南大隅高校存続問題と南大隅町内の小学校の統廃合問題

 小学校の統廃合問題で、神山小学校の父母の方々のアンケートを手に入れる機会がありました。その結果をみてみれば・・・・
 
 小学校の統廃合をどのように考えているか?の問いに対し、回答した父母の61%が統廃合に賛成していた。

 なぜ?統廃合に賛成したのか?の問いに対しての回答は
(1)ある程度の人数の中で学習する方が広がりもあり、子供達のためにもなると思う。
(2)数の多いほうが切磋琢磨でき、神山小の子供にも、他の学校の子供にとってもよいことだと思う。
(3)中学校に進学するにあたり、少人数の学校にとっては、中学校に行ってから多人数についていけなくなる子供もいたので、小学校のうちから慣れておくことも必要。
(4)時代の流れとして仕方のないことと思う。

(1)~(3)に共通するキーワードは児童数・・・それでは、現在のままの出生率でいくと南大隅町の児童数は10年後何名になるのか?20年後何名になるのか?それらの条件も参考にしてから、児童数!と父母の皆さんは答えられたのだろうか?その点を知りたい。なぜ?かと言えば、今後もし小学校の統廃合に関し、なんらかの問題が生じた場合、この父母のアンケート結果を今後行政側が利用する可能性も否定できないうえ、行政側が言い逃れすることができる言質を与えたことにもつながるからです。

 さらに、今のままの出生率で行くと、そう遠くない時代、神山小学校も佐多小学校も小規模校になる運命だからです。小規模校の事態におちいったとき、このアンケートに答えてくださった方々全員に、また同じ質問をしてみたいな~~~そのとき皆さんどのような答えを出すのかな?大規模校の鹿屋市や鹿児島市に転居で解決???

(4)の回答の方は、一見大人の意見を装い、もっともらしい意見のように見えるが、木を見て森をみない?世間の流れやマスコミ報道に流されやすい方で、本当は自分自身の意見をまったく持っていない方に見える。そういえば最近この方の意見に似た感じの話題があった。元〇田法務大臣の失言??? (1) 個別事案については、お答えを差し控えます。 (2) 法と証拠に基づいて適切にやっております。この2つの回答だけで国会を乗り切ろうと言うのですから・・・・まったくこの方の回答も、国民を愚弄する一見大人を装った意見の大象徴です。能力がすぐばれるから無理して大人をよそわない!無理して背伸びしない!真の大人からのアドバイスでした。

種子島を含む離島の方々は高レベル核廃棄物処分場誘致絶対反対を貫きました。そして、徳之島3町の島民の方々も、普天間基地の徳之島代替案を結束して退けました。「カネでつられることもなく」、「過疎に負けることもなく」、「地理的不便を嘆くこともなく」・・この「民度の高さ」に筆者は敬服します。「南大隅町民の民度の高さ」の度合いも全国が注目していることを町民一人一人が自覚すべきです。「伝統ある教育の町」に泥がつかないよう南大隅町民自身、「民度の高さ」を示すべきです。

 もしかしたら?、普天間基地の代替地として佐多辺塚がアメリカ軍基地に!とマスコミ報道がなされた場合、子供の安全や地域の安全より、「カネとマスコミ報道を優先」される方が多いのかな???こんなときこそ「南大隅町民として民度の高さ」を誇れ!

 それでは、このアンケート結果に基づき、南大隅高校再生の道があるかとすれば、県の面子、南大隅町の面子、両方立てる方法は何????

 高校から大学まで一貫した県立獣医師大学の設置(畜産基地として必要な職業)
 高校から大学まで一貫した県立薬剤師大学の設置(鹿児島県に存在しない科目だから)
 高校から大学まで一貫した県立助産婦大学の設置(離島の多い鹿児島県には必要な職業)
1学年50名定員として、高校から大学卒業まで9年間×50=450名の若者が住む町に変貌

 時代の流れとか大規模校がよいとか?一見大人を装ったもっともらしい?意見では南大隅町は再生できないだろうし、もちろん南大隅高校も再生しないのでは???・・・父母のアンケート結果から透けて見えるのが、大学進学するなら、あるいは就職に有利な資格をとるなら南大隅高校ではなく、大規模校でなければダメが結論では????
 
 マァ南大隅高校再生に対しては、型破りで、ものわかりの良い大人をよそわない、自分自身の考え方を持ち民度レベルの高い、強いリーダーが、何か特色を持った科目の高校の創設を目指す運動が必要ではないのかな~~~と思う。

 残念ながら現在南大隅町の表舞台には、「民度が高く強いリーダー」がいない!残念!


 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR