FC2ブログ

過去の南大隅町日記にみる辺塚砕石場問題!と森田町長!去年政府関係者に私の志は変わっていない!と言われたのは本当の話ですか?

 辺塚砕石場問題!辺塚沖海砂採取問題!そして昨年の森田町長発言の真意につきましては・・・今回は下記の記事を読み皆様各自判断してください。

 ↓下記クリック↓

 ニュースハンター:核ゴミ処分場マップ公表 揺れる「最適地」南大隅町


  過去の南大隅町核関連その1

 過去の南大隅町核関連その2

過去の南大隅町核関連その3

 過去汚染土問題・・・福島の汚染土を南大隅町へ

 そういえば・・・ここ掘れワンワンではないですが・・・とある方の・・・とある場所を掘ったところ・・・黄金・小判がザックザックどころではなく・・・廃材や木屑が埋め立てられていたと言うトンデモ仰天情報が入ってきました!

 不法投棄については・・・時効の問題もあるのでしょうが・・・廃材・木屑はシロアリの温床になるはず!

 不法投棄場所が住宅地に近い場所であれば・・・時効問題とは別に・・・隣近所の住宅にシロアリが発生する可能性があります。

 該当する地主さんは直ちに廃材や木屑を撤去すべきでは?ないかと思います。


 南大隅町日記・辺塚砕石場問題その1

 南大隅町日記・辺塚砕石場問題その2

 南大隅町日記・辺塚砕石場問題その3

 鶴保庸介議員・辺塚砕石場問題と辺野古埋め立て


  南大隅町内だけの問題かと考えていた辺塚砕石場問題!年末に入り政界を大きく揺るがす問題として動き出そうとしています。

 南大隅町民として、辺塚の採石場問題!辺塚沖海砂採取問題!について、今後のなりいきを注意深く注視していかなければならないと考えます。

新庁舎建設事業におけるプロポザール方式を多数で可決!しかし、南大隅町民としては、全く分からない点や疑問な点があまりにも多すぎますので・・・賛成議員の方々教えてください。

過去の南大隅町核関連その1

 過去の南大隅町核関連その2

過去の南大隅町核関連その3

 過去汚染土問題・・・福島の汚染土を南大隅町へ

 下記クリック!みんなの議会第50号:平成29年11月号:P5より・下記クリック!

 設計プロポーザルの討議については、みんなの議会第50号P5をごらんください。

 設計プロポーザルの審査を外部委託したほうが良いか?については、それぞれの立場から賛成討論!反対討論がなされています。

 設計プロポーザルの審査を外部委託する前、南大隅町として、まだまだやるべき事があるはずだ!と水谷議員さんが反対の意見を述べています。

 その内容はと言えば・・・


 水谷議員・・・私は反対の立場で討論します。庁舎建設事業に於いて設計プロポーザルの審査を外部委託する予算が提出されておりますが、我々が使用する庁舎を外部委託する事はあり得ない事であります。
 そもそも庁舎建設にあたっては、「庁舎建設の基本計画」を策定しそれらに照らし合わせながら審査・選定すべきものであります。基本設計の決定を外部委託するという事等あり得ません。


 と・・・町民目線から至極真っ当な反対意見を正々堂々と水谷議員は述べています。

 と言うより・・・ここで各議員さん方は・・・水谷議員さんのように・・・もう少し!よ~~~~く考えて採決には参加して欲しいのですが・・・採決に賛成をした議員さん方は本来議員としての役目・立場を本当に分かっている行動だったのでしょうか?疑問です。

 執行部を監視するのが議員の役目のはず・・・ところが・・・実態はヨイショ議員や二股膏薬議員や風見鳥議員や力の強い者の動きだけ異常に敏感なヒラメ議員の存在が議員は不要では?言う事につながっている事を各議員さん方は肝に命じて欲しい!もし?このような議員さんが今後も存在するようであれば・・・近い将来南大隅町は沈没するのでは?と心配します。


 今度は設計プロポーザルの審査を外部委託すべきだ!との立場から木佐貫議員さんが意見を述べています。

 その内容はと言えば・・・
 


 木佐貫議員・・・私は賛成の立場で討論いたします。一般的な建物の建設に於いては建設コストを・安全性・利便性を第一に考え将来的な維持管理費にお金がかからない建物を建設すべき設計をされます。その様な事からも、専門的見地からそれらの事を踏まえ審査・選定することは、公平かつ適正に審査されるとかんがえます。

 と言う内容で賛成意見を述べられました。

 ここで下々の町民として5点疑問がありますので、木佐貫議員さんを含む新庁舎設計プロポーザルの審査を外部委託する事に賛成された議員の方々!以下の質問に懇切丁寧にお答えください。


 1、外部委託業者の過去の実績は確かな評価があったのですか?勿論その評価は南大隅庁舎内で公開してありますか?賛成議員の皆さま教えてください。

 2、木佐貫議員さんが賛成意見の中で述べられている新庁舎建設については、建設コストを・安全性・利便性を第一に考え将来的な維持管理費にお金がかからない建物を建設すべきキッチリした提案内容だと、なぜ?わかるのか?相当疑問があります。何を基準に建設コストが適正なのか?がわかるのか?教えてください。根占中の家庭科教室みたいに建築後4~5年も経過しないうちから傾き、ヒビ割れでも出た場合、安全性はゼロになってしまう危険はないのでしょうか?今回の募集でこのような問題点を検証・明示された上で賛成をされたのでしょうか?賛成議員の皆さま教えてください。

 3、価格を重視した場合、結果として低価格入札になりやすく、業務内容に質の低下【注】根占中の家庭科教室みたいに建築後4~5年も経過しないうちから傾き、ヒビ割れが出ないか❓】を招かないですか?賛成議員の皆さま教えてください。

 4、プロポーザル入札の場合、高度な行政側の交渉能力が必要と思われますが・・・高度な交渉能力が南大隅町側にありますか?賛成議員の皆さま教えてください。
 
 5、森田町長の新庁舎建設に対する政治姿勢は、地震・津波・洪水・高潮・豪雨に耐える庁舎の建設であったはず・・・であれば・・・当然設計プロポーザルの審査を外部委託契約する条件としては・・・万一!地震・津波・洪水・高潮・豪雨に耐えない庁舎であった場合の責任所在を契約内容に書き込む必要があるのではないでしょうか?賛成議員の皆さま教えてください。

あれれっ?なんだか?森田町長の答弁は歯切れが悪いな~~~一体全体!高レベル核廃棄物処分場に関する科学的特性マップ意見交換会に南大隅町から出席するの?しないの?

過去の南大隅町核関連その1

 過去の南大隅町核関連その2

過去の南大隅町核関連その3

 過去汚染土問題・・・福島の汚染土を南大隅町へ

  みんなの議会第50号が11月9日に手元に届きました。

 この中には・・・高レベル核廃棄物処分場誘致反対の立場から津崎議員さんと大坪議員さん両名の一般質問が載っています。

 ところが・・・なんと!驚く事に・・・津崎議員さんと大坪議員さんの質問に対する町長答弁をよ~~~く拝見してみれば・・・


 詳しくは・・・このブログをご覧の皆さまも南大隅町のホームページから議会をクリックし、次に広報をクリック!みんなの議会第50号をお読みください。

 津崎議員さんの質問に対し町長は・・・

 町長答弁・・・2期目、3期目出馬の選挙の公約にも核関連施設受け入れ反対を挙げています。これまで同様、条例の有無に関係なく受け入れは拒否します。

 同じく津崎議員さんの質問に対し町長は・・・

 町長答弁・・・条例を遵守し文献調査に関しては断固拒否しますし、また応募もいたしません。

  <span style="font-size:x-large;">
【注】ぬぬっ!この方!文献調査に関してはとぬかされていますがよ!そいじゃ!科学的特性マップの説明会に南大隅町役場職員を出席させるつもりなのでしょうか?】


 今度は大坪議員さんの質問に対し町長は・・・

 町長答弁・・・町内のほとんどが輸送面でも好ましい地域となっていますが、これまで同様、核関連施設受け入れ断固反対であります。

 同じく大坪議員さんの質問に対し町長は・・・

 町長答弁・・・大隅半島に最終処分場が計画されるとなれば、1次産業や観光面への影響も考えられるので、広域的に考えていくことは重要であると認識しています。

 と以上の答弁を森田町長はしています。

 皆さま!もう一度!この答弁内容を、じっくり!そして、よ~~~くご覧ください。


 科学的特性マップに対する意見交換会に南大隅町からは誰一人出席させませんよ!とは一言も答えていないのです。

 経済産業省:科学的特性マップに関する意見交換会の開催について

 と言う事は・・・ひょっとしたら?まだスケベ心があり!科学的特性マップの説明会に南大隅町役場職員を出席させるつもりでは?との疑念が残ります。

 絶対反対の立場であれば・・・科学的特性マップの意見交換会に職員を出席させる事自体!おかしいと思うのは私だけなのでしょうか?
 
 
 科学的特性マップについて
 
 ↓下記クリック↓

 【保存版】2017・5月号・広報みなみおおすみ

 それではいったいどういった内容の事が広報みなみおおすみ5月号P3に載っていて少しだけ複雑な気持ちながら嬉しいのかと言えば・・・

広報みなみおおすみ・2017年5月号

 庁舎建設事業におけるプロポザールに賛成意見を述べていられる木佐貫議員さんについては、次回の日記に書きたいと考えています。∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…

大浜沖・町沖海砂採取許可反対の立場から!

 たまには・・・大浜沖・町沖海砂採取許可情報も書いておかないことには・・・

 なぜ?かと言えば・・・南大隅町町民が油断すしていると南大隅町長の意見書が一人歩きする危険性があるからです。


 大浜大規模崖崩落の原因は、もしか?したらこの事が原因だったのでは?と思われる文章をみつけました。

 その文章は広島大学・広島法学31巻2号に骨材需給と環境問題として掲載されたものです。

 ほんの一部ですが海砂採取参考資料として抜粋させていただきました。

 海砂採取による環境・生態系への影響と題した中に・・・大浜と同じ現象が書いてあります。


 海岸の砂地が減少し、海岸の後退、海岸付近の地盤沈下、家屋床下の砂が流出する例が(注:瀬戸内海で)報告されている。すなわち、道路に30センチぐらいの段差ができたものや、以前は床下まであった砂が雨水などと伴に流出し、50センチメートル以上の隙間ができたため、土台が揺らいでしまったというものなどである。

 これ以上大浜沖から大川沖にかけ海砂採取を続行するような事でもあれば・・・辻岳から御嶽に続く山が大きく動きだす危険性があると思うからです。

 だからこそ南大隅町日記は南大隅町民の命を守る為、海砂採取に一貫して反対しているのです。
 

 ↓↓下記クリック↓↓

 南大隅町長核誘致に断固反対!海砂採取許可申請書!

  高レベル核廃棄物問題!大浜沖海砂採取問題!

 下記は海砂採取許可申請書原本です。南大隅町長がこの採取許可に関わらないようにすれば、海砂採取許可は出ない事が充分おわかりいただけるものと思います。

大浜沖・町沖・海砂採取許可申請書原本
プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR