9月9日に南大隅町で会いしましょう!

 佐多の良心様からビックリするような特ダネが・・・時期を見て皆様には公開したいと思います。

 平成24年9月9日・南大隅町がいかに風光明媚な土地であるのか?自分たちの目で確かめたいのだそうです。

 もちろん南大隅町民の参加も熱烈歓迎します。詳細につきましては、南おおすみの自然を守る会にお問い合わせください。

 今回は様々なガス抜きの方法について・・・

 まず国会・・・

 野田首相は民主党政権で初めて竹島問題について・・・韓国が竹島を不法に占拠していると韓国を批判
しました。

 これも国民向けのガス抜き対策?

 さてさて平成24年8月24日の放射能汚染土南大隅町が最終処分地報道にはビックリしたと言うより、相変わらず継続して、地下深く放射能関連施設を南大隅町に誘致しようとしている南大隅町の一部輩と国が動いているのだな~~~としか思いませんでした。

 腹が立つけど・・・・火消しのパターンも同じ?笑っちゃうな?そう子供だまし・・・

 第一幕・・・平成19年3月・・・当時の町長はじめ町議会議員らがNUMOを招き高レベル核廃棄物最終処分場の件でコッソリ・・・ヒッソリ勉強会を開いたことが報道されました。

 その途端!当時の南大隅町町長曰く・・・

 もう誘致はしません。その一言が誘致反対町民に対する対策だったのか??・・・そのガス抜きの言葉で不思議と騒動は急速に沈静化しました。

 放射能関連産業が南大隅町に来ると町民が騒動をはじめる直前、誘致しませんと言うガス抜き言葉で一件落着するかに見えたのですが・・・・実は見えただけだったのです。

 南大隅町に誘致とガス抜き対策の二面作戦の脚本は、その道のプロが書いているように見えます。

 第2幕・・・第一幕・平成21年3月・是か非でも高レベル核廃棄物最終処分場を誘致したい町側は・・・・町長・議会でドジを踏んだ経験をもとに、今度は形を変え(まるでエイリアンみたい。)南大隅町の農水商工団体と自治会長など各種団体長でつくる「南大隅町まちづくり推進協議会」と言う団体を発足させ、その団体が独自に高レベル核廃棄物処分場誘致の陳情を議会に提出する動きがあることがマスコミ報道されました。

 南大隅町を最終処分場にするか?否か?実際に検討資料として使用されたニューモ側の地図

 http://www.numo.or.jp/koubo/bunken_chisitsu/condition/46kagoshima/46491.pdf

 またまた火消し??森田町長のコメントとして、当時の新聞記事に以下の内容が・・・

 森田俊彦町長・・・議論が進んでいることは承知している。行政としての対応は白紙の状態。多くの町民の声を聞き、議会と協議する必要があると話しています。

 疑惑?不思議!疑惑?不思議!森田町長が初当選したのが、平成21年4月・・・それからわずか8ケ月後、高レベル核廃棄物最終処分場の議論が進んでいたことを皆さんは信じられますか?

 長い月日を経、誘致脚本家は、高レベル核廃棄物最終処分場誘致をする魔の手でジックリジックリと町民を洗脳していく様がおわかりになろうかと思います。

 第3幕・・・平成22年1月・・・南おおすみの自然を守る会発足

 平成22年3月に広瀬隆さんの講演会を開催する為、南おおすみの自然を守る会が動きだした所・・・

 高レベル核廃棄物最終処分場誘致に熱心な町民より・・・もう誘致はしないことに決定したから安心しての言葉・・・

 目的は??勿論、広瀬隆講演会を潰すのが最大の目的だったはず。

 南おおすみの自然を守る会として直ちに会議を持ち、絶対に誤魔化しの言葉だから騙されないように・・・と言うことを確認しあい、平成22年3月広瀬隆さんの講演会を成功させました。

 ここでもガス抜きの手法が・・・

 第4幕・・・平成22年7月・・・高レベル核廃棄物最終処分場誘致に熱心な議員さんや町民がこそっと鹿屋市内で会合を持っている情報が飛び込んできました。

 そのことを受け、南おおすみの自然を守る会の会員が実名で南大隅町の掲示板の中で会合は真実なのか?を質したところ、匿名の誘致賛成派の標的になる事件が発生しました。

 その後、誘致賛成(誘致賛成派は卑怯にも全員匿名)・誘致反対(誘致反対派は正々堂々と全員実名)入り乱れての論戦・・・論戦が最高潮に達した頃、突然の掲示板の廃止

 これって言論封鎖? 言論弾圧?

 どこかの国の独裁者に手法が似ているような?

 ここでもガス抜きの手法が・・・

 第5幕・・・平成23年2月25日午後13時30分・南日本新聞会館 みなみホール内
 経済産業省資源エネルギー庁主催「全国エネキャラバンIN鹿児島 もっと知りたい!くらしを支えるエネルギーのこと 放射性廃棄物と地層処分」があり、南大隅町からはマイクロバスを仕立てて参加しました。

 http://www.ho-hi.com/modules/piCal/index.php?action=View&event_id=0000000055

 詳細は平成23年2月13日南大隅町日記より転写

 鹿児島市で開催される高レベル核廃棄物処分シンポジュウムの件で、我が南大隅町議会も、どうやら動きだしたらしい??

 議員同士鹿児島市で開催される高レベル核廃棄物処分シンポジュウムへ参加するのか?しないのか?お互い声かけして確かめあっている模様!(影の声・・・江戸時代の隣組制度みたい・・・怖いな~~)

 高レベル核廃棄物処分について、ひどい話と言うべきなのか?幼稚な考え方と言うべきなのか?・・・・南大隅町執行部側は、高レベル核廃棄物処分を誘致するのか?しないのか?は住民自身が決める問題だからと、南大隅町民に責任転嫁する形で、住民投票を実施して決めたいようだ。・・・・(小泉首相当時、はやった、いわゆる自己責任と言う名の責任転嫁・・・)

核誘致については、町民には公開もお尋ねもしないまま、密室で決定(議会で)し誘致に奔走したあげく、都合が悪くなれば住民投票で誘致の可否を決定したいなんて、無責任さもここに極めれば、本当の大人の考え方ではないと言うことが、わかって言っているのだろうか?こんな低レベル発言をする者は、恥と知るべきことなのに・・・

 例えば、子供が悪さ(核誘致を決定)をしたあげく、僕は悪いことをしていないよ!先生!僕がとった行動が悪かったことなのか?生徒全員に聞いて見て(住民投票)と言っている子供レベルの考えだ。

 それって、あんた方、利己的なご都合主義でないの・・・なぜ?高レベル核廃棄物処分誘致の問題に火がついたか考えたことがあるの?もともと、あんた方南大隅町議会が高レベル核廃棄物処分問題を、密室でコソット誘致しょうとしたことが、今回の騒動の発端だったのを忘れたのか。

 子供だましみたいな、せこい方法で、高レベル核廃棄物処分場誘致をやり遂げ、自分達(議会として)の責任から逃げ切ろうと、浅はかな行動を目論んでいるとは・・・・まったく、けしからん!

 南大隅町議会の皆さんは、何が真実の行動なのか?言行不一致を含め、世間様がこのブログをじ~っと見ていることも忘れないでほしいな~~

 住民側に責任を負わす住民投票実施の前に、南大隅町議会は自ら潔く男らしく議会を解散し、高レベル核廃棄物処分誘致問題を公約にし、町民の信を問うべきだ。それこそ本当の意味で、有権者がどう答えるか?その結果を自己責任と言う。

 さてさて、何人の南大隅町議会関係者が、お膳立てされた高レベル核廃棄物処分シンポジュウムに参加するのか?興味深々だな~~~

 南大隅町民の皆さんへお願い!
 自分が支持している議員さんが、今回(1)高レベル核廃棄物処分シンポジュウムに参加するのか?(2)高レベル核廃棄物処分場を誘致したいと考えているのか?この2点を聞いてみてください。

 高レベル核廃棄物処分シンポジュウムで発言するパネリストの方々は、もっと責任ある発言をしてほしいな~~~責任ある発言とは???まず自分の故郷に高レベル核廃棄物処分場を誘致する運動をし、一旦挫折を経験してからでも、えらそうな発言は、していいのでは???

 故事より・・・パネリストの皆さんへプレゼント!・・・まずは隗よりはじめよ!ただの評論家となるなかれ!

BS1・NHKにおいて、下記番組が2月16日放送されます。核の怖さを知らない方々に是非視聴していただきたいお勧めの番組です。

NHKドキュメンタリー
地下深く 永遠(とわ)に ~核廃棄物 10万年の危険~
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/110216.html

 今回のガス抜きは・・・・不幸にも全国キャラバンより約2週間後に福島原発の事故が・・・あの不幸な出来事が南大隅町民のガス抜きになってしまったように感じます。

 第6幕・・・平成23年9月12日・南大隅町議会傍聴・・・昨年9月12日の日の南大隅町日記をそのまま転写

 U議員からの質問・・・町長就任時、アンケートや意見書を全職員から集めたと言う話を聞くが、アンケート結果はどのようであったのか伺う。

 森田町長答弁・・・・個人情報の問題だから、答弁は控えます。

 かわごろもは、公職(町長)としての立場で、町政に生かすため、アンケートや意見書を全職員に求めたのであれば、その結果は公表し、町政に生かすべき問題であると思う。

 ※個人情報保護法問題とは、相当かけ離れたレベルの問題であるという認識が森田町長は薄いのでは??これは個人情報保護法に関する勘違い答弁か??摩り替え答弁では??

 U議員質問・・・南大隅町で高レベル核廃棄物最終処分場誘致:高レベル核廃棄物最終処分場誘致反対の話があるが、この高レベル核廃棄物最終処分場について、町長の考えを伺う

 町長答弁・・・・現在のところ、白紙の状態

 影の声・・・ンダモ!ンダモ!ンダモシタン~~~

  2011年3月11日・福島原発で、あれほどの大事故があったのに・・・・本当に?福島原発事故の悲惨さがわかっているのかな~~~~

  http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=MVKWtxXtZ3E

 もし?国から誘致話が舞い込んできたらどういう答弁をするつもりなのかな~~~????

 自治体の長として、本当に確固たる方針はないのかな~~

 福島原発事故を受け、建設計画のある原発を含む、新規の原発建設ができない中・・・・

 現存する原発も57基のうち11基しか稼動できていない中・・・・

 高レベル核廃棄物処分場の安全性は、いまだ確立していない中・・・・

 安全性が全く担保されていない中・・・

 そう言えば、大浜の土石流問題で・・・大浜の住民の方々から、いつ自宅に帰れるのか?の質問に対し、安全性が担保されてから・・・と言う回答をしたのは、誰だったのかな~~

 なぜ?   なぜ?   なぜ??

 自治体の長として、町民の安心・安全の立場から毅然とした態度で、高レベル誘致を否定してもらいたかったのにな~~~

 町長には、お上(国)を見ての答弁ではなく、町民目線での答弁を強く望みたいな~~~

 町長は、議員は町民の代表が町民の声を代弁しているんだと言う認識が、少し薄いのでは???

あと1点気がかりなことが・・・・

 傍聴席から議会を傍聴していて、議会における緊張感が、少し不足しているように感じた。もっともっと白熱した議論があってもよいのでは・・・・

 ある議員さんの話では・・・・・ある議会開催前、ある議員さん宅で、鍋を囲みながら楽しく会食があったとのこと・・・・まさか?毎回毎回、議会開催前に飲み会をしているわけではないのでしょうが・・・・でも、もしかしたら??議会の緊張不足の原因のひとつになっているのでは??

結論・・・・町興しは、まず議会の白熱した議論から・・・・議論なくして町興しなし!

 次回より白熱した議論を望みたいのですが・・・・白熱した議論を望まない一部勢力は、この南大隅町日記さえ目の敵にし、現に日記掲載継続を阻もうとする動きまで現れています。

妨害内容で一致しているのは?奇妙?なことに本当に奇妙なことに・・・一致した言動と、一致した言動のあとの睨み・・・

 組織的動きの特徴???組織で動くと言えば????なぁ~~~るほど。

※法律用語・・・威迫行為・・・他人に対し、不安・困惑の念を生じさせるもの。

 マァあまりにも妨害がひどい時は、この日記で、その内容も含め、アルファベットの頭文字で公表するつもりでいます。

 さてさて今回のガス抜きの言葉の主役は??

 平成23年11月20日日付の南大隅町日記より転写

 鹿児島県南大隅町振興会長会と鹿児島県南大隅町議会との懇談会を南大隅町日記に公表したところ・・・・世にも奇妙な話・・・本当に世にも奇妙な言行一致!!実は、9月議会当日、町長答弁のあと、あるマスコミ関係者が議会傍聴していた、ある高レベル核廃棄物処分場誘致反対の有志の方に近づき、

 言った言葉が、なんと議会関係者の言った言葉と全く同じだったと言うご連絡がありました。どうやら?マスコミ関係者を巻き込んだ陰湿な誘致運動が地下深いところで、益々活発に動いているようです。

 (注)このマスコミ関係者は・・・・本日の町長答弁は誘致しないと言う内容の答弁であったと、なんと議会傍聴をしていた高レベル核廃棄物最終処分場誘致反対派の方に言われたのです。

 傍聴していた者に対する誘導・・・全く信じられない行動です。聞くところによりますと、町長とこのマスコミ関係者は高校の同級生であるとか・・・

  第7幕・・・平成24年8月24日・南大隅町に放射能汚染土が最終処分場に・・・

 これに対し、平成24年8月25日、南おおすみの自然を守る会は南大隅町町役場会議室に於いて、放射能汚染土反対の集会を開きました。

 反対のうねりは、南大隅町の枠を超え・・・大隅半島全域へ

 さらに鹿児島県全域へ

 そして日本全国へ・・・

 騒動が最高潮に達した頃・・・ ここでもガス抜きが・・・

 平成24年8月28日・放射能汚染土持ち込み問題に対し、大隅9市町が反対する旨の報道がされました。

 まとめ!
 町民に対するガス抜きと目くらましを併用しながら、確実に確実に高レベル核廃棄物最終処分場誘致や放射性中間貯蔵施設誘致の動きはあります。今一度過去を振り帰りながら、皆んな騙されないようにしましょう!必ず第8幕が開く時が間近に迫っているから・・・私は騙されない!

 南おおすみの自然を守る会ホームページの紹介

 http://shizenmk.web.fc2.com/index.html

 南大隅町大浜沖海砂採取反対様のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/

  鹿児島の脱原発様のブログのご紹介

  http://taniguchi11.blog.fc2.com/

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレスより・・・

  http://sustainable-zone.org/

 南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf



 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR