なぎさを守る皆様へご協力お願い!

 南大隅町大浜沖海砂採取反対の地元の方のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/

 前回に引き続き南大隅町大浜沖海砂採取問題と南大隅町高レベル放射性廃棄物処分場問題や放射性中間貯蔵施設の共通点を考えてみたいと思います。

>
>
> 000が切り崩しを強めて来ました。
> 口の達者な者を使って反キャンペーンを始めました。
> 一部の住民、自治会長に動揺が出始めています。
> 住民、自治会長が本質的ではない部分で責められています。
> 例えば、反対している者は一部の人間だけで自治会総会は開かれてないとか、自治会のお金を勝手に出しているとか、原発立地自治体と同様、砂関連、漁協で飯を食っている者が路頭に迷う者が出てくるとか、過去にお金を受け取っているとか、話し合いの席に着かないとか・・・・
>

 まず、下記説得の言葉に恐ろしいほどの意味があります。

> 原発立地自治体と同様、砂関連、漁協で飯を食っている者が路頭に迷う者が出てくるとか、過去にお金を受け取っているとか、話し合いの席に着かないとか・・・・

 (1)原発立地自治体と海砂採取問題を混同させている点がある。

 (2)このようなわかりやすい問題を混同させているからこそ、1回でも海砂採取を許可したことを既得権益と勘違いしている点がある。

 (3)当事者が勘違いしているからこそ、補償金で食っていける海砂採取ができなくなった時の切り札として同じく補償金で食っていけだろうと予想のつく高レベル放射性廃棄物処分場や放射性中間貯蔵施設をいとも簡単に誘致する運動をはじめるのでは?

 と言うよりも、この方々の中の数名の方が誘致グループに名前が連ねていると聞きます。

 マァ補償金で1回でも甘い汁を吸った者は、汗をかくのをすっかり忘れ・・・甘い汁・甘い蜜がある場所がよくわかるみたい。

 多分、海砂採取問題が頓挫した折の次のターゲットは高レベル放射性廃棄物処分場や放射性中間貯蔵施設を誘致する運動をはじめるだろうな~~~~

 なんと言っても、汗水流すことなく不労所得に味をしめた方々なので・・・・あま~い蜜の味

> 原発立地自治体と同様、砂関連、漁協で飯を食っている者が路頭に迷う者が出てくるとか、過去にお金を受け取っているとか、話し合いの席に着かないとか・・・・

 漁協・漁民の本来の仕事は、魚貝類を獲って生活するのが本筋だと考えるのは私だけなのでしょうか?

 漁獲高をあげたとは聞いても・・・・

 補償高をあげたとは聞いたことがない・・・まったくぅ~~

 補償金で生活するのが漁協・漁民の本来の姿ではないはず・・・・そうだ。そうだ。

 私は補償金で生活するぐらいだったら、正々堂々と生活保護を受ける。

 ところで、砂関連の事業者の方はそれなりに船の投資とか・・・砂の採取とか・・・汗水流されているのは充分理解しています。

 高レベル放射性廃棄物処分場の誤解

 廃棄物処分場と言えば、チリやゴミの処分場と勘違いをさせる言葉だと思いますが、10万年も人間が管理しなければならない管理場なのです。

 だから廃棄もできないのです。

 名称を少し変更させ、南大隅町に誘致しようと目論む連中が現にいます。

 県民の皆さん!町民の皆さん!言葉のロジックに騙されてはなりません。


 大飯原発再稼働後も供給量全く増えず・・・関西電力は火力発電所を止めて調整した。

 まったく国民をバカにした話だ。

 http://www.news-postseven.com/archives/20120721_130842.html

 BS世界のドキュメンタリー 放射性廃棄物はどこへ?「終わらない悪夢」(前編)

http://www.youtube.com/watch?annotation_id=annotation_370725&feature=iv&src_vid=wf3XhEhjVDY&v=WL2E0vwb3Zc

 公表されていない、チェルノブイリ以前の最悪事故。兵器用プルトニウムを作っていたマヤーク核施設(ロシア)は、その廃液を湖に棄ててきた。周辺800平方キロが立ち入り禁止。他に、海底に放射性物質の入ったボロボロのドラム缶。放射能が環境中に漏れ汚染して生体濃縮していく必見の映像。

BS世界のドキュメンタリー 続 放射性廃棄物はどこへ?「終わらない悪夢」(後編)

 http://www.youtube.com/watch?v=wf3XhEhjVDY&feature=endscreen&NR=1

 日本も再処理をして貰っている、フランスから運ばれた放射性廃棄物8000キロ先のシベリアにコンテナに放置。フランスの再処理ウランの行方。「原子力は再生可能でリサイクルできると主張する」ウランの取引をするアレバ社の死の商人。現在、商用で再処理をしているのは、フランス、イギリス、日本の3国のみ。シベリアの奥深く棄てられるフランスの劣化ウラン。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR