放射能の影響?奇形うさぎの動画

★東京電力福島原発事故後に産まれた耳のない子うさぎ(浪江町)・・・動画

http://ameblo.jp/rocket-cafe/entry-10900047642.html

http://insidejobjp.blogspot.com/2011/05/20km.html#more

チェルノブイリ原発事故の後に、頭が2つある牛が生まれたことをご記憶でしょうか。

スリーマイル島事故の後には巨大たんぽぽが発生したことをご存知でしょうか。

これからどんなことが起きるのでしょうか・・・?

「フクシマ」は世界規模の事故なんですから、悲しい覚悟をしておかなくては。

 今後、マジに福島・宮城・岩手方面の子供達が心配だな~~

 原発の町・双葉町特集が世界1月号に・・・・

 世界 2011年1月号・・・今回の東日本震災である3月11日を予言していたような記事が・・・まず目次から(1)原子力復興と言う危険な夢
(2)原子力のたそがれ(3)中略(4)中略(5)中略(6)中略(7)中略(8)原発頼みは一炊の夢かと題し、葉上太郎氏が詳細なルポタージュをしています。その一部に・・・福島県双葉町が陥った財政難・・・・双葉町の公債費比率は一時30%を超え、全国の市町村でワースト6位にランクされたことが載っています。

 南大隅の核誘致論者は核を誘致すれば未来永劫、南大隅町民は税金が安くなるし、仕事も増え、人口も増えると言っていたけど・・・・実際は・・・原発の固定資産税は少なくなる。電源交付金も期限がある。悪いことに双葉町は法人税収が少なかった。・・・・以上3点の問題でワースト6位の町へ

 双葉町の人口も原発着工前が7100人・1985年頃が8200人に、すこしだけ人口増加したものの、現在6800人・・詳細は世界1月号を読んでください。

 南大隅町に高レベル核廃棄物処分場を誘致すれば、仕事も増え、町も潤い、人口も増えると笛を吹いて町民を踊らした張本人は誰だ!

 次は同じ世界1月号に・・・(9)蘭嶼島 津波の島に蓄積される核廃棄物と題し・・・桜美林大学の中生先生が寄稿されています。・・・中略・・・地震が発生する活断層は日本列島を南北に貫いており、その延長線上に台湾山岳地帯で起きた1999年9月の台湾地震が記憶に新しい・・・中略・・・核廃棄物がこの蘭嶼島に貯蔵されており、その分量は全地球上の人口を4回殺傷できるほどの分量と言われている。もしそこが津波の被害を受けることになれば、大量の核廃棄物が黒潮に乗って日本に運ばれ、日本全土が放射能汚染されてしまう恐れがあるのだ。このあとの詳細は世界1月号を読んでください。

 何やら今回の福島原発事故を予想していたかのごとき内容・・・・


 南大隅町の第24号議会だよりを拝見して・・・・

 高レベル核廃棄物関連の誘致賛成・誘致反対に関する特別委員会の結論は?
・・・・中略・・・提出された陳情書の内容、放射性廃棄物施設についての知識が不足している。知識が無さ過ぎるとの意見が大半でした。陳情の負託に応えるだけの知識や情報収集が問われたところですと審査特別委員会の委員長さんが述べられています。

 原発は建設できるのに、なぜ?高レベル核廃棄物処分場はできないのか?と、子供が駄々をこねるごとく前町長時代の執行部は動いていた・・・・今年2月に鹿児島市内まで全国エネキャラバンのパネルデスカッションまで出かけられた一部議員の方々

 今回の決議は今後本格的に(本を買う)自ら勉強しょうとする意欲があると言う決議と前向きに受け取りたいと思います。

 そこが知りたい放射性廃棄物の著者・・土井和巳先生(経歴・・東京教育大学理学部地質鉱物学科卒業・原子燃料公社・動力炉・核燃料開発事業団・放射性廃棄物管理委員会歴任)その著書の中で・・・中略・・・特に高レベル放射性廃棄物の処分は隔離期間が数万年にも及ぶものであり、この間における安全性を担保するためには広範、かつ大量の研究・開発を必要とします。科学技術の現状から見ると、この研究・開発に要する時間は五十年をゆうに超すとみられますと1993年2月発行時に警告されています。警告時に先生は高レベル核廃棄物処分場問題はテロリスト対策も重要事項であると訴えていられます。土井先生が警告された時から、まだ20年しか経過していません。

 原発は建設できるのに、なぜ?高レベル核廃棄物処分場はできないのか?と、子供が駄々をこねるごとく前町長時代の執行部は動いていた・・・・この誘致合戦の時期に、真面目な高レベル賛成派?の土井先生の本すら読んでいなかったことが分かり、ただただビックリしています。

地質学者の土井先生が、地下埋設に関し、まだまだ研究段階であると専門家さえ言うのに・・・・素人衆が勉強もしないまま、誘致♪誘致♪誘致♪安全♪安全♪安全♪と言っていたことも、いまだ信じられません。

 南大隅町の核誘致論者の方々にお勧めの本
そこが知りたい放射性廃棄物・・著者・・土井和巳先生


 




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR