正月早々骨のある方とノン方をしました。

鹿児島告発110番 

 皆様あけましておめでとうございます。

 いや~~~

 とても楽しい正月明けとなりました。

 生きて行く中において、気の合う仲間を見つけると言う事ほど難しいと思っていたのですが・・・

 骨のある仲間としては、Hさん・Tさん・K夫妻・O夫妻・暴露クン・そして昨年はT君と気の合う仲間を見つける事が出来ました。

 ・・・1月10日夜・・・

 T君とそのご家族、T君のお父さんと一緒に飲み会をする事になりました。

 南大隅町で騒がれている放射能関連誘致問題に関してもお互いノーの立場です。

 T君のお父さんは、これまで故郷の自然を守る為、長い事コツコツと戦ってこられたとの事。

 骨のある方が目の前に存在している事に、がぜん焼酎が旨く、今朝は久しぶりに朝寝をすると言うオマケまでつきました。

 現在奄美大島の生活を充分堪能されているFさんの話もでました。Fさんも今年3月くらいには南大隅町に帰って来られるのでは?と言う情報をT君のお父さんよりお聞きしました。

 Fさんも骨のある方で尊敬しています。

 今年は、補償金欲しさに欲の突っ張った放射能関連誘致派に対し、骨のある方々が集まる機会がずいぶん増えると考えれば楽しくなります。

 そうそう!みなみおおすみの自然を守る会のKさんの話もで、最高の飲み会となりました。だんだん良識的な考えで骨のある方々が南大隅町内に増えて行くさまに、心がゆったりとした動きとなってきています。

 今年はとても良い年になりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どうなる

去年の国勢調査の速報が近々発表になるそうですが、恐らく、南大隅町の人口は7000人強になるだろうと思います。
県の統計によると、24年10月から1年間の減少が347人減っており、総人口が2倍以上の肝付町と同じ数字です。
錦江町183人、東串良町が51人の減少と比べても格段に多い。
しかも、自然減(出生から死亡を引く)は144人減で錦江町と余り変わらないのに比べて、社会減(転入から転出を引く)は南大隅町203人減、錦江町48人減で大きな差が出ている。
これは何を物語るのであろうか?
南大隅町に見切りをつけた人が多くなったとは思いたくない。でも自分の周りを見た時にそう思われる節がある。

5~6年前までは年間200人前後の減少であったものが年間300人を超してしまっている。自然減は仕方がないにしても、社会減がこんなに多いとは驚く。社会減が自然減にもつながってくる。
この傾向が続くとすれば、5年後、2020年の国勢調査では5000人を割り込むだろう。

https://www.pref.kagoshima.jp/ac09/tokei/bunya/jinko/suikei/documents/37143_20140220102123-1.pdf

森田町長はこれでも「観光、観光」と叫び続けるのか?
観光では人は増えない。
定住人口を増やす策を考えるべきである。
農業しかないのではないか。

ここが錦江町と大きく違うところである。錦江町には確実な雇用を産みだす農家が育って来ています。南大隅町は耕作放棄地がどんどん増えて来ている。錦江町には耕作放棄地はあまり見かけない。

観光は成り行きに任せて、観光に回すお金を農業に回すべきではないか。山川根占フェリーも現状のままでいい。船を大きくするのに補助金を入れるべきではない。これは民間に任せればいいと思う。
佐多岬だけの観光ではいくらお金を注ぎ込んでも観光客は増えません。
先般発表になった佐多岬観光開発計画は無駄です。どぶにお金を捨てるようなものです。
今以上に町の経済は好転しません。

海上タクシ―は殆ど利用者はいないと聞く。失政です。
議会でも一回否決されたにも拘らず、700万円位注ぎ込んだという、観光物販車も他の目的で使われていると聞く。
議会は「それ見たことか」と何故声を上げない。

森田町長は『経済』 という言葉の意味をよく考えて貰いたい。
何をしていいかわからないのであれば即刻退陣して、他の人に町政を任せればどうですか。

Re: どうなる

> 去年の国勢調査の速報が近々発表になるそうですが、恐らく、南大隅町の人口は7000人強になるだろうと思います。
> 県の統計によると、24年10月から1年間の減少が347人減っており、総人口が2倍以上の肝付町と同じ数字です。
> 錦江町183人、東串良町が51人の減少と比べても格段に多い。
> しかも、自然減(出生から死亡を引く)は144人減で錦江町と余り変わらないのに比べて、社会減(転入から転出を引く)は南大隅町203人減、錦江町48人減で大きな差が出ている。
> これは何を物語るのであろうか?
> 南大隅町に見切りをつけた人が多くなったとは思いたくない。でも自分の周りを見た時にそう思われる節がある。
>
> 5~6年前までは年間200人前後の減少であったものが年間300人を超してしまっている。自然減は仕方がないにしても、社会減がこんなに多いとは驚く。社会減が自然減にもつながってくる。
> この傾向が続くとすれば、5年後、2020年の国勢調査では5000人を割り込むだろう。
>
> https://www.pref.kagoshima.jp/ac09/tokei/bunya/jinko/suikei/documents/37143_20140220102123-1.pdf
>
> 森田町長はこれでも「観光、観光」と叫び続けるのか?
> 観光では人は増えない。
> 定住人口を増やす策を考えるべきである。
> 農業しかないのではないか。
>
> ここが錦江町と大きく違うところである。錦江町には確実な雇用を産みだす農家が育って来ています。南大隅町は耕作放棄地がどんどん増えて来ている。錦江町には耕作放棄地はあまり見かけない。
>
> 観光は成り行きに任せて、観光に回すお金を農業に回すべきではないか。山川根占フェリーも現状のままでいい。船を大きくするのに補助金を入れるべきではない。これは民間に任せればいいと思う。
> 佐多岬だけの観光ではいくらお金を注ぎ込んでも観光客は増えません。
> 先般発表になった佐多岬観光開発計画は無駄です。どぶにお金を捨てるようなものです。
> 今以上に町の経済は好転しません。
>
> 海上タクシ―は殆ど利用者はいないと聞く。失政です。
> 議会でも一回否決されたにも拘らず、700万円位注ぎ込んだという、観光物販車も他の目的で使われていると聞く。
> 議会は「それ見たことか」と何故声を上げない。
>
> 森田町長は『経済』 という言葉の意味をよく考えて貰いたい。
> 何をしていいかわからないのであれば即刻退陣して、他の人に町政を任せればどうですか。

それでも観光か 様

 御投稿誠に有難うございます。

 川内原発がフル稼働していた時期に川内の町に遊びに行きました。

 川内原発がふる稼働しているにも関わらず、川内の市街地はシャッターが閉まっている店舗が多いのに気づきました。

 それでも観光か様の御指摘があります通り、私も農業に力を入れ町民一人一人の所得を上げるべきではないかと思います。

 南大隅町の地形から大型農業を実施するにはコストがかかりすぎますので、現在の農家形態を維持しつつ、あるいは新規農家の方は元元る農家経営を参考にしつつ、あと一品・・・作目を増やす。

 それは・・・南大隅町が和牛を飼いたい農家に無償で和牛1頭を貸し出す方法です。

 無償で和牛を飼った農家が病気や高齢等様々な事情で飼えなくなったら、南大隅町に返還する。

 次に返還された和牛の貸し出し先の条件としては、必ず1頭無償貸与を受けている農家とする。

 そして・・・Uターン者やIターン者の新規就農者の方で経営地盤の脆い方を優先し、和牛の無償貸与をする。

 和牛の餌はどうするのか?

 今や南大隅町内の市街地近辺から草藪だらけになっているケ所がとても多いです。

 このような道路近辺の草刈りを兼ね和牛の餌とする。

 農家が南大隅町に町道等の草刈りを申請した場合、シルバー人材センターに委託する委託料の三分の一ぐらいの草刈りの補助金を南大隅町が出す。

 Uターン者やIターン者の新規就農者に対し、具体的に手厚く援助する政策で、非常に魅力的だと思うのですが・・・かわごろも
プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR