核関連施設を誘致させない条例制定に反対する勢力の陳情書解析その1

 南大隅町議会が南おおすみの自然を守る会側が提出していた核関連施設立地拒否の条例制定を要望する請願書を賛成多数で採択していただいたことは、今でも大変感謝しています。本当に有難いことだと思います。

 ところで陳情者様から垣間見える核関連を持ち込ませない条例に反対する方々の考え方や今後の動きを少し予想してみました。

 陳情者様が陳情書提出の要旨として訴えられた言葉とは?

 是非、原子力の専門家や環境省を招聘し、議員・役場職員・町民一丸となって学び、公開討論等を開催し進めてほしいとの要旨に対し反論します。

 陳情者様が発言されている原子力の専門家を招聘し・・・・云々

 専門家の勉強会については、町民には黙って・・・こそっと2007年・原子力発電環境整備機構を南大隅町に招き南大隅町議会として勉強していたことを、陳情者様は、もう忘れられたのですか?

 あの勉強会があったからこそ・・・・砂糖に群がるアリみたいに・・・取らぬ狸の皮算用のごとく特定の利権集団が形成され誘致運動が始まったのではないのですか??

 そして、夢はだんだん膨らみ・・・高レベル核廃棄物最終処分場を誘致できた暁には、お前(00さん)を南大隅町の高レベルの窓口事務局長にするからと言う夢物語まであったとか・・・

 最も進んだ情報の時代・・・

 陳情者様に於いては、少しどころではなく、相当情報が不足しているように私は感じますけど・・・

 安全だ~~安全だ~~と叫びながら、原子力の専門家と学者と国と三位一体の原子力ムラの面々が進めた原子力政策の破綻が不幸な福島原発事故だったと、まだ総括されていられないのでしょうか?

 今までも、各電力会社は原発内の事故を隠ししていたことが山ほどあるのに・・・

 国民に隠さなければならない事実とは?

 3.11翌日の2011年3月12日の正午のNHKニュースで、アナウンサーが福島第一原発事故関連のニュースを読み上げている最中、今の原稿、使っちゃいけないんだって」というアナウンサー以外の人の声が入り、その後、アナウンサーは本来、繰り返すべきニュースのアナウンスを取りやめました。

 ニュースをよ~~く聞いてください。重大な問題が含まれているからこそ、隠さなければならないのでは?
   
 以下がそのNHKの音声です。

NHKニュース

 まだ世界中どこの国でも高レベル核廃棄物最終処分場が可動している国はありません。

 陳情者様は原子力に関する専門の学者を呼んで、まだ経験したこともない高レベル核廃棄物最終処分場の安全性が100%安全だと証明することができると本気で考えていられるのでしょうか?

 陳情者様の心に少しでも寄り添うことが出来ればと言う思いから・・・高レベル放射性廃棄物地層処分誘致論者の立場の方々の文献だけを引用し、安全性があるのか?を検証してみたいと思います。

 社団法人 土木学会が平成2年1月に土木技術者のための高レベル放射性廃棄物地層処分の現状と技術的課題として出版しています。

 もちろん、この本の執筆陣は東大の教授・電力会社関係者・日本原燃関係者・通産省関係者・ゼネコン関係で占められています。いわゆる原子力ムラの面々の方々の執筆です。

 まさに陳情者様の言われる高レベル放射性廃棄物地層処分誘致専門家集団

 この本の中に・・・ 中略・・・放射性レベルが減衰するまでに、種々変化することが予想されるため・・・中略

 かわごろも・・・予想されるため?・・・予想の段階で高レベル放射性廃棄物地層処分してもらった場合、国民の安全はどうするんだ!まだ予想の段階で100%の安全宣言が確定していないことを陳情者様もご理解していただけたでしょうか?

 ガラス固化体のことも記載がありますが、現在でも六ケ所村でガラス固化体技術が確立していないことも、陳情者様はご存知なのかしら??

 技術の現状としての項には・・・中略・・・すなわち、設計は地質条件などを十分考慮して行なわれるが、実際の空洞周辺岩盤挙動は複雑であり、また予期せぬ破砕帯等に遭遇したりすることがある。・・・中略・・・

 このことを裏付ける形で、地質学者であり、原子燃料公社や動力炉・核燃料開発事業団に勤務経験のある土居和巳先生・1993年の著書・・・そこが知りたい放射性廃棄物の中に以下の記述が・・・

 P105・・・中略・・・放射性廃棄物の隔離、特に高レベル放射性廃棄物の処分は隔離期間が数万年にも及ぶものであり、この間における安全性を担保するためには広範、かつ大量の研究・開発を必要とします。科学技術の現状からみると、この研究・開発に要する時間は50年をゆうに超すとみられます。

 陳情者様が指摘されている高レベル放射性廃棄物処分場誘致賛成派の学者様でさえ、科学技術の現状からみると、この研究・開発に要する時間は50年をゆうに超すとの指摘があります。

 1993年からプラス50年と言えば、2043年・・・まだまだ高レベル放射性廃棄物の処分について安全性が完全に確立していないことも陳情者様は御理解されているのでしょうか?

 ところで・・・陳情者様のご指摘に少し矛盾点が?

 陳情者様は言います。大事な自然・環境です。結論を急がず、感情論で突き進む姿勢は私は絶対反対します。

 ところで、この投稿も感情論で、分かった素振りではありますが・・・典型的な御為倒し(おためごかし)だと思います。

> 産廃処理施設に賛成ではありません。
> しかし、反対・反対と言ってばかりでは話しは進まないのではないでしょうか?
> 南大隅町だけの問題ではなく、汚染土の処理の仕方・原発の問題、国民全員が真剣に考える時ではないでしょうか。
> 町長・推進派と毎回、目にしますが、、、
> 少なからず、自分達で選んだ人ですよね?他の事では活躍されてますよね?
> >知事選の時もそうでしたが、、、
> トップになるとは、産廃や原発一つの問題だけに取り組む訳ではないですよね。
> 反対する気持ち・不安、本当に分かりますが、ブログで騒ぐのではなく、、、もう少し大人の対応で立ち向かって欲しいと思います。
>


 そして、歴史は語るです。自然破壊・環境破壊の元凶は開発だったからです。

 再び感情論についてです。2年ほど前まであった南大隅町の掲示板

 なぜ?南大隅町の掲示板は閉鎖されたのでしょうか?

 どこかの国の独裁者の言論弾圧と同じ手口?

 なぜ?高レベル核廃棄物最終処分場誘致に反対する意見を掲示板上で展開し、実名投稿していた方の掲示板を閉鎖しなければならなかったのでしょうか?

 私は、おごり・たかぶり・感情論が町政を裏で操る独裁者の方の頭のスミにあったからこそ閉鎖に至ったのでは?ないかと考えています。

 南大隅町の掲示板に実名で高レベル放射性廃棄物処分場の誘致について、ある方が反対の意見を述べたところ・・・

 陳情者様も充分にご存知の3名の方々です。・・・しかもこの3名(建設会社社長・役場職員含む)の方々は卑怯にも匿名で、感情的に特定の方を南大隅町の掲示板で攻撃した事件であることもご存知のことと思います。

 もし、剣道や柔道を経験されている方が、掲示板に、しかも匿名で感情的になったうえ、実名者を攻撃していた場合、武士道に最も劣る卑劣な行為であると認識すべきです。

 南大隅町の掲示板のコピーを見せていただきました。匿名攻撃者の方々の文章には、一片の品位のカケラもありませんでした。

 意見を述べるのであれぱ、一方は実名投稿しているのですから、男だったら正々堂々と実名でキチンと反論すべきだったのではないでしょうか??

南大隅町掲示板

 だからこそ、私は感情に流されず、陳情者様の発言に対し、事実だけに基づいて、今後も反論させていただきます。

 もちろん陳情者様も、今までの経緯を踏まえながら諸々の反省にたち、感情論で突き進むのに反対されているものと信じますが・・・

 陳情者様が、自然と環境を本当に守りたいのであれば、もっともっと様々な文献に目を通し、高レベル放射性廃棄物の処分を誘致した場合の環境破壊についても勉強すべきではないかと思います。

 ある議員さん曰く・・・高レベル放射性廃棄物は、絶対南大隅町には持って来れないのだから、だから条例も必要でないとの意見に対し強く反論します。

 議員さんともあろう方が何ら裏付け証拠をつけての説明もなく、どうして絶対南大隅町に高レベル放射性廃棄物処分場を持って来れないのか?について、町民が納得できる証拠を示し、そして、わかりやすい説明をすべきでは??・・・抽象的な発言は素人でもできます。

 条例案ができた場合、その文言について一字一句精査が必要な予感が・・・

 核誘致論者の方々の発言をテレビ等で聴いたり、特別委員会等で、ある議員さんが中立の立場を装いながら微妙な核誘致の立場から発言するのを聴いていますと、あまりにも御為倒し(おためごかし)の発言が多すぎるように感じるのは、かわごろもだけなのでしょうか?

 南大隅町議会の核関連事項の内容がIWJでご覧いただけます。

南大隅町議会核関連請願採択

 今後、核関連施設立地拒否条例制定に関する特別委員会がいつ頃開催されるのか?まだまだ油断がなりませんので、引き続き議会を注視していきたいと思います。

 下記アドレスは、お医者様の書いた論文です。甲状腺嚢胞の発生比率の比較。長崎、チェルノブイリの子どもたちと福島の子どもたちの発生比率。呼吸機能障害についても詳細述べてあります。
 南大隅町の放射能関連施設誘致賛成論者は放射能関連施設を誘致した場合、放射能で自分たちの子供や孫達の命も危なくなると言うことをもっと勉強してほしいな!

 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

放射性廃棄物拒否条例の町一覧

 下記のブログは南大隅町の放射能関連施設問題について、詳しく書かれています。

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

南おおすみの自然を守る会HP

 南大隅町大浜沖海砂採取反対様のブログのご紹介

  http://ameblo.jp/hayatospa/

 南大隅町地元辺塚の方の放射能関連産業誘致反対のブログ・・・怒っているぞ~~~

へつか屋しまこ農園様のブログ

  山のツバル様のブログのご紹介

  http://www.yamano.tv/2012/08/2287   

  日々雑感様のブログのご紹介

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

  脱原発小冊子のご紹介
 タイトル 原子力に反対する100個の十分な理由
 原作 ドイツEWS社が作成した資料
 発行者 エスペラント伝習所須恵
 お問い合わせ先  hashi.juki@nifty.com
 価格 160円/部プラス送料(80円切手3枚でも可)

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf

サンデー毎日平成23年12月18日号P30より

 ・・・中略・・・放射性銀の「銀110m」については、海洋汚染が懸念される。NHKの報道番組では、太平洋のアワビの内臓から1キロ当たり1850ベクレルの銀110mを検出したことが報告された。・・・中略・・・銀110mの半減期は約250日。ベーター崩壊後、「カドミウム110」に変わる。カドミウムは、イタイイタイ病の原因物質である。・・・中略・・・

 半減期が250日と言って安心できるどころか、悪名高い公害病!イタイイタイ病が発症する恐れも放射性銀にあるとは!!・・・日本人はいったい何を食べて生きていったら安心なのだろうか?

 様々な放射性物質が入り混じっている放射能関連施設を、万一南大隅町に誘致した場合、鹿児島県農業は壊滅することにならないかと心配する。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR