日毎に議会としてのチェック機能能力が欠如していくさまを見た!たった1時間の審議で新庁舎建設賛成多数決議議会!

 組織的犯罪処罰法(共謀罪法)成立・・・ 徹夜国会の末、自民党は禁じ手を使い委員会決議を省略し採決に至りました。

 この暴挙ともいえる国会運営をそのまま南大隅町側はマネッコしたのでしょうか?

 そしてその指南役(裏ボス)は誰だったのでしょうか?

 ここからの文章は、水谷俊一議員の議会報告No1と平成29年度6月30日付・南日本新聞・県政・総合・6面・議会を参考にしました。

 森田町長は6月23日の最終議会当日・・・それも様々な議案が可決・承認された後・・・庁舎新築建て替えと現在地での建て替えを表明したそうです。

 エッ!とても大事な問題を・・・それも議会が終わってから・・・庁舎新築建て替えと現在地での建て替えをいとも簡単に表明した!ウソ~~~ッ!!

 森田町長は・・・選挙期間中は一言も庁舎建設問題には触れなかったのに・・・まさに驕り高ぶった表明です。

 ↓↓下記クリック↓↓

  新庁舎建設と近隣に及ぼす被害の恐れ

 新庁舎が予算内で出来ない時は誰が責任をとるのか?

 そして・・・6月29日の日に再び1日限りの6月第2会議開催を決行・・・なんの話し合いかと思えば・・・わずか1時間の議会開催で、新庁舎建設する為だけの設計委託料¥8千3百2万円を可決するためだけに議会を招集し、熟議無しで議決!

 ここから水谷議員の議会報告を1部忠実に再現します。なお、(   )内はわかりやすいように私が勝手に文言を挿入しました。

 ・・・中略・・・6月29日に6月第2会議を招集し、1日限りの会期の中、しかも1時間足らずの間に、設計委託料を含本庁舎建設事業関連の補正予算を上程し採決まで行った。反対討論等を行い議会内での議論を要求したが採決の結果、(新庁舎建設)賛成8名(松元議員・浪瀬議員・後藤議員・日高議員・持留議員・大久保議員・木佐貫議員・川原議員)、新庁舎建設)反対3名(水谷議員・大坪議員・津崎議員)で可決されました。やはり(南大隅町)町の将来を左右する案件に関しては、議会に於いて丁寧かつ慎重に、熟議を重ねたうえで判断すべきだと考えます。議会とは、討議の場であります。議論することを忘れ、ただ採決ありきの議会なら議会不要論が出ても致し方あるまいと思います。

 マァこの新庁舎が出来ようが・・・議会として議論する事を忘れ、採決に賛成した議員については・・・今後も南大隅町日記にチョクチョクと書いていこうと考えています。


 ↓↓合併特例債の事については下記クリック↓↓

 南大隅町日記その5・合併特例債の落とし穴その1

南大隅町日記その6・合併特例債の落とし穴その2


 かわごろもは、まず優先すべきは新庁舎を建設するより、南大隅町内の海岸近くの避難道の整備と避難小屋の整備・・・避難小屋内には、消毒液等の薬品・食料・衣料品・生活必需品(粉ミルク・オムツ・生理用品・毛布等)等10日分を備蓄し、ヘリポートを各地区に建設してから、しっかりした街づくりの青写真を作成したのち、新庁舎建設を論議すべきだと考えます。

 さて組織的犯罪処罰法(共謀罪法)成立に関する中間報告の事ですが・・・中間報告は、国会法で定められた仕組みなのですが・・・

 国会法の56条は、特に必要があるときに本会議で中間報告を実施し、さらに特に緊急を要するものは本会議で審議・採決ができると定めています。

 委員会での議論を省略できる事から民主主義にとって禁じ手と言われている採決法の1つになります。

 素人考えでは・・・普通中間報告は・・・あくまでも議論の最中の中間の報告であり、中間報告直後に採決して議論が終わるのは、中間報告じゃなくて最終報告?ではないかと思います。

 そんな荒っぽい議会運営をしたツケが今回の都議選で自民党に回ってきたのか・・・

 ↓↓下記クリック↓↓


 BuzzFeed NEWS 組織的犯罪処罰法(共謀罪法)・中間報告

  読売ニュース・都議会選挙結果

  森田さんに質問です。以下お答えください。

 新庁舎建設に対する疑問!についてです。


 総務省・消防庁・自治行政局は、各自治体に対し下記の内容で危機意識を持ち自治体管理をするよう平成20年度から地方公共団体に対しICT部門の業務継続計画(BCP)策定に関するガイドラインを参考に早急に「業務継続計画策定状況」及び「避難勧告等の具体的な発令基準策定状況」を作成するよう強く呼びかけているのですが・・・果たして我が故郷南大隅町は新庁舎建設を議論する前、町民を守るためシッカリ避難計画を策定しているのでしょうか?

 森田さん!まず森田さん自身やらなければならない業務継続計画(BCP)策定をキッチリ作成してから、新庁舎は建設すべきではないですか?

 南大隅町は、かわごろもが調査した時点では、水害注意情報未設定・高潮注意情報一部未設定・津波情報一部未設定でありました。

 それなのになぜ?南大隅町は庁舎の地下発電施設に水が入ると根拠なき理由を発表しているのでしょうか?

 南大隅町は、いつ!業務継続計画(BCP)策定したのでしょうか?


 詳しい業務継続計画(BCP)策定につきましては下記を続けてお読みください。


 平成20年と言えば・・・森田氏が町民の安心・安全全く考えず町長としてX氏に核誘致委任状をコソット発行していた1年前の出来事です。
 町民の皆様この点をしっかり押さえながら以下消防庁からの記者発表をお読みください。


 下記クリック!

 初当選・・わずか1ケ月後、手馴れているね~~~公印矢のごとく!ド~~~ンと押す公印。ン~~~トシちゃん!たくましいね~~無責任だね~~~正々堂々!正々堂々!前へ前へ

 南大隅町の核関連施設誘致問題と公印&委任状問題と100条委員会設置を望む町民

 東日本大震災のような大災害や大規模なサイバー攻撃が発生した場合においても、地方公共団体の重要業務を継続して実施するとともに、地域住民に対して適切かつ迅速なサービスの提供が行われることは極めて重要です。
 このため、東日本大震災発生時等の教訓を踏まえ、業務継続及びサービス提供の観点から、地域における災害発生時のICTの利活用に関する検討を行うこととしました。


 下記クリック

  地方公共団体におけるICT部門の業務継続計画(BCP)策定に関するガイドライン・平成20年8月・総務省

  地方公共団体における「業務継続計画策定状況」及び「避難勧告等の具体的な発令基準策定状況」に係る調査結果!平成28年1月19日・総務省・消防庁

 そして・・・広報みなみおおすみ2016年10月号を拝見してみれば・・・いかにも!もっともらしく!現在の庁舎の欠点の羅列がされています。

 ①正面玄関前側に駐車スペースがなく利便性に欠けている。

 ②敷地内の下段に庁舎及び地下室があるため、災害時にリスクがある。

 ③非常用の発電機室が地下にあるため、津波等災害時に浸水の危険性や機能が発揮出来ない可能性がある。

 ④書庫が地下にあるため、津波等災害時に浸水の恐れがあり、書類等の保存に不安がある。

 ⑤雨水処理用タンクが地下にあるため、満水時はポンプアップが必要となっている。

 ⑥建物中央の階段を境にして、フロアーに段差が有りバリアフリーではないため動線に支障がある。
 


 南大隅町は以上羅列した欠点を偉そうに公表しているわりには、地方公共団体における業務継続計画策定状況調査結果については現在の所、未設定となっています。

 それではいつ頃までに業務継続策定をするのか?と言う総務省から南大隅町への問いかけに対しては、平成29年度以降と南大隅町は回答しているのです。

 おかしいですよね~~~~えっ?何がおかしいかって?

 だって~~~~新庁舎を建てたいからこそ、問題点でもない問題点を拾い上げ、業務継続策定が未設定になっているにも関わらず!自信満々に広報みなみおおすみや庁舎整備事業有識者検討委員が新庁舎建設を公表しているからです。

 それでは今度は、南大隅町側が問題として公表した下記6点と業務継続策定未設定部分の矛盾点をみてみましょう!

 ①正面玄関前側に駐車スペースがなく利便性に欠けている。
 ②敷地内の下段に庁舎及び地下室があるため、災害時にリスクがある。
 ③非常用の発電機室が地下にあるため、津波等災害時に浸水の危険性や機能が発揮出来ない可能性がある。
 ④書庫が地下にあるため、津波等災害時に浸水の恐れがあり、書類等の保存に不安がある。
 ⑤雨水処理用タンクが地下にあるため、満水時はポンプアップが必要となっている。
 ⑥建物中央の階段を境にして、フロアーに段差が有りバリアフリーではないため動線に支障がある。

 南大隅町側が業務継続策定未設定部分にしているカ所は以下の通りです。
 ①水害についての欄・・・・・・・洪水予報未設定・特別警報未設定・決壊や越水未設定になっています。
 ②土砂災害についての欄・・・特別警報未設定となっています。
 ③高潮災害についての欄・・・潮位が未設定となっています。
 ④津波災害についての欄・・・震度情報未設定・大津波警報未設定となっています。


 南大隅町は、水害注意情報未設定・高潮注意情報一部未設定・津波情報が未設定でありながら・・・地下の発電施設に水が入るからうんぬんと言っていますが、いったい何?を根拠に広報しているのでしょうか?
 森田執行部は何の根拠を基に広報みなみおおすみで発表したのでしょうか?

 広報みなみおおすみに掲載された6点の問題の基礎資料となるべき業務継続計画策定状況がいまだ未設定なのに、面の皮厚く、よくぞ!庁舎整備事業有識者検討委員会を南大隅町側は立ち上げ町政座談会に臨もうとしているのです。


 しかし・・・よくもシャア!シャア!と広報みなみおおすみに問題でもない問題点を載せ、町民はバカだから!どうせわからないだろうからと、広報をばら撒く勇気があったものだと感心します。

 だから・・・かわごろもが主張するように・・・パンツを穿いて、ズボンを穿き、パンツとズボンのセットで新庁舎建設は必ず議論すべきだと言う事を少しは町民の皆様もご理解いただけたのではないでしょうか?

 今もってトシ坊一派はズボンの上からパンツを穿いて何が悪い!式の町政運営を今後も面の皮厚く行っていく予感がします。

 平成28年3月以前まで00課長だった方は、苦情は一切受け付けないと言う横柄な態度で、女性の会が立てた核誘致反対の看板に相当なケチをつけ、南大隅町のお金を使ってまで町内全域にチラシをばら撒きました。
 その時のチラシばら撒き責任者は、本当に業務上優先しなければならない町民の命を守る業務継続計画策定状況を何もしないまま退職していたのです。
   
 私は同じ男としてこの横柄でワンマンな卑怯者に対し腹が煮えくり返る程、腹をたてています。

 マァでもこの男と同じく・・・それとネジメのあのバカチンも
  南大隅町民が真面目に新庁舎建設問題を論議している最中、あまりふざけるにも限度があると思いますが、バカチンの呼びかけで、南大隅町の自治会代表達が一昨年は8名、昨年は6名青森県六ヶ所村に視察に行ったそうです。

 勿論、宿泊・飛行機代は誰が出したのか?無料だったそうです。

 そういえば・・・驕る平家は久しからずと言う例えがありますけど・・・・思い上がった振る舞いをする者は長く栄えることはなく、いずれ滅びるという例えですよね~~~~
スポンサーサイト
プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR