川内原発再稼働問題

 安倍さんが集団的自衛権について、2014年5月15日午後6時より記者会見を行いました。
 日本国政府の憲法解釈を担ってきた内閣法制局第61代内閣法制局長官:坂田雅裕氏著・・・「法の番人」内閣法制局の矜持・・・大月書店発行・・・定価1600円プラス税は、集団的自衛権については、この著書の中で以下述べていられます。

 あとがきより・・・・政府の9条解釈を多くの人に、正しく理解していただくことが、解釈改憲と言う法治国家にあるまじき暴挙を防ぐためにも、きわめて重要であることを実感し、過去の政府の国会答弁をベースにした「政府の憲法解釈」(有斐閣)の執筆を思い立ちました。「時代が変わったのだから、憲法解釈だって変わって当然」と言う、大変わかりやすい主張に対して一言で反論する事は難しく、それが間違いであることをわかっていただくためには、どうしても多少の理屈をお聞きいただかざるを得ません。・・・中略・・・本書で繰り返し述べているように、私はいわゆる平和主義の維持を訴えているのでも、護憲の必要性を唱えているのでもありません。申し上げたい事は、もし我が国がこれから、政府がずっと言い続け、国民もそのように考えてきた憲法9条のもとでの平和主義とは異なる路線を歩もうとするのであれば、しっかりとその是非と覚悟を国民に確かめる。つまり憲法改正と言う王道を歩むべきだと言うことに尽きます。「時代が変わった」ならば、時代遅れの法律は憲法にのっとり国会で改正されます。どうしてご本尊ともいうべき憲法だけが、デュープロセスの例外になるのでしょうか。護憲、改憲と言う立場の違いとはかかわりなく、読者の皆様には、このものすごく当たり前の議論を容易にご理解いただけると考えていますし、是非皆様にも、この当然の理を周囲の方々に語ってくださるように、お願いいたしたいと思います。

 確かに坂田雅裕氏の意見は真っ当な意見であると私は思います。

 時の権力者の考え方一つで。「時代が変わったのだから、憲法解釈だって変わって当然」だ!と言う無茶苦茶な論法で簡単に憲法解釈が変更できる!そんな危険な考え方は戦前の大本営の考え方に似ている。

 今後、憲法を改正しないまま、時の権力者が簡単に憲法解釈できるようになれば、国民は地獄の苦しみを味わう可能性がある事を国民は皆知るべきだ。

 下記に記していますが・・・現在の憲法・法律でも原発被害を隠すほどなのに・・・その上、憲法解釈された折には・・・大変な時代になる。

 坂田雅裕氏著・・・「法の番人」内閣法制局の矜持・・・大月書店発行・・・定価1600円プラス税を是非とも購入し、多くの日本国民の方々に読んでもらいたいな~~~~

 さて、原子力規制委員会新規制基準適合性審査会合で、川内原発の火山についての審議がありました。
 
 原子力規制委員会ホームページ
 
 原子力規制委員会新規制基準適合性審査会合

 川内原発緊急報告

 原発稼働については、我が町のヒーロー?トシチャンとそのお友達が委任状をX氏にコソット発行するまで何にも興味もなく考えてもいませんでした。

 斉藤和義さんの歌:ず~~っとウソだった。

 ところが・・・・利権に目ざとく目が眩んだAFOとそのお友達のスットコドッコイ共が、原発で使用済みになった高濃度の放射能のゴミを、この自然豊な南大隅町に誘致する事が発覚してからというもの・・・・・CMの一節ではありませんが、ゴミの元を絶たなきゃダメ!と言うことに気づかされたのです。

 だから私も原発再稼働に対し反対です。

 下記日記には、今話題の美味しんぼについて、あたりまえの意見が述べられています。

 はやとまと日記

 美味しんぼの鼻血騒動についてですが・・・・・私も本日記に2011年9月2日付で書いています。その内容につきましては同じ内容を下記に転載しましたので、下記ユーチューブでご確認ください。

 福島県内の子供達から鼻血がでる

 下記は2011年福島原発事故直後の南大隅町日記から転載しました。

 2011年4月19日付け南日本新聞は放射能汚染によりチェブイリでガン患者が今なお増加傾向であると伝えています。事故から25年・・・15歳の女の子が甲状腺ガンの手術を受けたことも伝えています。

 今回、文部科学省は児童生徒の安全基準である年間被爆量を年間1ミリシーベルトから年間20ミリシーベルトに変更したそうです。

 年間20ミリシーベルトでガン死している原発労働者は数多くいます。

 嶋橋伸之氏・・・浜岡原発勤務・勤務歴・8年10ケ月・・合計50.63ミリシーベルト被爆し(年間被爆量換算で7ミリシーベルト)29歳で慢性骨髄性白血病で死亡。

 大内久氏・・・JCO勤務・東海事業所臨界事故・・16~20ミリシーベルト被爆し35歳で死亡。

 篠原理人氏・・・JCO勤務・東海事業所臨界事故・・16~20ミリシーベルト被爆し39歳で死亡。


 喜友名正氏・・・敦賀原発勤務・勤務歴・6年4ケ月・・合計99.76ミリシーベルト被爆し(年間被爆量換算で16ミリシーベルト)53歳で悪性リンパ腫で死亡。

 年間放射線量はわずかなのに、大人だって内部被爆によりガン死する事実があります。例えば10歳の子供であれば、大人の10倍の速さで放射性ヨウ素を身体に取り込むのだそうです。乳児に至っては、80倍の速さで放射性ヨウ素を取り込むのだそうです。

 人間の成長に一番必要なのがヨウ素・・・でも放射性ヨウ素も身体が勘違いをし、ドンドン取り入れることに・・その結果・・・甲状腺ガンになりやすくなるそうです。

 未来の主人公達がガン???いたたまれなくなりそうです。

 福島第一原発の現場はもはや限界に近い再び迫る危機

 2011年3月の福島原発

 この被曝があと1年続いても安全と言えるのか水と空気と土がやられて、海と川、魚と野菜が汚された

 この被ばくがあと1年続いても大丈夫か

 「そこは〝死の灰〟が降る戦場だった」作業員が語る福島第一原発の内部!

 そこには死の灰がふっていた


 南大隅町の皆様へ
 こののどかな南大隅町に核を持ってこようとする動きがあります。子や孫の幸せのためにも、身体を張って反対しましょう。

 可愛い子や孫をガンにさせてたまるか!


 原発推進だった武田邦彦教授からのメッセージ
 大人たちは子供達をガンにさせたがっている。● なぜ、突然、放射線が安全になったのだろうか?

 大人たちは子供達をガンにさせたがっている?

川内原発周辺の海

人間からみると・・・たった2度上昇
魚や海藻から見ると・・・20度以上上昇に匹敵するのだそうです。
2014年4月12日・TBS・報道特集より

原発停止と海藻再生

証言!原発誘致で本当に町は豊になったのか?

南大隅町の権力者達(A・F・Oさん)がもっともらしく言う!放射能関連施設を南大隅町に誘致しさえすれば豊な町になると・・・それでは?福島県双葉郡双葉町は原発立地自治体なのに、なぜ?財政危機に陥ったのか?

放射能被ばくについて

 南大隅町の核処分場誘致問題について・コソットそっと誘致運動

初当選・・わずか1ケ月後、手馴れているね~~~公印矢のごとく!ド~~~ンと押す公印。ン~~~トシちゃん!たくましいね~~無責任だね~~~正々堂々!正々堂々!前へ前へ

 南大隅町の核関連施設誘致問題と公印&委任状問題と100条委員会設置を望む町民

森田町長当選翌日

南大隅町町議会100条委員会設置否決

放射線被爆対策

 汚染土誘致と南大隅町・・こそっと・・・こそっと

 U町議も辞職しました。

 森田町長も男らしく委任状問題で辞職すべきです。

 脱原発に踏み込んだ元アメリカ原子力規制員の発言

汚染水の解決、このままでは不可能

 下記は参考資料です。

鹿児島 暴露クラブ

宮崎の自然と未来を守る会

山本太郎さんと広瀬隆さんの放射能に関するDVD購入なら

南おおすみの自然を守る会HP

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

 原発のない社会を目指して

ごみから社会がみえてくる

風下の会 福島

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

ハンター

NETIB NEWS

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

 ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf












 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR