佐多岬マラソン

 表題の件と言うか・・・本日記を書き始めるキッカケになったのが佐多岬マラソンでした。

 2010年11月30日付けの本日記を振り返ってみます。

 第10回佐多岬マラソンが12月5日日曜日に開催されます。今回からウォーキングの種目もはいりました。地元産の農海産物の販売所も大泊小学校特設会場に17店舗が開店するそうです。雨が降らなければよいのにと心配します。

 わずか4行の他愛もない平和な内容です。

 この時点では、今後も他愛無い日記の内容で、南大隅町は平穏な日々が続くものだろうとばっかりと考えていたのですが・・・ところが・・・

 2010年12月5日の本日記タイトルは・・・

 佐多岬マラソンと核廃棄処理施設研究会の陳情となっています。

 その内容はと言えば・・・

 本日は佐多岬マラソンの日・・・本当に天気がよくてよかった!ただ本日ビッグニュースが飛び込んできたおかげで暗澹たる思いだ。

 ビッグニースとは?高レベル核廃棄物処分場誘致に関わる本当の黒幕達ではない、佐多地区の漁業関係の方々が核廃棄処理施設研究会の設置を求めると言う陳情らしい・・・漁業の振興と南大隅町の活性化と過疎地域脱却に核廃棄物処理施設設置がなぜ?必要なのか?

 このギャップに唖然!呆然!核廃棄物処理施設を誘致した暁には、風評被害で漁業も農業も壊滅的被害が予想されるのに・・・

 なぜ?漁業関係者なのか?本当の目的は何なのか???今年南大隅町は、南大隅町総合振興計画後期基本計画の策定にあたりと題し、森田南大隅町長自ら、新年度に向けたキャッチフレーズを次のように言っています。

 子や孫と一緒に暮らせるまち~人口減少に歯止めをと定め、農商工連携によるまちづくり、定住促進のまちづくり、健康づくりを重点とした施策推進をしていきますと・・・

 南大隅町に高レベル核廃棄物をどうしても誘致したいなら、町長選・町議選をまず出直し選挙において町民の信を問うべきだ。

 影の権力者達は自分に自信がないのか?いつでてくるのか?♪♪でんでんむしむしかたつむり♪♪・・かたつむりの目玉が出るのよりおそいのかな?

 そういえば、今朝(平成22年12月5日)もNUMOの1面広告が載ったけど・・・この広告が載ったあといつも南大隅町に重大問題が発生しているような気がする。

 今年の夏もNUMOの一面広告掲載のあとに、高レベルの勉強会が鹿屋市であったようだし、昨年の11月から12月にかけてNUMOの一面広告が3週続いたそのあと12月6日の日に高レベル南大隅町で誘致の動きがのったし、何かいやな動きが始まる前兆に必ずNUMOの一面広告??・・・

 六ケ所村の再処理工場の本格稼動がトラブル続きの影響で、また2年延期となったことが9月に報道されたばかり、それでも勉強会を開きたいと言うのであれば、逆に漁業関係者は核について、安全性の確認の為の勉強会をNUMO以外の核の研究機関を招いて開くべきだ。例えば京都大学の核研究室等
 
 なぜ?川内原発は漁業補償だけするのだろうか?(川内市民は毎月電気代が1000円ほど安い特典があるらしい。)一般市民もガンになる可能性があるのだから、川内市民全員に補償すべきだ。(原発ができあがるまで、工事関係者が3000人ほど常駐し、ほんの数年の間だけ人口が増加し、そのあとは閑古鳥が鳴くらしい)

 万一、南大隅町に高レベル核廃棄物処分場が誘致されれば、補償されるのは漁業関係者だけなのか??高レベル核廃棄物処分場設置で潤うのは土木業者と漁業関係者だけなのか??農業関係者は風評被害で壊滅的打撃により南大隅町壊滅の危機!!・・・一般町民は怒れ!
 と書きました。

 今でも核誘致派の皆さんは誘致の為コソコソ蠢いています。

 本格的に辺塚で採石場を動かし、そしてごく身近な将来・・・砕石場跡に各電力会社が保有する放射能まみれの作業着・手袋・下着等が持ち込まれ、埋め立てされないか?新たな動きに対し大変心配し警戒しています。

 6年前の佐多岬マラソンは晴れだったのに・・・今回は冷たい雨・・・第16回佐多岬マラソンランナーの方々の無事完走を祈りたいと思います。

 最近、南大隅町議会に風見鶏議員がいると言う話を聞きます。

 信念がないから議長になれないのかな~~~????

 私自身鳥肌が立つぐらい一番軽蔑するタイプです。

 マァでも・・・日記と言えば・・・三日坊主の私が、ゼニカネではない!純粋に故郷を思う気持ちと子孫から核誘致した事で恨まれない事が原動力となり、よくぞここまでコツコツ続けられたものだと我ながら感心します。

コメントの投稿

非公開コメント

続・佐多岬の観光を考える!

このブログのコメントで既に何回も話して来ましたが、再度話します・・・
佐多岬観光は既に死んだのです!行政が少し投資するだけでは何の魅力はありません。生涯の中で1回ぐらいは訪れても2回には訪れません。リピート客など来ませんよ。
私は佐多岬観光が本当に素晴らしかった時代を実感して記憶に覚えている年代な男です。たかが年間5000万円ぐらいの投資で観光!観光!と騒いでいる頭の悪い人達を見ていると情けなくなります!
インターネットの時代ですから自分自身の頭で考えて情報を蓄積して見たらどうですか?
岩崎与八郎~岩崎グループ・オーストラリア観光開発などを検索してみて下さい。

Re: 続・佐多岬の観光を考える!

> このブログのコメントで既に何回も話して来ましたが、再度話します・・・
> 佐多岬観光は既に死んだのです!行政が少し投資するだけでは何の魅力はありません。生涯の中で1回ぐらいは訪れても2回には訪れません。リピート客など来ませんよ。
> 私は佐多岬観光が本当に素晴らしかった時代を実感して記憶に覚えている年代な男です。たかが年間5000万円ぐらいの投資で観光!観光!と騒いでいる頭の悪い人達を見ていると情けなくなります!
> インターネットの時代ですから自分自身の頭で考えて情報を蓄積して見たらどうですか?
> 岩崎与八郎~岩崎グループ・オーストラリア観光開発などを検索してみて下さい。

第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 > 岩崎与八郎~岩崎グループ・オーストラリア観光開発などを検索してみて下さい。


 確かに御指摘のとおりでした。

 現在、南大隅町が様々な町興しとして補助金をバラマイテいますが、あの補助金を農業を本当にやりたい青年達のために使えないものだろうかと考えます。

 例えば和牛生産を目指す青年であれば、和牛1頭現物支給とか・・・

 南大隅町内においても和牛生産農家が高齢化により急速に減少してきています。

 もちろん和牛生産の名人的職人域の農家も減少傾向にあり、その事により和牛生産の技術の継承を受ける事が出来る時間も少なくなってきているのが現実です。

 第三者様が何度も御指摘の通り、通りすがりの交流人口増では南大隅町の維持管理費だけが増えるだけになりますが・・・農家育成となると、南大隅町側が少し後継者達に補助金を出してあげさえすれば定住増につながります。

 森田町長就任以来、健康保険税・水道使用料・介護保険料等が軒並み大幅に引き上げられました。

 引き上げたお金で町政に余裕が出来てきたのでしょうか?

 町興しと言う名目のばら撒きが始まりました。

 町民はこういう時こそ本当に怒るべきなのです。

 佐多岬開発の30億の建物や付帯施設もいつかは老朽化します。

 多分、老朽化した頃の南大隅町の人口は3000人ぐらいまで減っているのではないかと思います。

 人口3000人の町はさらに財政が厳しくなり、故郷を守るため南大隅町に残った褒められ者の町民たちは、財政再建の為、高額な住民税・健康保険税・水道料・介護保険料を納めなければならなくなると予想しています。かわごろも

Re: 続・佐多岬の観光を考える!

> このブログのコメントで既に何回も話して来ましたが、再度話します・・・
> 佐多岬観光は既に死んだのです!行政が少し投資するだけでは何の魅力はありません。生涯の中で1回ぐらいは訪れても2回には訪れません。リピート客など来ませんよ。
> 私は佐多岬観光が本当に素晴らしかった時代を実感して記憶に覚えている年代な男です。たかが年間5000万円ぐらいの投資で観光!観光!と騒いでいる頭の悪い人達を見ていると情けなくなります!
> インターネットの時代ですから自分自身の頭で考えて情報を蓄積して見たらどうですか?
> 岩崎与八郎~岩崎グループ・オーストラリア観光開発などを検索してみて下さい。

第三者 様

 最近森田町長が雄川の滝が人気があると言われていたと言う事を聞きました。

 やはり自然に近いものが内外問わず一番人気があると思います。

 ところで辺塚の自然林・・・広葉樹林には今でも新種の昆虫が発見されるそうですけど・・・

 昆虫ツアーもいいかもしれませんね。

 ただ、第三者様御指摘の通り、交流人口増ではなく定住人口増を目指さないことには、わが故郷は壊滅です。

 町長・町議さん達も観光より定住促進に町政の舵を切らなければいけないと思います。かわごろも

そのままで・・・

私は以前、大中尾~辺塚の佐多水源地を見たことがあるのですが、その山中でハンガリーの昆虫学者と日本の大学教授が同伴しているのを遭遇しました。
二人で「ヒル」を採取していて「素晴らしい森林だ!」と大興奮でしたよ。
その時私は「牧野富太郎先生」を思い出しましたよ。牧野先生は佐多岬で「佐多草・サダソウ
」を発見された植物学者です。
佐多草のことなど皆さん忘れていませんか? 佐多岬~佐多草の繋がりがあるのですよ。
昔、辺塚や大中尾では野生の蘭とかがいっぱいありましたが盗掘されてほとんど無くなりました。ツツジも盗掘されました。
佐多岬ではつまべにちょうも商売で盗まれました。
美しい昆虫や花などは学門で標本になるのは良いと思いますが「趣味」の枠を超えて「商売人」になる盗人達には守って行かないとなりません。下手に「観光化」したら終わりですよ!
私はネットでつまべにちょうが「2400円!」で売買されているのを見て腹が立ちました!
そのままで良いのもあるのです。あ~観光は難しいなぁ~

その先は?

佐多岬の観光は?と色々考えてみますが・・・(以前、大雨で根占から伊座敷の海岸通り国道269号線が不通になり大変なことになったことがありましたが・・・)佐多トンネルの工事現場を見てこのトンネルが完成した後はどうなるんですかねぇ~このトンネル何の意味がありますか?
佐多の伊座敷は国道なのに狭いままで歩道さえありません。現在、トンネル工事の土砂を積んだ大型ダンプがバンバン走り回っているのに工事現場だけが警備員が常駐しただけで伊座敷の街中ではお年寄りが大型ダンプを怖いまま歩いてらっしゃる・・・街中は駐車禁止区域なのに横断歩道の上に買い物の為に駐車する常識が無い人が・・・そして錦江警察署の警らパトカーは注意をアナウンスするだけ・・・「安全性」の関心がありませんね!本当に他人事です。
かわごろもさんのブログには「核廃棄物関連施設反対!」だけでは無くて南大隅町の問題点を広く議論する方が良いと思うのですが?
もっともっと議論を交わしてみませんか?

Re: そのままで・・・

> 私は以前、大中尾~辺塚の佐多水源地を見たことがあるのですが、その山中でハンガリーの昆虫学者と日本の大学教授が同伴しているのを遭遇しました。
> 二人で「ヒル」を採取していて「素晴らしい森林だ!」と大興奮でしたよ。
> その時私は「牧野富太郎先生」を思い出しましたよ。牧野先生は佐多岬で「佐多草・サダソウ
> 」を発見された植物学者です。
> 佐多草のことなど皆さん忘れていませんか? 佐多岬~佐多草の繋がりがあるのですよ。
> 昔、辺塚や大中尾では野生の蘭とかがいっぱいありましたが盗掘されてほとんど無くなりました。ツツジも盗掘されました。
> 佐多岬ではつまべにちょうも商売で盗まれました。
> 美しい昆虫や花などは学門で標本になるのは良いと思いますが「趣味」の枠を超えて「商売人」になる盗人達には守って行かないとなりません。下手に「観光化」したら終わりですよ!
> 私はネットでつまべにちょうが「2400円!」で売買されているのを見て腹が立ちました!
> そのままで良いのもあるのです。あ~観光は難しいなぁ~


第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 全くお恥ずかしい事に・・・

> その時私は「牧野富太郎先生」を思い出しましたよ。牧野先生は佐多岬で「佐多草・サダソウ
> 」を発見された植物学者です。
> 佐多草のことなど皆さん忘れていませんか? 佐多岬~佐多草の繋がりがあるのですよ。


 知りませんでした。本当にお恥ずかしい。

 さっそく調べてみましたら・・・果肉が柔らかい感じの可愛らしい草ですね。

 御指摘の通り・・・佐多辺塚から田代にかけての山には、辺塚欄・辺塚つつじ・おおたにわたり・紫式部・グミ等がいっぱいありましたけど・・・

 今はグミさえないですね。

 私は、5年ほど前、通信販売で小さい苗木のグミを買って庭に植えました。

 そうそう・・・確かにつまべに蝶も沢山飛んでいた記憶があります。

 泣きたくなるような自然破壊が不届き者達のためになされているのですね。

 確かに・・・そういわれれば・・・自然を観光資源にすると言うのも大変なリスクがありますね。

 自然破壊の事を何も考えず軽率でした。かわごろも

Re: その先は?

> 佐多岬の観光は?と色々考えてみますが・・・(以前、大雨で根占から伊座敷の海岸通り国道269号線が不通になり大変なことになったことがありましたが・・・)佐多トンネルの工事現場を見てこのトンネルが完成した後はどうなるんですかねぇ~このトンネル何の意味がありますか?
> 佐多の伊座敷は国道なのに狭いままで歩道さえありません。現在、トンネル工事の土砂を積んだ大型ダンプがバンバン走り回っているのに工事現場だけが警備員が常駐しただけで伊座敷の街中ではお年寄りが大型ダンプを怖いまま歩いてらっしゃる・・・街中は駐車禁止区域なのに横断歩道の上に買い物の為に駐車する常識が無い人が・・・そして錦江警察署の警らパトカーは注意をアナウンスするだけ・・・「安全性」の関心がありませんね!本当に他人事です。
> かわごろもさんのブログには「核廃棄物関連施設反対!」だけでは無くて南大隅町の問題点を広く議論する方が良いと思うのですが?
> もっともっと議論を交わしてみませんか?

第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 御指摘の通り、問題山積ですね。

 一体トンネルから出された土砂の捨て場はどこなのでしょうか?

 確かに観光・カンコウ・かんこう・観光と言う割には御指摘の通り歩道も駐車場もないですよね。

 観光客に対しても失礼ですよね。

 昔々、雄川の河川工事が源流の田代から始まりました。

 源流から河川が良くなった影響はどんなところに現れたかと言えば・・・

 雨の度、根占諏訪地区は床上浸水の被害が出始めたのです。

 佐多岬から立派に道路がなっていく様は、まさに源流から工事をしていた昔の手法に似ています。

 伊座敷の町で交通事故でも発生しなければよいのですが・・・かわごろも

 

歴史に学ぶ

私は江戸末期~明治~現代に関する近現代史を学ぶことがあるのですが(昭和16年)12月8日は日本帝国が米英連合国に対して宣戦布告をした日です。
この秋、安保法案で国会などでも連日議論を交わしましたが改めて国家の主権とか平和・戦争を考える機会があると思います。
私は「戦争を知らない子供達」の世代ですが私の親や祖父母達は実際に戦争を体験された世代で幼い頃から、その体験を常々話して貰いました。
父方の祖父は陸軍工兵隊で中国へ従軍しました。祖父の弟は南方の島で戦死しました。母は当時、朝鮮半島で生活していて終戦の混乱時には生死をかけて内地(日本国内)に引き揚げて来ました。大人達のリアルな実体験は幼い私には衝撃でした。今に至る近代現代史に学ぶきっかけが出来たのです。
今、何の関心も無い人々は多いですが自分が住む国を守ることとか国家の主権とかを少しでも考えて欲しいものです。
ちなみに今年、中国で「抗日戦勝70周年記念パレード」が賑やかに行いましたが中国が「中国人民共和国」が建国したのは1949年10月1日!です。日本が戦争したのは「中華民国」です。

Re: 歴史に学ぶ

> 私は江戸末期~明治~現代に関する近現代史を学ぶことがあるのですが(昭和16年)12月8日は日本帝国が米英連合国に対して宣戦布告をした日です。
> この秋、安保法案で国会などでも連日議論を交わしましたが改めて国家の主権とか平和・戦争を考える機会があると思います。
> 私は「戦争を知らない子供達」の世代ですが私の親や祖父母達は実際に戦争を体験された世代で幼い頃から、その体験を常々話して貰いました。
> 父方の祖父は陸軍工兵隊で中国へ従軍しました。祖父の弟は南方の島で戦死しました。母は当時、朝鮮半島で生活していて終戦の混乱時には生死をかけて内地(日本国内)に引き揚げて来ました。大人達のリアルな実体験は幼い私には衝撃でした。今に至る近代現代史に学ぶきっかけが出来たのです。
> 今、何の関心も無い人々は多いですが自分が住む国を守ることとか国家の主権とかを少しでも考えて欲しいものです。
> ちなみに今年、中国で「抗日戦勝70周年記念パレード」が賑やかに行いましたが中国が「中国人民共和国」が建国したのは1949年10月1日!です。日本が戦争したのは「中華民国」です。


第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 幅広い知識欲の旺盛さに脱帽です。

 インターネットのなかった時代、私も家永訴訟とはなんぞやと言う疑問から、家永三郎先生著・ホルプ出版・日本の歴史全10巻・定価¥35000円を持っていますので、今でもわからない点があった時は、この本のお世話になる時もあります。

 昭和天皇に関する本も7~8冊持っていますので、戦前・戦中・戦後の問題点について両方読み比べています。かわごろも

 

あい変わらず・・・

観光について私とかわごろもさん以外の南大隅町民の方々、コメントはありませんか?一言でも?関心は無いですか?

Re: あい変わらず・・・

> 観光について私とかわごろもさん以外の南大隅町民の方々、コメントはありませんか?一言でも?関心は無いですか?

第三者 様

 御投稿誠に有難うございます。

 関心はあると思います。

 関心はあるのですが・・・

 ある日の事・・・何人かの方と集まり話をしていましたら・・・なんかせんといかんね~~~とある方からお話がありました。

 なんかせんといかんね~~~といつもこの方はこの話をされます。

 まるで他人事のような話です。

 同じ事をいつもなんで話をされるのかな~~~とよく考えてみれば・・・

 それぞれの問題に対し、自主的に予習・復習・書く・そして声に出して疑問を独り言でも言う事を実践していないからではないかと気づきました。

 第三者様がコメント投稿されて・・・あ~~~なるほど!とは考えても、その事について改めて、深く考えず、そして自主的に予習・復習・書く・声に出して疑問を独り言で言うを全く実行していない結果であると考えます。

 他人様がコメントしたり、あるいは話をした時は、あ~~なるほどと考えてはみても・・・しかしそれ以上深く考える事はないものだから、すぐその大事な問題についてさえ忘れてしまい、またまた・・・なんかせんといかんね~~~と言う話になるのではないかと推測しています。

 様々な会に出席しお話を聞いているのですが・・・同じ話の繰り返しがあまりにも多いのに気づかされます。

 まるで、老人の方々が日向ぼっこしながら・・・天気がよかな~~~ほいでな~~~天気がよかな~~~ほいでな~~~天気がよかな~~~ほいでな~~~明日はいけな天気やっどかいな~~~ほいでな~~~明日はいけな天気やっどかいな~~~ほいでな~~~明日はいけな天気やっどかいな~~~ほいでな~~~明日はいけな天気やっどかいな~~~ほいでな~~~と何も考えず?話をしているのと根っこは同じではないかと思います。

 今本当に必要なのは、一つの問題について予習・復習・書く・そして声に出して疑問を独り言で言う(あるいは他人と議論する。)事を実践していく事が一番大事なのではないでしょうか?

 様々な問題点をそれぞれの町民の頭の中で熟成していないからこそ、様々な町政問題を暴走させる基になっていると考えています。かわごろも





 
プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR