南大隅町の健康保険税

 串間市長が原発立地のための住民投票を行うと言うことが報道された。さてそれでは、現在稼動中の川内原発はどうなのでしょうか?下記URLの中のP91下段には、鹿児島県川内市の広報の中に、医療費が全国平均に比較して、どの年代でも大幅に上回っていることが発表された。特に35歳から44歳のガン検診率は全国平均の2.5倍にものぼるそうだ。この事実は何を物語っているのか高レベル核廃棄物誘致論者に是非説明を願う。今でさえ、南大隅町の健康保険組合はアップアップしているのに、原発よりウラン濃度が高い高レベル核廃棄物を誘致し、ガン検診率が増加した場合、南大隅町の健康保険組合はどのような対策をたてるつもりか。(影の権力者の声・・・・高レベル核廃棄物を誘致スイセカスレバ、交付金がドッサイ、イッテクッデ、ありあまるカネで健康保険組合はマッ黒字ヨ!。アンマイ心配すんな!ヨケゴツ、アンマイ、ユナ・・・町民の声・・・それでは町民の健康より、カネ・カネ・カネが優先で、町民全員にガンになれ!と言うことか。)しかし万一串間市に原発ができたら、隣町の志布志市の医療費もガン検診率もあがるのかな。

http://ankei.jp/yuji/file/1006/001015_5.pdf

 川内市漁業協同組合が川内原子力発電3号機増設問題で、漁業補償金44億円で決着したことが報道された。組合員236人・・・一人あたり約1870万円の補償金・仮に1家庭3名の漁業組合員がいた場合、5610万円・・・高いのか?安いのか?・・・漁協の組合員には補償金が出るのに農家には、なぜ?出ないのか不思議だ。本当なら、川内市民全員に補償があってしかるべきだと思う。もちろん隣接市町村の市民にも・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR