トキソプラズマ感染と九電新規可能エネルギー買取り拒否

核廃棄物投棄と住民の健康被害

ユーチューブ・高レベル核廃棄物の放射能濃度より相当放射能濃度が低い劣化ウランでさえ多大な被害が発生しています。

チェルノブイリ・・・人体汚染

高レベル核廃棄物処分場と放射能被害

高レベル核廃棄物処分場選定について

 九電の新規再生可能エネルギーとトキソプラズマと何が関係があるのか?と言えば・・・

 週間朝日平成26年10月10日号・・・脳研究者池谷裕二先生によれば

 要約すれば・・・トキソプラズマは猫の体内に入る事によって繁殖できる。

 猫の餌になるネズミにトキソプラズマを感染させれば、猫を怖がらなくなる。

 怖がらなくなるから、ネズミは簡単に猫の餌になってしまう。

 さらに・・・人にトキソプラズマが感染した場合、無類の猫好きになる。

 だろうな~~~人が猫好きにならないことには猫自身がキチンと餌も貰えないから・・・餌が貰えなければ猫は餓死するだろうし・・・猫が餓死すればトキソプラズマも死滅するだろうから・・・

 母親がトキソプラズマに感染した場合、子供は重い病気に罹る可能性がある。

 トキソプラズマは脳と筋肉に寄生するみたいです。

 九電は原発再稼働の目処が立たないうちは、ソーラー発電(お金になるよ!儲かるよ!)と言うトキソプラズマを各事業者に感染させ、原発再稼働の目処が立ってきた頃には、新規再生可能エネルギー契約を中止すると言う・・・しかしそれでも、ソーラー発電(お金になるよ!儲かるよ!)と言うトキソプラズマに感染させられた事業者の方は怒りを爆発させるわけでもなく、わりとおとなしく九電の新規再生可能契約を中止を聞いているのかな???

 九州電力が再生可能エネルギーを買い取ると言ったからこそ、各事業者の方は金融機関より大金を借入してまでソーラー発電事業に参入されたはずなのに・・・

総合自然エネルギー庁

 各事業者の方にとって九電が新規再生可能エネルギー契約を中止すると言う事は寝耳に水の事件だったんだろうなと憤りとお気の毒さを持ちながら、平成26年10月3日付の南日本新聞を読みました。

 現在、日本全国の再生可能エネルギーを原発に換算すると・・・原発15基分あるそうです。

 さらに・・・国内企業の自家発電能力は原発60基分に相当するそうです。

 日本企業の自家発電は原発60基分

九電回答・ただし、ご家庭用の太陽光(10kW未満)などは、当面回答保留の対象外とします。

 ご家庭用の太陽光(10kW未満)などは、当面回答保留の対象外か~~~当面か~~~

 太陽光システムを組み入れ売電により家のローンを返済する計画をたて家を購入する方は、九電の今後の動きに注目していたほうが良いと思います。

 南大隅町内でもソーラー発電のため農地転用されていると聞きます。

 九電は、新規再生エネルギー買い取りを止める理由として・・・電力の需給バランスを言っているようですが・・・

 原発を稼働して電力の需給バランスを取るのではなく、新規再生エネルギーを優先し買い取っていただきたいものです。

 南大隅町においても町内に再生可能エネルギー事業者が増える事によって、新たな町おこしにもつながる可能性が大いにありますので・・・

 しかし・・・原発が稼働しないと電力不足になると脅していたかと思うと・・・今度は電力が余るから新規再生エネルギーの買取りはしない!と言うのは、あまりにも身勝手すぎるのでは・・・

川内原発周辺の海

人間からみると・・・たった2度上昇
魚や海藻から見ると・・・20度以上上昇に匹敵するのだそうです。
2014年4月12日・TBS・報道特集より

原発停止と海藻再生

証言!原発誘致で本当に町は豊になったのか?

原発の町・・・なぜ?財政難に

誘惑!原発マネー

南大隅町の権力者達(A・F・Oさん)がもっともらしく言う!放射能関連施設を南大隅町に誘致しさえすれば豊な町になると・・・それでは?福島県双葉郡双葉町は原発立地自治体なのに、なぜ?財政危機に陥ったのか?

放射能被ばくについて

 南大隅町の核処分場誘致問題について・コソットそっと誘致運動

初当選・・わずか1ケ月後、手馴れているね~~~公印矢のごとく!ド~~~ンと押す公印。ン~~~トシちゃん!たくましいね~~無責任だね~~~正々堂々!正々堂々!前へ前へ

 南大隅町の核関連施設誘致問題と公印&委任状問題と100条委員会設置を望む町民

森田町長当選翌日

南大隅町町議会100条委員会設置否決

放射線被爆対策

 汚染土誘致と南大隅町・・こそっと・・・こそっと

 U町議も辞職しました。

 森田町長も男らしく委任状問題で、さっさと辞職すべきです


 脱原発に踏み込んだ元アメリカ原子力規制員の発言

汚染水の解決、このままでは不可能

 下記は参考資料です。

南大隅町雨だれドラゴン

鹿児島 暴露クラブ

弱虫君の戦い

宮崎の自然と未来を守る会

山本太郎さんと広瀬隆さんの放射能に関するDVD購入なら

南おおすみの自然を守る会HP

  http://hibi-zakkan.net/archives/15090694.html

 原発のない社会を目指して

ごみから社会がみえてくる

風下の会 福島

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記

ハンター

NETIB NEWS

 食料自給率が100%を超え、自然エネルギー率も100%を超えている南大隅町・・・・

 ちなみに、100%エネルギー永続地帯である57市区町村のうち、26市区町村が食糧自給率でも100%を超えていると言う情報は下記アドレス・南大隅町は風力発電だけで南大隅町全体の電気がまかなわれていると言う証拠のアドレスは下記より

  http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/133PDF/133data.pdf.pdf


コメントの投稿

非公開コメント

勘違い?

個人の家庭の屋根に設置された太陽光発電機は今回の買い取り停止からは除外されていると思いますが?規模の大きい事業としての太陽光発電だけが買い取り停止の対象だったと思います。

Re: 勘違い?

> 個人の家庭の屋根に設置された太陽光発電機は今回の買い取り停止からは除外されていると思いますが?規模の大きい事業としての太陽光発電だけが買い取り停止の対象だったと思います。

第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 勘違いですかね。

 私は新規契約の買取りはしないと言うふうに受け取っていたのですが・・・

 ソーラー発電とセットにして住宅を売っている住宅メーカーが、今回の件でなにかと慌てていると言う話しを聞いたものですから・・・ご指摘を受けましたので、あらためて調べてみます。かわごろも

 

わかりやすく説明すると・・・

個人住宅での太陽光発電では「余剰電力の買い取り制度」が適用されており、太陽光発電した電気から自分の家で使った電気を引き算し「余った」電気があればこれを「売電」出来る訳です。
それに対して「全量買い取り制」は太陽光発電した全ての電気を売電出来るシステムです。この全量買い取り制度が適用されるのは設置するソーラーパネルの総出力が10kw以上の物。(日本の標準的な住宅の屋根に設置出来るソーラーパネルの総出力はせいぜい4~5kwです。)
それとこれは大切なことですが・・・この太陽光発電買い取り制度に使われるお金(原資)は私達の払う電気代に上乗せした賦課金だということです。

Re: わかりやすく説明すると・・・

> 個人住宅での太陽光発電では「余剰電力の買い取り制度」が適用されており、太陽光発電した電気から自分の家で使った電気を引き算し「余った」電気があればこれを「売電」出来る訳です。
> それに対して「全量買い取り制」は太陽光発電した全ての電気を売電出来るシステムです。この全量買い取り制度が適用されるのは設置するソーラーパネルの総出力が10kw以上の物。(日本の標準的な住宅の屋根に設置出来るソーラーパネルの総出力はせいぜい4~5kwです。)
> それとこれは大切なことですが・・・この太陽光発電買い取り制度に使われるお金(原資)は私達の払う電気代に上乗せした賦課金だということです。

第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 下記内容ですね。

 http://www.kyuden.co.jp/press_h140924-1.html

 当面家庭用は買うみたいな事が書いてあります。

 ご指摘誠に有難うございます。かわごろも

Re: わかりやすく説明すると・・・

> 個人住宅での太陽光発電では「余剰電力の買い取り制度」が適用されており、太陽光発電した電気から自分の家で使った電気を引き算し「余った」電気があればこれを「売電」出来る訳です。
> それに対して「全量買い取り制」は太陽光発電した全ての電気を売電出来るシステムです。この全量買い取り制度が適用されるのは設置するソーラーパネルの総出力が10kw以上の物。(日本の標準的な住宅の屋根に設置出来るソーラーパネルの総出力はせいぜい4~5kwです。)
> それとこれは大切なことですが・・・この太陽光発電買い取り制度に使われるお金(原資)は私達の払う電気代に上乗せした賦課金だということです。

第三者 様

 ご指摘誠に有難うございました。

 日記本体を変更させていただきました。

 いつも有難うございます。かわごろも

ソーラーパネルのメーカー

太陽光発電システムと住宅をセットで販売している住宅メーカーの中には粗悪な韓国や中国製のソーラーパネルを売り付けるところもあり思うように余剰電力が出来なくてトラブルになっているところもあります。つい最近まではシロアリ駆除業者だったあるメーカーは一般家庭用太陽光発電でボロ儲けして調子に乗って全量買い取り制のメガソーラー事業にも進出しましたが今回の買い取り一時停止で青くなっているようです!

Re: ソーラーパネルのメーカー

> 太陽光発電システムと住宅をセットで販売している住宅メーカーの中には粗悪な韓国や中国製のソーラーパネルを売り付けるところもあり思うように余剰電力が出来なくてトラブルになっているところもあります。つい最近まではシロアリ駆除業者だったあるメーカーは一般家庭用太陽光発電でボロ儲けして調子に乗って全量買い取り制のメガソーラー事業にも進出しましたが今回の買い取り一時停止で青くなっているようです!

第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 私も3~4の業者代理店の方より土地を貸して欲しい!と言われました。

 貸しはしません買い取ってくださいといいましたら、それから何の連絡もありませんでした。

 なぜ?買い取って欲しいと言ったかと言えば・・・もし?事業者の方が倒産した場合、不要なソーラー施設だけが畑に残り、撤去するのに大変難儀すると思ったからです。かわごろも

都城市のメガソーラー施設では新燃岳の噴火による火山灰の蓄積で発電効率が下がるトラブルがあり地主と設置業者の訴訟になっているそうです。

F1Tって?

F1Tとは「再生可能エネルギー固定価格買い取り制度」の略称です。この制度の根拠となったのは再生可能エネルギー特措法という法律で、福島原発事故後の混乱に乗じて2011年7月にあの民主党が成立させたものです。この法律は国民に対して点数稼ぎをしたかった民主党がソフトバンクの孫正義にそそのかされて作ったような「愚策」だと思います。
このF1Tには色々な問題点があります。
まず第一にお金の回りかたが明確で無いことです。国産のソーラーパネルを使い日本人の投資で事業を展開するならまだしも外資の規制が無かったので怪しい外資が喜んで参入しました。こういうのは国家事業としては始めから失敗したも同然です。
第二に、始めから技術的に破綻するのはわかっていたことです。「不安定な発電源」である太陽光発電や風力発電で作った電気は安定して発電出来ません!そうなると不要な電気を大量に送電線に受け入れてしまうと 周波数が乱れ送電設備が故障したりして大停電が起きる可能性がある訳です。
この指摘はこの特措法が出来た当初から指摘されていましたが原発事故の混乱の中では言論封殺されてしまいました。あの時、もっと科学的に客観的に再生可能エネルギーの問題点を議論していれば・・・こんなトラブルは起きなかったと思われます。いつどんな時でも冷静な判断は大切だと思います。

Re: タイトルなし

> 都城市のメガソーラー施設では新燃岳の噴火による火山灰の蓄積で発電効率が下がるトラブルがあり地主と設置業者の訴訟になっているそうです。


第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 アラアラそう言う問題もあるのですか。

 昔はパチンコを開業する事業者の方には1億でも2億でも金融機関がお金を貸していたのですが・・・最近の銀行の傾向は・・・ソーラー発電事業者向けに1億・2億貸出しをすると言う話しを聞いています。

 銀行から借入れして事業を始めた事業者の方は、買取り中断の決定はキツイだろうな~~と察します。

 今日の南日本新聞(平成26年10月12日・7面・経済面)に、再生買取り中断は原発再稼働絡みではと載っています。

 偶然と言えば偶然・・・昨日の本日記にも書いています。

 九電は原発再稼働の目処が立たないうちは、ソーラー発電(お金になるよ!儲かるよ!)と言うトキソプラズマを各事業者に感染させ、原発再稼働の目処が立ってきた頃には、新規再生可能エネルギー契約を中止すると言う・・・しかしそれでも、ソーラー発電(お金になるよ!儲かるよ!)と言うトキソプラズマに感染させられた事業者の方は怒りを爆発させるわけでもなく、わりとおとなしく九電の新規再生可能契約を中止を聞いているのかな???

 いゃ~~~考える事は皆さん同じなのですね。かわごろも

Re: F1Tって?

> F1Tとは「再生可能エネルギー固定価格買い取り制度」の略称です。この制度の根拠となったのは再生可能エネルギー特措法という法律で、福島原発事故後の混乱に乗じて2011年7月にあの民主党が成立させたものです。この法律は国民に対して点数稼ぎをしたかった民主党がソフトバンクの孫正義にそそのかされて作ったような「愚策」だと思います。
> このF1Tには色々な問題点があります。
> まず第一にお金の回りかたが明確で無いことです。国産のソーラーパネルを使い日本人の投資で事業を展開するならまだしも外資の規制が無かったので怪しい外資が喜んで参入しました。こういうのは国家事業としては始めから失敗したも同然です。
> 第二に、始めから技術的に破綻するのはわかっていたことです。「不安定な発電源」である太陽光発電や風力発電で作った電気は安定して発電出来ません!そうなると不要な電気を大量に送電線に受け入れてしまうと 周波数が乱れ送電設備が故障したりして大停電が起きる可能性がある訳です。
> この指摘はこの特措法が出来た当初から指摘されていましたが原発事故の混乱の中では言論封殺されてしまいました。あの時、もっと科学的に客観的に再生可能エネルギーの問題点を議論していれば・・・こんなトラブルは起きなかったと思われます。いつどんな時でも冷静な判断は大切だと思います。

第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 なるほど・・・とても勉強になります。

 ご指摘の通り確かに・・・

 > まず第一にお金の回りかたが明確で無いことです。国産のソーラーパネルを使い日本人の投資で事業を展開するならまだしも外資の規制が無かったので怪しい外資が喜んで参入しました。こういうのは国家事業としては始めから失敗したも同然です。


 国民生活に直結する大事な電気ですので、もっとよく政府も考えてくれたらよかっただろうに・・・かわごろも

技術の進歩に期待する

現在の太陽光発電の技術的問題点は発電が天候に左右されることです。その解決策としては発電した電気を一時的に蓄えることで、大きい容量の蓄電池が必要になります。しかし大容量蓄電池(この場合バッテリーでは無くキャパシタと呼ばれ構造的には大容量コンデンサです。)はまだ一般家庭用しか市販されていません。この大容量バッテリーさえ実用化されれば太陽光発電も「安定的な発電源」となりうるのです。
私が今、心配なのは今回の再生可能エネルギー買い取り制度の受付停止により太陽光発電の技術革新が停滞することです。安いソーラーパネルを買って来て設置するだけで利益が上がる!なんて考える人には一旦泣いてもらって、その先にある解決策に向かって(太陽光発電に関わる人達に)より一層の努力をしてもらいたいと願っています。太陽光発電や風力発電などの「不安定な発電源」を「安定的な発電源」にすることが技術先進国・日本の使命かもしれません。青色LEDのように不可能を可能に変えられるかもしれませんよ!

Re: 技術の進歩に期待する

> 現在の太陽光発電の技術的問題点は発電が天候に左右されることです。その解決策としては発電した電気を一時的に蓄えることで、大きい容量の蓄電池が必要になります。しかし大容量蓄電池(この場合バッテリーでは無くキャパシタと呼ばれ構造的には大容量コンデンサです。)はまだ一般家庭用しか市販されていません。この大容量バッテリーさえ実用化されれば太陽光発電も「安定的な発電源」となりうるのです。
> 私が今、心配なのは今回の再生可能エネルギー買い取り制度の受付停止により太陽光発電の技術革新が停滞することです。安いソーラーパネルを買って来て設置するだけで利益が上がる!なんて考える人には一旦泣いてもらって、その先にある解決策に向かって(太陽光発電に関わる人達に)より一層の努力をしてもらいたいと願っています。太陽光発電や風力発電などの「不安定な発電源」を「安定的な発電源」にすることが技術先進国・日本の使命かもしれません。青色LEDのように不可能を可能に変えられるかもしれませんよ!

第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 工学部トップになるぐらいの子供でもいれば・・・毎日楽しい夢がみられそうですね。

 太陽光発電や風力発電などの「不安定な発電源」を「安定的な発電源」にすることが技術先進国・日本の使命かもしれません。青色LEDのように不可能を可能に変えられるかもしれませんよ!


 早急な技術革新が求められていますね。

 実は県外の私の知り合いも錦江町でソーラー発電事業に参加しています。

 発電成績は、南大隅町・錦江町とも当初見込み発電量より10%増との事でした。かわごろも

社会に貢献できるか?

かわごろもさんのブログより
「九州電力が再生可能エネルギーを買い取ると言ったからこそ各自業者の方は金融機関より借入してまでソーラー発電事業にされたはずなのに・・・」
この各事業者の中には経産省と電力会社に事業申請し認定だけ受けて、発電設備の建設に着工しないケースがあります。これは「枠」だけを先に確保し様子を見ているのです。太陽光発電事業は設置するだけでお金が入って来ます。そして発電設備の建設が終わればその後の継続的な雇用は生まないのです。これでは社会に貢献できません!
東日本大震災や福島第一原発事故などの災害を利用して十分な議論もしないで制度(政策)を変えてしまう・・・これは良くないことだと思います。

Re: 社会に貢献できるか?

> かわごろもさんのブログより
> 「九州電力が再生可能エネルギーを買い取ると言ったからこそ各自業者の方は金融機関より借入してまでソーラー発電事業にされたはずなのに・・・」
> この各事業者の中には経産省と電力会社に事業申請し認定だけ受けて、発電設備の建設に着工しないケースがあります。これは「枠」だけを先に確保し様子を見ているのです。太陽光発電事業は設置するだけでお金が入って来ます。そして発電設備の建設が終わればその後の継続的な雇用は生まないのです。これでは社会に貢献できません!
> 東日本大震災や福島第一原発事故などの災害を利用して十分な議論もしないで制度(政策)を変えてしまう・・・これは良くないことだと思います。

第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 う~~~ん!様々な難しい問題が横たわっていますね。

 まるでブラックホールみたいです。

 本当に勉強させていただいています。とても有難いです。かわごろも

お金の話

10月12日の南日本新聞・総合面に経産省の(再生エネルギー買い取り制度に対する)方針が載っていました。
「経産省は再生エネルギーの買い取りに伴い電気料金に上乗せされる国民負担の総額に上限を設けることも検討する」
これはどういうことかと言うと・・・
再生可能エネルギーを買い取る源資(予算)は現在、電気料金に上乗せする形で年2700円(一般家庭の場合)徴収している。
現在の(高価な)買い取り価格のまま認定済みの業者が全ての太陽光発電所を稼働させれば一般家庭の負担は1万円を越すという試算がある。さすがにこれはまずいということで買い取り価格の見直しを始めるということです。

作られた太陽光発電ブーム

確か2009年頃でしたか・・・民主党の小沢一郎が全国の小中学校の屋上に太陽光発電システムを設置するという構想をぶち上げて、当時民主党の支持企業であった稲森和夫率いる京セラが「よっしゃ~いっちょっ儲けたろか!」って感じで中国にソーラーパネル工場を立ち上げました!(これって解りやすい話でしょう?)稲森和夫は日航再建でも悪どい手段を使ってボロ儲けしましたからね。悪い意味での「政商」ですよ!
再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度は「市場・需要を無視した電力供給に対して、長期間固定価格で電力を買い取る」ということで、例に例えるなら・・・50リットルしか入らない車の燃料タンクに100リットル給油しました!と言ってお金を請求されるようなものです。
外資系投資ファンドとか日本を貶めて喜んでいる中国や韓国の企業が粗悪な中国や韓国のソーラーパネルを使ってちょちょいのちょいと太陽光発電設備を使って一般家庭の皆さんの大切なお金を税金のように徴収し、それを搾取している訳ですよ!おかしいと思いませんか?既に福島県では中国企業がメガソーラー事業を立ちあげています。東日本大震災や福島第一原発事故を見据えて全ての原発を停止させた代替電源として再生可能エネルギーを買い取るシステムを構築したのなら、それにまつわる「お金」が日本国内で回るように外資が参入出来ないようにするのが本当の「国策」では無いでしょうか?

Re: お金の話

> 10月12日の南日本新聞・総合面に経産省の(再生エネルギー買い取り制度に対する)方針が載っていました。
> 「経産省は再生エネルギーの買い取りに伴い電気料金に上乗せされる国民負担の総額に上限を設けることも検討する」
> これはどういうことかと言うと・・・
> 再生可能エネルギーを買い取る源資(予算)は現在、電気料金に上乗せする形で年2700円(一般家庭の場合)徴収している。
> 現在の(高価な)買い取り価格のまま認定済みの業者が全ての太陽光発電所を稼働させれば一般家庭の負担は1万円を越すという試算がある。さすがにこれはまずいということで買い取り価格の見直しを始めるということです。

ゴッドハンド 様

 御投稿誠に有難うございます。

 町外の商店街を歩いてみても人の出入りが少ないように感じます。

 景気が悪いのでしょうね。

 景気が悪い時に生活に必要な電気料金があがる。

 何かしら、この冬高齢者の凍死が増えそうな予感がします。かわごろも

Re: 作られた太陽光発電ブーム

> 確か2009年頃でしたか・・・民主党の小沢一郎が全国の小中学校の屋上に太陽光発電システムを設置するという構想をぶち上げて、当時民主党の支持企業であった稲森和夫率いる京セラが「よっしゃ~いっちょっ儲けたろか!」って感じで中国にソーラーパネル工場を立ち上げました!(これって解りやすい話でしょう?)稲森和夫は日航再建でも悪どい手段を使ってボロ儲けしましたからね。悪い意味での「政商」ですよ!
> 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度は「市場・需要を無視した電力供給に対して、長期間固定価格で電力を買い取る」ということで、例に例えるなら・・・50リットルしか入らない車の燃料タンクに100リットル給油しました!と言ってお金を請求されるようなものです。
> 外資系投資ファンドとか日本を貶めて喜んでいる中国や韓国の企業が粗悪な中国や韓国のソーラーパネルを使ってちょちょいのちょいと太陽光発電設備を使って一般家庭の皆さんの大切なお金を税金のように徴収し、それを搾取している訳ですよ!おかしいと思いませんか?既に福島県では中国企業がメガソーラー事業を立ちあげています。東日本大震災や福島第一原発事故を見据えて全ての原発を停止させた代替電源として再生可能エネルギーを買い取るシステムを構築したのなら、それにまつわる「お金」が日本国内で回るように外資が参入出来ないようにするのが本当の「国策」では無いでしょうか?

第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 確かに・・・

 東日本大震災や福島第一原発事故を見据えて全ての原発を停止させた代替電源として再生可能エネルギーを買い取るシステムを構築したのなら、それにまつわる「お金」が日本国内で回るように外資が参入出来ないようにするのが本当の「国策」では無いでしょうか?


 私も全く同感です。

 政治のさじ加減一つで世の中どうにでもなるものですね。かわごろも

その頃ドイツでは?

今年の7月11日ドイツの連邦参議院は再生エネルギー法(EEG)の改正法を可決しました。その改正法は・・・
1、再生可能エネルギーにより発電される容量を限定する。
2、再生可能エネルギー発電の固定買い取り価格を引き下げる。
3、大量に発電する事業者には将来は固定価格ではなく「卸売市場」で販売することを義務付け、送電網の負担を減らす。
ドイツのEEGは日本のFITのモデルとなった制度ですが、やはり消費者に再生エネルギー賦課金として負担を押し付けています。現在ドイツ国内の電気料金は欧州平均のl.5倍になろうとしています。大企業の場合、再生エネルギー賦課の減免措置がありますが中小企業には無い為、アメリカの2倍の電気料金を負担しています。
こういった事情で、ドイツは石炭火力発電所を次々と建設しています。これはドイツ国内で石炭が取れるからで「自給」出来るエネルギー源だからです。
日本の場合、エネルギー源はほぼ輸入に頼っていて自給は出来ません。火力発電所のエネルギー源はLNG(液化天然ガス)をタンカーで何週間もかけて日本に運び込んでいるのが現状です。自給出来ないエネルギー源に頼るということは日本の安全保障上にとって不安なことでは無いでしょうか?

Re: その頃ドイツでは?

> 今年の7月11日ドイツの連邦参議院は再生エネルギー法(EEG)の改正法を可決しました。その改正法は・・・
> 1、再生可能エネルギーにより発電される容量を限定する。
> 2、再生可能エネルギー発電の固定買い取り価格を引き下げる。
> 3、大量に発電する事業者には将来は固定価格ではなく「卸売市場」で販売することを義務付け、送電網の負担を減らす。
> ドイツのEEGは日本のFITのモデルとなった制度ですが、やはり消費者に再生エネルギー賦課金として負担を押し付けています。現在ドイツ国内の電気料金は欧州平均のl.5倍になろうとしています。大企業の場合、再生エネルギー賦課の減免措置がありますが中小企業には無い為、アメリカの2倍の電気料金を負担しています。
> こういった事情で、ドイツは石炭火力発電所を次々と建設しています。これはドイツ国内で石炭が取れるからで「自給」出来るエネルギー源だからです。
> 日本の場合、エネルギー源はほぼ輸入に頼っていて自給は出来ません。火力発電所のエネルギー源はLNG(液化天然ガス)をタンカーで何週間もかけて日本に運び込んでいるのが現状です。自給出来ないエネルギー源に頼るということは日本の安全保障上にとって不安なことでは無いでしょうか?

第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 様々な事を教えていただきまして有難うございます。

 ただご指摘の下記について私は・・・

 自給出来ないエネルギー源に頼るということは日本の安全保障上にとって不安なことでは無いでしょうか?


 原発について言えば、いつでも攻撃対象になる可能性がある裸の核爆弾を日本全国に設置しているようなものですので、日本の安全保障上から言えば・・・原発は非常に危ないのではないかと考えています。かわごろも
 

日本語は難しいです。

日本の安全保障と日本のエネルギー安全保障とでは少し意味がちがいますね。
私は反原発主義では無くて危険な物だからこそ研究して、その(原発の)安全性を少しでも高める努力をするべきだという現実主義者かもしれません。この点ではかわごろもさんとはどこまで行ってもわかりあえないかもしれません。再生可能エネルギーは補助的(臨時的)な電力供給源としては使えますが原発の「安定した」代替電力供給源にはなれないと考えています。だからこそ大容量の蓄電池(キャパシタ)の研究~開発~実用化が急務だと思います。この大容量蓄電池が実用化されれば原発を順次廃炉していけば良いと思っています。現に東芝や日立などの原発製造企業は原発の安全性を高めるべく日夜努力しています。
原発に対する第三国からの攻撃を防ぐ安全保障と日本の国 体を守るエネルギー安全保障とは少し違うのです。
これは私自身の個人的考えで極論かもしれませんが核廃棄物関連施設は既に汚染された地域に作るのが一番合理的だと思います。原発事故で故郷を追われた方々には申し訳無いのですが汚染されて住めない地域なら、そんな土地の使い方しか無いと思います。国策として進めた原発の事故の後始末は国家が責任を持って終わらせるべきなのですから・・・私は各方面から罵倒されることを承知して意見を述べています。

Re: 日本語は難しいです。

> 日本の安全保障と日本のエネルギー安全保障とでは少し意味がちがいますね。
> 私は反原発主義では無くて危険な物だからこそ研究して、その(原発の)安全性を少しでも高める努力をするべきだという現実主義者かもしれません。この点ではかわごろもさんとはどこまで行ってもわかりあえないかもしれません。再生可能エネルギーは補助的(臨時的)な電力供給源としては使えますが原発の「安定した」代替電力供給源にはなれないと考えています。だからこそ大容量の蓄電池(キャパシタ)の研究~開発~実用化が急務だと思います。この大容量蓄電池が実用化されれば原発を順次廃炉していけば良いと思っています。現に東芝や日立などの原発製造企業は原発の安全性を高めるべく日夜努力しています。
> 原発に対する第三国からの攻撃を防ぐ安全保障と日本の国 体を守るエネルギー安全保障とは少し違うのです。
> これは私自身の個人的考えで極論かもしれませんが核廃棄物関連施設は既に汚染された地域に作るのが一番合理的だと思います。原発事故で故郷を追われた方々には申し訳無いのですが汚染されて住めない地域なら、そんな土地の使い方しか無いと思います。国策として進めた原発の事故の後始末は国家が責任を持って終わらせるべきなのですから・・・私は各方面から罵倒されることを承知して意見を述べています。

第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 大変な失礼をしました。

 もう少し文面の奥深いところをよむべきでした。

 実は私が本日記を書いている理由が・・・ご指摘の日本語は難しいに原点があるのです。

 口頭で懇切丁寧に説明したつもりでも・・・アレレ?そんな意味で言った覚えはないのに?と言い訳をしようとしても、もう一人歩きした言葉は取り消すことはできないからです。

 そのような誤解を避ける意味から面倒くさいのですが、なるべく文書発行を心掛けています。

 本当に申し訳ありませんでした。かわごろも
プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR