腹が立つけど笑っちゃおう!付け焼刃的発想の庁舎検討委員会!合併特例債延長に関する陳情?借金を増やす新庁舎建設に反対!

 新庁舎建設に絡み、みんなの議会をパラパラとめくり見ていましたら・・・平成27年8月号の中に・・・

 陳情1号として、合併特例債の適用期間の再延長を求める事について(お願い)・・・採択と載っています。

 陳情者は議会側がしたのだろうか?町民の誰かなのだろうか?とみんなの議会第41号をスミからスミまで拝見したのですが・・・陳情者の記述が全くありません。

 と言う事で40号・39号とスミからスミまで拝見してみても・・・他の方の陳情案件は載っていてもこの陳情案件は載っていません。

 陳情者は議員?名前も名乗る事が出来ないヤッセンボ議員?

 一体?陳情者の名前を隠さなければならないような事なのでしょうか?

 この陳情を採択する前から・・・新庁舎建設の動きがあった事だけは大いに窺えます。

 下記庁舎工事をクリック!してご覧ください。

 平成25年当時南大隅庁舎耐震化?工事ではないかと思うのですが・・・皆さんは如何お考えですか???

 実はこの日記は5日位い前に書いていたのですが・・・昨日(9月22日)に広報みなみおおすみ9月号が届きましたので・・・さっそく走り読みしてみましたら・・・いくつか問題点があることに気づきました。

 まず上記工事費の内訳については、1億2千万円かけ、外壁や内装、空調等の改修工事に使ったのだと言う説明文が広報みなみおおすみP2の3段に記述があります。

 問題はこれからです。

 マコチ!広報みなみおおすみ氏は次のように書いています。

 なにをのんべんだらりと今まで行政運営を続けていたのか?と腹が立つ問題カ所を見つけ①②③④と番号をつけてみました。

 ①「庁舎の耐震化は一番最後に」という考えや当時の財政状況等の問題から、庁舎の耐震化は先送りされました。②そういう所に熊本地震が発生し、③防災拠点として庁舎機能の重要性が議論されるようになり、④強度不足である本庁舎をどのような方法で耐震化していくかが、喫緊の課題となっています。・・・だって(゚∀゚≡゚∀゚)


 問題①まず広報みなみおおすみ氏は役場本庁舎の耐震化・新庁舎建設について背景を述べています。

 その背景についてはP2最上段、いわゆるトップバッターとして記載があります。

 平成7年の阪神・淡路大震災までさかのぼり、広報みなみおおすみ氏は言います。

 大地震はいつどこで発生してもおかしくないと・・・

 あれ?核誘致委任状を発行した面々は阪神・淡路大震災の時も生きていたはずなのに・・・マコチ!リスク管理に対する考え方が甘いね~~~プロの行政マンの考えるレベルけ?

 ①「庁舎の耐震化は一番最後に」と安全を最後に考える執行部だからこそ・・・簡単に核誘致委任状をバンバン発行したのでしょうね?それにいつから南大隅町は新庁舎を建てる事が出来るほど豊になったのでしょうか?だって~~~広報みなみおおすみ氏は以下矛盾する事を恥も外聞もなく平気で述べていますがよ!・・・当時の財政状況等の問題から・・・ウフッ!ウソツキ!ヽ( ´_`)丿


 問題②そういう所に熊本地震が発生し・・・オイオイ!マッタク~~~~新庁舎を建設したいがためだけに・・・にわかに覚えた知識をひけらかすものだから・・・いわゆる底の浅い文言の羅列により付け焼刃的発想が垣間見れますがよ!

 問題③防災拠点として庁舎機能の重要性が議論されるようになり・・・え~~~っ!お宅たち今まで、防災無線・防災の日・火災予防週間等と防災について大いにウンチクを語っていたようだけど・・・今まで南大隅庁舎を防災機能として重要視していなかった素人集団だったの?あれれっ~~~恥ずべき事を広報して良いの?ンダモ~~~~
 ♪(/・ω・)/ ♪


 問題④強度不足である本庁舎をどのような方法で耐震化していくか・・・広報みなみおおすみP2の2段目には平成21年に耐震化診断を実施している事が書かれています。耐震化診断を7年前に実施していながら、今頃になって耐震化を問題にすべきなのか?私は例の核誘致委任状ドタバタ劇が収束しない事には出す事ができなかったのでは?と睨んでいますがよ!それじゃ!耐震化した場合の三分の一にあたるムダ金1億2千万円を庁舎の補修にあてているのはイキアタリバッタリの行政運営だったの?これは厳しく監査請求し、1億2千万円全額返してもらうべき重要問題発覚です。
 マコチ!先を見通し、切り詰めた支出は出来なかったものだろうかと・・・腹の底から怒りが・・・いや!笑いが出てきます。
 ♪(o・ω・)ノ))


 まだまだある!付け焼刃的自画自賛!下記クリック!

これも付け焼刃の典型例です。花いっぱい運動の背景には・・・草ボウボウ!

 広報みなみおおすみ9月号を拝見する限り・・・まだまだ問題点があります。その問題点は次回書きます。

 話は代わりますが・・・南大隅町の借金が相当早いスピードで増加しています。

 2010年5月の広報みなみおおすみには・・・町民一人あたり借金99万円・貯金35万円と載っていますが・・・

 ところが・・・水谷俊一議員の議会報告書を基に平成28年度末の南大隅町の借金はいくらあるのか?を見てみれば・・・

 一般会計で、なんと97億円超え・・・特別会計まで合算した借金の総額は116億円超え・・・

 森田君やその仲間の議員さん達が多額の基金があるから南大隅町は借金しても大丈夫について以下反論!

 この事についても水谷俊一議員の議会報告書を参考にし、反論します。

 平成27年度末の基金総額は91億9千7百9万8千円で、借入金の返済に使用できるのは、わずか11億3千6百28万7千円のみなのだそうです。

 他の残基金については、すべて使徒が決められている、いわゆるヒモ付き基金なのだそうです。

 このことを、赤ちゃんから寝たきりの高齢者まで入れ、借金を計算した場合、なんと町民一人当たり1.539.282円になるそうです。

 2010年5月時点で町民一人あたり借金99万円あったのが・・・わずか6年の間に町民一人当たり借金が549.282円も増えています。

 このことを一年一人あたりに見た場合、なんと!91.547円も借金が増えている事になります。

 この6年間の間に国民健康保険税は高くなるわ!水道料は高くなるわ!町民税も高くなり、下々の町民は非常に苦しい台所事情ながら精一杯税金を支払い生き抜いています。

 そのように各種税金が軒並み上がっている南大隅町において・・・誰が考えたのか?新庁舎建設の動き・・・

 そりゃ~~~一部・・・そうほんの一部の土木・建設業者は潤うかもしれませんが・・・

 わずか6年間で、町民一人当たり借金が549.282円も増えている異常事態に南大隅町民はもっと真剣に目を向けるべきだと思います。

 南大隅町に汚染土を持ってきても良いと言う賛成派代表・反対派代表の画像については、この文章のず~~~っと下のほうまでスクロールするとあります。

 南大隅町の権力者達(A・F・Oさん)がもっともらしく言う!放射能関連施設を南大隅町に誘致しさえすれば豊な町になると・・・それでは?福島県双葉郡双葉町は原発立地自治体なのに、なぜ?財政危機に陥ったのか?

放射能被ばくについて

 南大隅町の核処分場誘致問題について・コソットそっと誘致運動

初当選・・わずか1ケ月後、手馴れているね~~~公印矢のごとく!ド~~~ンと押す公印。ン~~~トシちゃん!たくましいね~~無責任だね~~~正々堂々!正々堂々!前へ前へ

 南大隅町の核関連施設誘致問題と公印&委任状問題と100条委員会設置を望む町民

森田町長当選翌日

南大隅町町議会100条委員会設置否決

放射線被爆対策

 汚染土誘致と南大隅町・・こそっと・・・こそっと

 森田町長と委任状発行問題






 
スポンサーサイト

町民の皆様へお願い!南大隅町のHPで検索してみてください。南大隅庁舎補修工事で検索してみても・・・読み込みはするのだが・・・表示されないのです!

 表記件で南大隅町のホームページで不思議?な現象が起きています。南大隅町庁舎補修工事と検索すると何件も出てきて、読み込みまではするのですが・・・肝心の表示がされません。そこで町民の皆様も南大隅町のホームページで南大隅町補修工事と【検索】をしていただけませんでしょうか?私だけが見えないのでしょうか?とても不思議な現象が南大隅町ホームページで起きています。


 実は前回の本日記に下記書いたのが誰かに影響を与えたのかな~~~~??(〃ノωノ)ウフッ!


    耐震化した場合、3億円の補修工事費が必要について!

 かわごろも疑問?3・・・えっ!平成24年・平成25年・平成26年にかけて南大隅庁舎を3億円位かけて補修工事したのはいったいなんだったの?建設業者の失業対策事業にしては?あまりにも高額な金額だけど・・・あの時?耐震化を完了したのではなかったの?ん~~~~?ん?怪しいな~~~??次回は平成23年~27年のみんなの議会をジックリ調査・研究して、この件についてさらに発表したいと考えています。

平成28年9月16日午後4時30分頃に南大隅町ホームページで再度検索しましたら、やっと見る事が出来るようになりました。

 ただ・・・あの見る事が出来なかった2時間余りの間・・・もしかしたら?見る事ができた分まで見る事が出来なくなってしまっているのでは?と言う疑念・疑惑があります。

東日本大震災復興資材高騰?東京オリンピック建設資材高騰?鹿児島国体建設資材高騰?も考慮しているのか?再び南大隅庁舎耐震化問題について!

 もしかしたら?現在の日本のデフレ脱却とリンクしているのでは?南大隅町庁舎建て替え問題!

 屋久町も庁舎建設が持ち上がっているとの事!

 自治体庁舎老朽化問題と合併特例債5年延長により今後立替え自治体が増加するとか・・・

 ここで穿った視方をすれば・・・自民党の党則では総裁任期「2期6年」となっているのを「3期9年」に変更する総裁任期延長論の動きが出ているとの事。この延長論と全国的な庁舎建替え問題とリンクしているのではないか?と言う視方を私はしています。

 なぜ?かと言えば・・・景気回復で3本の矢を放ってはみたけれどうまくいかず・・・次は新3本の矢を放ってみたけれど・・・これまたデフレ脱却や個人消費増大につながらず・・・何年経っても道半ば?のアベノミクスを本当に完成させない事には?と言う危機的動きが根底にあるのでは?

 もし?合併特例債5年延期問題により建設バブルがやってきた場合、資材の供給不足から資材高騰になる可能性が・・・でもそれでデフレ脱却?が出来き?そのうえ自民党の総裁任期が延長にでもなれば・・・アベノミクスのミクロ的現象だけで一瞬見れば・・・当然!デフレから脱却し、大成功と言う評価を国民に受ける事になる気がします。

 岸信介氏を超えて歴史に残る名宰相?誕生!

 話は南大隅町の新庁舎建設問題にかえります。

 もしかしたら?合併特例債が5年延期になった事をキッカケに建設コンサルタント?なる者達が我先にと南大隅町にも群がり新庁舎建設を様々な角度から提案したのでは?

 そして・・・コンサルタント会社から新庁舎建設の提案を受けた南大隅町は、今度は議会に新庁舎提案の機会をうかがっていた時・・・たまたま熊本地震が発生した。

 この熊本地震に便乗?したのが、今度の新庁舎建設問題ではなかったのか?と言うふうに疑っています。

 想像の世界で・・・新庁舎建設の結末はゾ~~~ットする事が実は待ち受けています。

 それは・・・東日本大震災の復興に伴う資材高騰!人手不足!東京オリンピックに向けての資材高騰!人手不足!鹿児島国体に向けての資材高騰!人手不足!が懸念される中、日本全国の自治体の多くが平成31年までの合併特例債を利用すべく新庁舎建設でドット動き出した事により・・・

 素人でもわかる通り相当な資材高騰と人手不足により簡単に物価があがることに・・・デフレ脱却!給料アップ?物価急上昇!消費税アップ!

 アベノミクスの基本政策であるデフレ脱却?景気回復?は、確かにこの一時の建設バブルによりミクロ的に回復する予測がつくのですが・・・

 ところが無理やり作った建設バブルの結末を想像するだけでもゾ~~~ッとせざるを得ません。

 現在のところ新庁舎建設費は13億円必要だとか・・・この金額も現在の資材価格を基に決めたはず。

 東日本大震災の復興に伴う資材高騰!人手不足!東京オリンピックに向けての資材高騰!人手不足!鹿児島国体に向けての資材高騰!人手不足!そして日本全国で新庁舎建設がさらに動きだせば・・・需要と供給のバランスはあっと言う間に崩れ・・・ある日・ある時・南大隅町長が神妙な顔で町民に対し謝罪する言葉まで浮かんできます。

 あくまでも想像です。町長発言??・・・額にシワを寄せ!いかにも苦しそうな表情で申し訳なさそうに・・・(ここがポイントです。)新庁舎建設を打ち出した頃の平成28年12月頃には資材の高騰まで想像もつきませんでした。新庁舎を建設する中で、新庁舎に似合う付帯工事も出てきました。教育の町!の町民の皆様には何かとご心配おかけしますが、今回さらにさらに想定外の出費として26億円程が必要になり・・・ましたと・・・

 アレッ?それって新庁舎建設発表当時の3倍じゃない?と言う結末に、キツネにつままれたような感じに・・・まるでキツネが詐欺師になったみたいな?詐欺的商法?現象に・・・もう笑わなければ・・・笑わなければ・・・ならなくなる事態が到来する事まで想像してみましたがよ!ゾ~~~ッ。


  南日本新聞・平成28年9月5日付・記者の目:から透けて見える庁舎建て替え問題!

 町民から「せっかくなら」と立て替えを望む声が多いようだ!について

 かわごろも疑問?1・・・立て替え協議会のメンバーについては自治会や各種団体の代表を選ぶ基準はどこにあったのだろうか?立て替え!立て替え!だけが前のめりした人選であったのでは?と疑いたくなります。はたして公平な人選であったのだろうか?

 立て替えれば、「水害対策として地下の電源設備も移設できる。」について

 かわごろも疑問?2・・・えっ!立て替えれば、「水害対策として地下の電源設備も移設できる。」って?まさか?震度7の地震を予想した耐震化協議会であったはず・・・と言う事は今の庁舎跡に新たに立て替える計画がまず前提?となっているように感じますけど・・・津波対策はどうするつもりなのでしょうか?南大隅町の人口減少は相当早い速度で進んでいます。今回津波対策を考慮しないのであれば、まずは耐震化の為の補強工事で済ませ!補強工事で15年間南大隅庁舎が延命できるのであれば、せめて10年先に改めて南大隅町の人口に照らし合わせた新庁舎建設を論じるのが良いのではないかと考えます。おまけに10年の間に職員数も相当少なくなるはずだし・・・


 耐震化した場合、3億円の補修工事費が必要について!

 かわごろも疑問?3・・・えっ!平成24年・平成25年・平成26年にかけて南大隅庁舎を3億円位かけて補修工事したのはいったいなんだったの?建設業者の失業対策事業にしては?あまりにも高額な金額だけど・・・あの時?耐震化を完了したのではなかったの?ん~~~~?ん?怪しいな~~~??次回は平成23年~27年のみんなの議会をジックリ調査・研究して、この件についてさらに発表したいと考えています。

 平成28年9月3日・南日本新聞・南風録・地下処分~10万年

 このような立場から南日本新聞・南風録さんが久しぶりに記事にしたように感じます・・・いや今まで記事にしてあったかもしれないけど私が今まで気づかなかっただけ?なのかな?
 

 それではどのような事が書いてあったかと言えば・・・

 ・・・中略・・・▼原子力規制委員会は、放射性物質の影響が減少する10万年後まで管理を求める。電力会社が300年~400年、その後は国でという計画だ。

 ・・・中略・・・国際紛争やテロが相次ぐ。日本という国が今の形を保っているのか。数百年、数万年先の話に、そんな疑問や不安がわいてくる。▼過去10万年を振り返ると、九州ではカルデラの噴火が繰り返されてきた。桜島はこの間に誕生した。地形も相当変わったはずだ。「地下深く埋めるから安全です」と言う言葉に、どれだけの説得力があるだろう・・・中略・・・

 南風録さんが指摘する最短でも電力会社が400年責任を持って核のゴミを管理すると言う前提条件があるとすれば・・・福島原発事故でさえも事故当事者の電力会社として満足に責任を持てないのに・・・本当に責任が持てるのかな?チャンチャラ可笑しいと思います。

 ある女性がポツリと言った一言・・・原発を再稼働する時、伊藤前知事は川内市長と知事がGOサインを出すだけで再稼働OKといったじゃない!であれば・・・原発停止も知事の一言で停止できるのがあ・た・り・ま・え・で・は・な・い・の?

 この一言に深く納得しました。

 下々の県民は停止できない?事が単純に可笑しいと考えています。


 下記は2011年2月17日に本日記に書いたものです。

 悲惨な福島原発事故約1ケ月前の事です。


 BS1・世界のドキュメンタリー核廃棄物10万年の危険を視聴した。いゃ~まったくぅ~~放映初っ端からクライマックスになるとは考えてもいなかった。

 まずドキュメンタリーの製作者が冒頭語る部分・・・20世紀初頭フィンランドオルキオト島ではじまったオンカロ(注)核廃棄物最終処分場のこと・フィンランド語で隠し場所の意)は22世紀になってはじめて完工すると言う・・・(影の声・・・土木業者が誘致したいのは、この長期間工事が必要なんだと言う魅力ある部分だけなんだろうな~~ふるさとを思う気持ちはまったくなく!せこい考え!)

 平成21年度の郡小学校の学校便りを拝見すれば・・・郡小学校の児童数の変遷がのっています。ちなみに郡小学校の児童数は昭和12年が317名、昭和42年が307名・・・児童数が100名を切ったのは昭和52年からです。なお、平成21年度の南大隅町全体の児童数は339名ですから、昭和40年代の郡小学校たった1校に匹敵する児童数しか現在南大隅町にはいないと言うことになります。(影の声・・・昭和52年頃、旧佐多町・旧根占町の執行部や町議会は人口流失対策を、どのようにしていたのだろうか?何?も対策をしていなかったツケが現在に回ってきたのだろうか??・・・)

 特に旧佐多地区は、なぜ?急激な人口流失に歯止めをかけることができなかったのだろうか?・・・核誘致論者は言います。地元に働く場所さえあれば、人口の流失は、なかったと・・・・本当かな??

  現在も旧佐多町は、土木業者2社で13億を売り上げる町・・・なにが魅力がなくて、なにが不満で、旧佐多町から人口が流出するのか?南大隅町当局は転居する人々に対し、きっちりとしたアンケート調査をし、今後の人口流失対策とすべき必要があろう。離婚する時だって、なんで?なんで?離婚理由は?と話を突き詰めていけば、ちゃんとした理由があるのと同じ、現在でも旧佐多地区での土木関係の売上げは相当あるのに・・・人口流失?原因を早急に調査すべきだ!

 ちなみに旧佐多町の上位1社は港湾関係の仕事をしているので、旧佐多町上位1社を除き、旧根占町も上位1社を除いた比較をしてみれば、旧佐多町1社6億の売上げに対し、旧根占町の土木業者の売上げは2社で7億の売上げ。これに社員数がわかり、そのうえで社員数を旧佐多町と旧根占町別に比較すれば面白いと思うけど・・・

 核誘致論者は言います。地元に働く場所さえあれば、人口の流失は、なかったと・・・・核誘致論者の言葉のトリックは、はたして本当なのでしょうか?郡小学校の児童数が極端に減少していく昭和50年代から平成10年頃まで、他市町村の土木業者が非常に羨ましがるほど、旧佐多町のあちこちで港湾工事をはじめ、道路拡幅工事や河川改修工事や田畑の整備事業が盛んに行われていた事実に核誘致論者は一切触れていない。なぜなの?ふ・し・ぎ?

 当時、旧佐多町は6000人~7000人の小さな町であったにも関わらず、生コン会社が2社あり、生コン車は2社で15台ほどはあったように記憶します。この生コン車がフル稼働していた時代も人口減少は確実に旧佐多町はあったわけだから、核を誘致し、その関連工事で人口増を図ろうなんて・・・昭和50年代から人口が急速に減少(特に児童数)した本当の原因をつきとめなければ、人口増はありえないと言うことを核誘致論者は知るべきだ。ちなみに、平成21年度の郡小学校の児童数は8名・・・

 南大隅町内の1昨年の公共工事の売上高を参考にしてみてみれば、旧佐多町の土木・建築会社2社が売上げトップを占めています。この2社だけで13億・その一方、旧根占地区が13億の売上げを上げるには?・・・3社合計してやっと13億・・・いかに旧佐多町の土木・建築関係の売上げが現在も順調であることがわかります。

 旧佐多町選出の議員さんが平成20年の議会で質問しています。児童数が減少し、家族ごと転居し、地域が疲弊する・・だから小学校の統廃合を・・・・

 市町村合併すれば地域が疲弊することは合併以前からわかっていたことだし、実際問題として旧佐多町と旧根占町が合併して、わずか3年も経過していない段階で、人口流失がみられたと言う事実を知った上で、さらにさらに学校の統廃合を執行部に迫る姿勢・・・・私はこの論理がわからない・・・市町村合併で人口流失を本当に学習したのかな~~~と思う。

 人口流失問題は旧佐多町と旧根占町が合併する前に学習しておくべき重要問題であったはず・・・合併しなければ、財政が破綻していた??とんでもない!どんな大きな会社も破綻します。破綻させて再生の道を選択したほうが、お互い幸せになれ、そして一番得策だったはず・・・・

 それでは、合併して南大隅町の台所は豊になりましたか?豊になっていないでしょう!本当は、一旦財政破綻させ、再建団体となって、あの時再出発すべきが正解だったのです。

 小学校の統廃合問題を論じれば、今後さらに人口流失に拍車がかかり、特に旧佐多町の急速な疲弊はまぬがれない!と私は予測します。各小学校が廃校になれば、先生方もいなくなるし・・・・さらにさらに寂しくなるだろうな~と思う。統廃合問題・・・これで南大隅町は、旧佐多町の人口流失の加速と言うパンドラの箱を開けてしまった。

 これらの問題点を総括し、見えてくるものは?核誘致しさえすれば旧佐多町に仕事が増え人口が増加すると言う、核誘致論者のまやかし説得は、これで完全破綻です。


 少し脱線しました。本題にもどります。ドキュメンタリー製作者は、このオンカロ10万年の安全性が必要だが・・・過去人間が作った建造物は、その10分の1の時間も姿や形を保ったものはありませんと断言している。そういえばエジプトのピラミッドだって、わずか紀元前2700年前に建造されたのに、形が壊れている。ドキュメンタリー製作者の言葉は、ぞ~っとするほど重みのある言葉だ。

 ドキュメンタリー製作者は続けて言う・・・放射性廃棄物は人間に害を及ぼさないことはできないし消し去ることもできない!

 次にフィンランドのエネルギー放射線原子力センターのヴェンドラ・パイル女史は、放射線が発見されて、わずか100年程度である。放射線は、まったく目に見えず!まったく臭いもしない!それなのに人間の身体にあたると、放射線はエネルギーの小さなパッケージであるため、人体を通過し、DNAを傷つけてしまう。

 その結果、吐き気・嘔吐を繰り返し、被爆から2週間後、下痢と出血が始まり、数週間以内に死亡にいたると女史は断定します。

 高レベル核廃棄物誘致論者の常套語は、フィンランドでも高レベル核廃棄物処分場の建設が始まった、始まった、ハジマッタ、始まったとオウム返しのごとく言っています。しかしフィンランドのオルキオト島は、単独で高レベル核廃棄物処分場の建設が始まったのではないと言う事実については、誰も触れません。

 なんと現在、フィンランドのオルキオト島では、(1)原発3機が稼動中・・・そしてそのほかにも、(2)サイト内処分場向廃棄物処理建屋・(3)SFR向廃棄物処理建屋・(4)極低レベル廃棄物処分場が稼動中なのです。

 このことから見えてくるのは、フィンランド政府は苦肉の策として、国民の安全を図る立場と放射能の拡散を防ぐ意味から、オルキオト島に核関連施設を集中して建造したことが窺えます。


 私は今まで南大隅町日記にも記してきましたが、原発建設地はそれなりに地盤も強固であるはずだから、それぞれの原発建設地内に、責任を持って高レベル核廃棄物処分場も建設すべきだ!がいよいよ現実問題となりつつある。(影の声・・・電力会社の社長を含む役員は、安全性が担保されていると強弁するのなら、まず自ら、原発建設敷地内に家族ともども住むべきだ。)

 もちろん、東南アジア地域に原発を輸出建設するのであれば、その地域内で高レベル核廃棄物処分場まで立地・建設するのが原発輸出企業の責任だ。

 BS世界のドキュメンタリー核廃棄物10万年の危険の中の、高レベル核廃棄物処分場の建設場所やその設計・完了の想像図に衝撃が・・・地下500mから地上に伸びている何十本かの管?・・・多分、核の熱を地上に放出する管であろうが、完全密閉ではないの?熱の放出?それって放射能の拡散ではないの?高レベル核廃棄物処分場近辺は放射能汚染地帯になる運命?・・・ガン多発地帯??

 南大隅町は、町民の生命・財産を守ることが自治体の最優先課題と、まず知るべきだ。

花壇の維持管理はキチットできるのか?

 3500万円の花壇作り可決に腹がたったけど・・・笑わなければ・・・みんなの議会第45号P3道路等景観創生事業と言う名目の花壇作りに3500万円もの大金が可決されています。
ε=ε=(怒゚Д゚)ノ       ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪ 


 この3500万円もの豪華?花壇設置は南大隅町役場近く(ローソン前)の交差点だそうです。

 えっ!今までもローソン前交差点のところには花壇があり、最近は日照り続きで水やりが行き届かず、つつじが10本ほど枯れていたけど・・・一体、豪華?花壇が出来上がった暁には誰が水をやり、そして草を取るのでしょうか?

 いつもの無責任な考え方で!いつもの通り、ボランテイァに丸投げするつもりなのでしょうか??
 
 この花壇作り鹿児島県から補助金が1135万円出ますけど・・・それでも南大隅町からはワッゼエカ!2365万円もの支出ですがよ。


 ふ~~~~ん?どこがこんしごつ!うくったっどかい???エヘッ!|д゚)チラッ

  話は変わりますが・・・労災隠しは犯罪ですと言う標語をご存じですか?

 厚生労働省のポースターの内容です。

 もし?観光PR車で事故に遭った運転手さんや同乗者の方が業務中の事故でケガをしていた場合、健康保険は使えません!健康保険を使う事は労災隠しであり犯罪です。


  業務中であったからこそ高額な160万円の修理代を南大隅町から出す事に決まったはず。だからこそ南大隅町は160万円支出について説明する責任があるのです。

 南日本新聞・平成28年8月9日付・議会・には観光PR車の修繕費として160万円が計上された事が載っています。

 確か?1年程前、鹿児島市内の業者から7.804.448円で購入したはず。

 この事はみんなの議会第39号P3に載っています。

 そして・・・車の名前も、おもてなし特産品等PR車購入となっています。下々の町民は略して物品販売車と言う名前で呼んでいたのですが・・・

 いつの間にか・・・観光PR車となっていたのですね。

 購入から1年余で観光PR車160万円の修繕費?・・・あまりにも高い修繕費なのでは?

 160万円もかかるほど誰が観光PR車を壊したのでしょうか??

 壊したとしたらどのような時間にどのような利用の仕方で壊したのか?南大隅町は町民に説明する責任があります。横文字好きのトシ坊的発想・発言で言えば・・・アカウンタビリティー(Accountability)とも言いますね。

 勿論私的利用により観光PR車を壊したのではないか?と言う疑念も大いにありますので・・・


 もし?私的使用による損害であるなら・・・当然観光PR車を使用した者に修理代は請求すべきです。

 もし?私的使用や飲酒運転で観光PR車破損させたのであれば、南大隅町の財政から支出せず、観光PR車を壊した者達に南大隅町は弁償させるべきなのです。

 まさか?何が何でも支持者が壊した?って事はないでしょうから・・・


 マリオネット様へ

 2016年9月4日号のサンデー毎日P16にマリオネット様ご指摘のまさに阿吽の呼吸記事が掲載されました。
 以下ご紹介いたします。

 なお、詳細な内容を知りたい方はサンデー毎日を買って読んでくださいね。


 ・・・中略・・・自民党分裂となっても、小池さんが都知事選に出馬すると決めたのは6月下旬・・・中略・・・小池氏氏は全国放送のテレビ番組を通じて、大阪維新へ向けて「連携のサイン」を発していた。7月7日、フジテレビの情報番組で生出演した小池氏は・・・中略・・・都政や議会を改革するうえで、例になるのは大阪。議員定数や給与など大阪は身を切る改革をやっているんですね。これを例にしたいと思います。多くの視聴者は聞き逃しただろうが、これを見ていた自民党幹部や都庁幹部はピンときたと言う。小池さんはこれまで大阪を話題にしたことは一切ない。それがいきなり「大阪」という地名を出した。小池さんは大阪維新との連携を言いだすと直感しました。(自民党幹部) 

 勿論、国政や都政に携わる立派な方々と下々のかわごろもとは知識等雲泥の差があるのですが・・・でも・・・南大隅町政を真面目にじ~~~っと何年も眺めていれば・・・おや?と感じる事はとても多いのです。

 今までも何回か本日記に書いていますが・・・

 トシ坊と悪友が描いた核誘致ゴッコに騙され!心底腹がたった!かわごろもは・・・それまで町政にな~~~んの興味もありませんでした。

 でも!騙された事をエネルギーに町政の事を勉強し続けているからこそ・・・水谷議員さんとも同じような考え方が自然に出来るようになってきたのではないかと思います。

 今度の耐震化庁舎問題にしても、おや?と思う点がみんなの議会便りからなにかしら透けてみえて来るのです。
 限界集落問題を核誘致話に転換したトシ坊と悪友たち!

 熊本地震を新庁舎建て替え!庁舎耐震化話に素早く転換出来たのは・・・深く!深く!深く!今まで新庁舎建設で動いていた証ではないかと考えています。

 本日記で、な~~~んの力もない下々のかわごろもが少し意見を述べただけで・・・それではアンタ議員に立候補すれば・・・と言論弾圧に似た短略した結論を求める風潮は非常に危険な独裁的思想であると考えています。

 なぜ?かと言えば・・・町民が町政に対し意見を述べるのを阻止しようとする行為はまさに独裁に近いと考えるからです。

 さて今一度マリオネット様からのご投稿とかわごろもからの返信に皆様!目を通してみてください。

> たまに拝見しております。
> 議会だよりが届きましたので目を通していましたら、まさにかわごろもさんのブログの内容そのものを、水谷議員が質問していました。
> 阿吽の呼吸といいますか、一心同体などという言葉はこういうことだなと感心しました。
> いつどこで、打ち合わせをされるのかわかりませんが、大したものです。
> 一議員を操るのではなく、いっそ、かわごろもさんが立候補するべきです。
> 回りくどいことをしなくて済みますよ。



マリオネット 様

 ご投稿誠に有難うございます。

 ふ~~~~ん!

 マリオネット様は疑心暗鬼にかかってしまわれたのですかね~~~~

 疑心暗鬼は、疑いの深さからあらぬ妄想にとらわれる例えだそうですが・・・

 マリオネット様・・・みんなの議会を毎回よ~~~くご覧ください。

 水谷議員の質問は的確で非常に的を得た質問です。

 今まで本日記に何回も書いていますが・・・私はトシ坊の核誘致委任状問題発覚までは、町政には、な~~~んも興味もなく、ましてはみんなの議会便りにも、な~~~んも興味はありませんでした。

 ところが・・・興味が無い事をいいことに・・・核誘致委任状を発行した方々も参加した街づくり推進協議会と言うヤラセ集団とトシ坊がメチャクチャな南大隅町を売りにかけたデキレースを始めた事を知ってから・・・これはあまりにも町民を愚弄する出来事だ!と腹が立ち、その結果、こまめに町政を監視し続けているからこそ・・・デキレースや町政の成り立ちが自然とわかるようになったのです。

 マァ!現在ネタがありませんので、いずれマリオネット様のご投稿は、本日記で再登場させようと考えています。

 マリオネット様・・・疑心暗鬼になっていますね。でもモノイワナイ町民もこれぐらいのレベルで町政を見ている事位はわかられていたほうがよいですよ。

 トシ坊は核委任状発行がバレた時、やり直し選挙をしませんでした。

 私自身その時、アチラコチラから様々な叩かれ方をしました。

 その時、私は言いました。トシ坊対策?コツコツいつまでも本日記を書くだけですと・・・

 そのおかげで嬉しい事に、あの議会一の理論派水谷議員と考え方が似ている?とても嬉しいお言葉であり、私にとっては、言葉の金メダルです。とても光栄です。ありがとうございます。かわごろも
プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR