イケス増設問題!プロ(新聞)は独自にじっくり時間をかけて検証すべき責任があるのでは?

署名・署名運動・御連絡先

市民団体・県知事リコール組ネバーギブアップ(代表者・堂園晴彦氏)

鹿児島市小川町2-6 カサベルデ601号(事務局長・能勢謙三氏)

099(2227)2565  県知事リコール組ネバーギブアップHP

「署名」「受任者」に附きましては.. 上記のHPか事務局まで御連絡を宜しく御願い致します。

 


 南大隅町のイケス増設設置に関する問題について、平成25年10月16日ひと夏の騒動と題する記者の目として掲載された。

 な~~んか小バカにされたような?な~~んか軽いタイトルに感じたのは私だけなのでしょうか?

 この記者氏の報道姿勢に、あれっ?と疑問を感じたのは、イケス増設地域の該当住民の方々だけではなかったはず・・・



 記者の目氏は、イケス増設場所の現状を知るため知人に船を出してもらい、すでに養殖している海域と海岸線を見て回った所、少なくとも自分の目では、油やエサが浜辺で浮いたり、岩に着くといった様子は確認できなかったと言いますが・・・・


 疑問1・・・記者の目氏も、プロなら独自に、そして抜き打ち的に、せめて1年間養殖場回りの海岸線や海底を調査してから記事として発表すべきではなかったのでしょうか?

 疑問2・・・四季折々の海の顔・・・冬は南大隅町の海岸線を強く洗う西の風・・・逆に春から夏にかけては、湾奥に吹く南西の風・・・まず、風の影響とエサの流れの関係の検証不足があります。

 疑問3・・・四季折々の複雑な海流の流れに対する検証不足があります。
 

  下記リンクで「鹿児島湾南部」の、1ヶ月単位最新版の潮流情報が得られます。

鹿児島県南部1ケ月単位の潮の流れ

第10管区海上保安部 海上情報部


 次に記者の目氏は言います。反対派住民らの対応にも疑問が残った。漁協は理解を求めるため、イケスと海岸の視察会を行ったが、反対派はほとんど現れなかった。「海岸が汚れる」というのなら、参加して具体的に実情を訴えるべきであったと・・・・何か現れなかったと言う記者の目氏の表現に少しだけ引っかかりが・・・心の中で差別的な言葉に近いのでは?と抵抗感が芽生えました。・・・それは??お猿さんとか猪とか現れなかった事を連想したからです。この場合、説明会に参加しなかったとの表現が一番あいそうですが・・・

 イケス問題に対し好意的な発信を続ける、あるブログの中身を記者の目氏は、ぜひともみていただきたい。

 ある日のブログには・・・イケス問題について説明会を漁協側が開催した事の記述があります。そしてその中に・・・一人の住民の方が漁協側に意見を述べたところ・・・漁協組合長から一喝されたと言う事が自慢化に書いてあります。

 記者の目氏は、イケス増設説明会場に、該当地区住民より人数が多い、漁協組合員が出席し野次と威圧的言動があった事もご存知なのでしょうか?

 記者の目氏は、穏やかな住民の方々を威圧する空気や嫌な言動を乗り越えてまで、住民の方々が現地説明会にハイハイと行ける雰囲気だったと、お考えなのでしょうか?

 記者の目氏もお仕着せ的な見学会ではなく、長い時間をかけ、ここは独自に調査すべきでは?

 漁協側も海はオレのものだ!と言う高飛車発想から、もっと腰を低くし、もう一回、今度は漁協組合長一人でイケス増設の説明会を開くべきだと考えるのは、部外者の私一人だけなのでしょうか?


 辞職したU町議さんに関する特別調査委員会の設置を森田町長が決めたと言う話を聞きました。とても素晴らしい事です。

 他人様の事なら、特別調査委員会を直ちに設置できるのですから・・・森田町長の委任状に関する特別調査委員会も直ちに設置してもらいたいな~~~~サンタさんのプレゼントは??100条委員会設置でいいな~~~~Mが歌う・・・他人様の唄・・・♪♪他人様の事なら♪♪~~~♪え~~んゃこ~~らっ♪♪もひとつおまけは?♪♪ィ~~~ヤだよ♪♪


 南大隅町の核処分場誘致問題について・コソットそっと誘致運動

初当選・・わずか1ケ月後、手馴れているね~~~公印矢のごとく!ド~~~ンと押す公印。ン~~~トシちゃん!たくましいね~~無責任だね~~~正々堂々!正々堂々!前へ前へ

 南大隅町の核関連施設誘致問題と公印&委任状問題と100条委員会設置を望む町民

放射線被爆対策

 汚染土誘致と南大隅町・・こそっと・・・こそっと

 加藤コミッショナーも統一球問題で辞任しました。

 U町議も辞職しました。

 森田町長も男らしく委任状問題で辞職すべきです。


 統一球問題で加藤コミッショナー辞任

元首相小泉氏脱原発を語る。

 脱原発に踏み込んだ元アメリカ原子力規制員の発言

汚染水の解決、このままでは不可能

 条件付き承認に伴う知事コメント

 再稼働条件付き承認

署名・署名運動・御連絡先

市民団体・県知事リコール組ネバーギブアップ(代表者・堂園晴彦氏)

鹿児島市小川町2-6 カサベルデ601号(事務局長・能勢謙三氏)

099(2227)2565  県知事リコール組ネバーギブアップHP

「署名」「受任者」に附きましては.. 上記のHPか事務局まで御連絡を宜しく御願い致します。

 

 下記は参考資料です。

鹿児島 暴露クラブ

弱虫君の戦い

ネットポリス鹿児島

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

原発が来て町はどうなったのか?

山本太郎さんと広瀬隆さんの放射能に関するDVD購入なら

南おおすみの自然を守る会HP

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

 原発のない社会を目指して

ハンター

NETIB NEWS

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

 ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf











 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イケス新規増設問題について

 私が提案している養殖イケス増設問題で、本ブログ内容を充分吟味精査していただければお分かりいただけるものと思うのですが・・・相当誤解勘違いがありますので少し説明を・・・・・

 1、まず、なぜ?該当地区住民の方々がイケス新規増設に反対されているのか?

 2、その不安部分の払拭ができるような話し合いが穏便な形で充分なされたのか?

 を問うているのです。

 私は自分なりの考え方として、本ブログで以下提案をしました。

 1、まず、該当地区住民の方々と漁協側と新設場所について、協定書を結ぶ事を・・・

 2、次に協定書の中身は、漁協側が自信を持って主張している点、新規増設しても大浜地区海岸は汚れない!と言う部分をお互い文言に注意を払いながら協定書を作成すべきでは?と提案しています。

他所のブログに寄せられていたコメントを見て腹立たしく思いました。

そのコメントのハンドルネームは某漁協名が使用されています。

一見もっともらしく書かれてありましたが、読んでいて可笑しくなりました。

当たり前のことを自慢気に書き、あたかも生け簀増設に反対している人間が非常識な人間であるかのごとく書かれていたからです。

これまでも複数箇所において、使用出来なくなった生け簀を海中に投棄し問題となったことがありました。

海保から指摘され多額の費用をかけ回収したことがあったはずです。

これまでの行いが周辺住民に不信感を与えていることを先ずは反省すべきではないでしょうか?

大浜地区に住む方の話によると、反社会的勢力に属する人間から「どうして生け簀増設に反対するんだ!」などと、脅しに近い電話が一方的にかかってきたと聞いています。

漁協がらみのトラブルは他にも沢山あります。

私はこれまで静観していましたが、今後は漁協問題についてコメントさせて戴きます。

Re: タイトルなし

> 他所のブログに寄せられていたコメントを見て腹立たしく思いました。
>
> そのコメントのハンドルネームは某漁協名が使用されています。
>
> 一見もっともらしく書かれてありましたが、読んでいて可笑しくなりました。
>
> 当たり前のことを自慢気に書き、あたかも生け簀増設に反対している人間が非常識な人間であるかのごとく書かれていたからです。
>
> これまでも複数箇所において、使用出来なくなった生け簀を海中に投棄し問題となったことがありました。
>
> 海保から指摘され多額の費用をかけ回収したことがあったはずです。
>
> これまでの行いが周辺住民に不信感を与えていることを先ずは反省すべきではないでしょうか?
>
> 大浜地区に住む方の話によると、反社会的勢力に属する人間から「どうして生け簀増設に反対するんだ!」などと、脅しに近い電話が一方的にかかってきたと聞いています。
>
> 漁協がらみのトラブルは他にも沢山あります。
>
> 私はこれまで静観していましたが、今後は漁協問題についてコメントさせて戴きます。

どらえもん 様

 御投稿誠に有り難うございます。

 大型の台風が接近してきています。ねじめ漁協の皆様もイケスの台風対策で忙しい一日だっただろうと思います。

 南大隅町にとって、農業・漁業は基幹産業であることに間違いはないのですが・・・

 ウミガメの保護活動の方々からお話をお聞きしました・・・とにかく、一年中海岸の掃除をされる・・・そして産卵シーズンは、人間や猫やカラスからウミガメの卵を守る・・・

 この方々のお話をお聞きし、心の底から感動し自然と涙がでました。

 ねじめ漁協も亀さんも両方幸せになる方法をお互い充分に話し合い、そして模索すべきではないかと思います。かわごろも

漁協側が実施したいけす増設に関する説明会に増設に反対の方々が出席されなかったのは、実際のところなぜなんですか?なぜ反対するのかの意思表示をされたらよかったのに・・・野次られようが罵倒されようが自分たちの考えや意見を表明すべきだと思いますよ。新聞なんか信用出来ないですからね。

イケス説明会について

> 漁協側が実施したいけす増設に関する説明会に増設に反対の方々が出席されなかったのは、実際のところなぜなんですか?なぜ反対するのかの意思表示をされたらよかったのに・・・野次られようが罵倒されようが自分たちの考えや意見を表明すべきだと思いますよ。新聞なんか信用出来ないですからね。


第三者 様

 御投稿誠に有り難うございます。

 該当地区住民の方に対し街宣担当の方より8月下旬から9月上旬にかけ、なぜ?イケス設置に反対するのか?と言う電話があったのだそうです。

 漁協とは異なる団体からの申し入れ等の事情もあり、漁協主催の説明会や現地視察で発言したら様々な嫌がらせが発生するのでは?と言う危惧から出席を控えたと言う話もあります。

週間新潮の件

 あるブログに私の事がしっこく書いてありますので、一応本日までの私が知っている事実だけを書いておきます。

 週間新潮の記事は確かに拝見しました。

 しかし、週間新潮が取材したような事が事実なのか?事実でないのか?までは知りません。

 なぜ?なら・・・・確かに、あの建物の入口付近まで2回程見学に行きましたが、入口から入って2mほどの場所で、簡単にざ~~~っと中を拝見したぐらいの見学しかしていません。

 わずかそれぐらいの見学では建物全体・業務全体を把握するには無理があります。

 無理がありますから、週間新潮の記事に対しコメントできる立場にありません。

 マァ・・・・漁協のイケス問題においては、南大隅町における基幹産業の経済活動はどうなるのだ!と言うような主旨の論陣をはられた方が・・・・・その一方では同じ南大隅町内で経済活動をしている小さな企業をマスコミで叩く手法をとる・・・・何かしら違和感を感じています。

 非力な私が今一番知りたい事は・・・・委任状の事・大臣との面会内容の真実の事・六ケ所村での出来事・銀座での飲み会の事・高レベル核誘致の事等、そしてウソを町民につき続けた彼の退陣の時期の事だけです。

 非力な私が無理なくブログ更新が出来る事は・・・委任状の事・大臣との面会内容の真実の事・六ケ所村での出来事・銀座での飲み会の事・高レベル核誘致の事等に関し、何が真実なのか?を問いながらブログの更新を続けて行きたいと考えています。かわごろも
プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR