爆弾   広瀬 隆 氏著
14、隠された被爆    矢ケ崎 克馬 氏著
15、原子力復興という危険な夢  世界 著
16、日本の原発     新潮45 著
17、動かない動かせない もんじゅ 小林 圭二 氏著
18、処理工場と放射能被爆 山田 清彦 氏著
19、六ケ所村       島田 恵 氏著
20、原発事故緊急対策マニュアル 日本科学者会議福岡支部 著
21、九電と原発 中野行男・佐藤正典・橋爪健郎 氏共著
22、原発ゴミは負の遺産  西尾漠・末田一秀 氏共著
23、福島第一原発ー真相と展望  アーニー・ガンダーセン 氏著
24、原発危機と東大話法  安富 歩 氏著
25、そこが知りたい放射性廃棄物 土居和巳 氏著
26、プルサーマルの科学  桜井 淳  氏著
27、原発ジプシー     堀江 邦夫 氏著
28、柩の列島       広瀬 隆  氏著
29、わたしたちの涙で雪だるまが溶けた  菊川 憲司 氏著
30、闇に消される原発被爆者  樋口 健二 氏著
31、アトミック・エイジ  豊崎 博光 氏著
32、原発事故のシミュレーション 瀬尾 健 氏著
33、チェルノブイリを見つめなおす 原子力資料情報室
34、チェルノブイリからの風 本橋 成一 氏著
35、放射性廃棄物と地質科学 島崎英彦・新藤静夫・吉田鎮男 氏共著
36、原子力防災    松野 元 氏著
37、考えてみようよ原発のこと 原子力資料情報室
38、写真集 原爆をみつめる  飯島宗一・相原秀次 氏共著
39、廃墟チェルノブイリ  中筋 純 氏著
40、核の大地       広河 隆一 氏著
41、高レベル放射性廃棄物地層処分の技術的信頼性  地層処分問題研究グループ 著
42、福島原発メルトダウン  広瀬 隆 氏著
43、タブーなき原発事故調書  広瀬隆・北村肇・蓮池透・日隅一雄・山本太郎 氏共著
44、原発について考えるためのリアルなヒント集  蟻んこ組  著 

 以上の本を読みましたら、なおさらのこと、南大隅町に絶対高レベル核廃棄物関連を誘致すべきではないと私自身確信しました。
 
 皆様にもお勧めの本です。

山本太郎さんと広瀬隆さんの放射能に関するDVD購入なら

広瀬隆さんの日々雑感ブログ

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR