いゃ~~さすが!南大隅町議会も捨てたもんじゃないな~~

 米軍の馬毛島訓練移設移転に反対する意見書を南大隅町議会が全会一致で可決したことが報道された。

 この馬毛島移設移転が実現すれば、離発着場の延長線上に位置する南大隅町の畜産農家は大変な打撃を受けたであろうと考えていたので、これで、まずはひと安心と言うところなのだが・・・・

 少し心配なのが・・・前回統一地方選後の7月か8月頃・・・・元防衛大臣が大中尾近辺を地元町議らと視察していたと言う件が少し心にひっかかる。

 米軍の馬毛島訓練移設問題を深読みすれば・・・・

 確か、あの東日本大震災の翌日だったと記憶しているが・・・・米軍が太平洋側よりフクシマに救助に入ろうとしていたとき、水素爆発が発生し、米軍はフクシマから遠く離れた太平洋上に避難したことや日本政府よりいち早く東京近辺の在住者に対し、日本国外退避を通知していたことなどを参考にすると・・・

 フクシマに近い厚木基地・・・そこから硫黄島に訓練に行く米軍の訓練機・・・・

 少しでも安全な岩国基地に移転し、馬毛島まで行って訓練を再開する???

 放射能のことを一番知り尽くしているはずの米軍の行動は、まさしく塹壕の中の安全確認をするためのカナリヤの役目??


 7月1日号の週間朝日P23~P24ページ参照

チェルノブイリ事故から25年・・・・日本に輸入された食品から、今でも基準値以上のセシウムが検出され、輸出元に返品されている事実が掲載されています。

 2009年度、基準値以上のセシウムが日本で検出され、積戻しとなった輸入食品は以下の通りです。

 ブルーベリー・・・・ポーランド・ウクライナ
 マツタケ・・・・スウェーデン
 乾燥キノコ・・・スウェーデン

 事故から25年経過した今でも、チェルノブイリから遠く離れた地域の農産物からでさえ、基準値以上のセシウムが検出され続けることに対し、食の安全に対する危機感を抱くべきでは?

 東京電力の株主総会で脱原発の動議を出したところ・・・・思わず議長が大株主2人から委任状をもらっているから否決・・・ん?2人?・・・実は大株主は0000生命の550.010個(100株で1個)と000生命の1.078.010個の大株主であったとのこと・・・・代理人出席をしていた二人は誰だったのか?・・・議長がひとめ見てわかるような人物が、0000生命か000生命の代理人だったのであれば???誰だったのかな~~

 たしか昨夜のニュースでは、東京電力の株主総会は海外の投資ファンドが脱原発に反対したように流されたけど・・・・・そしてさらに世論を誘導するような解説を加えていたけど・・・庶民が真実を見る目・真実を聴く耳を持たないことには、ニュースにだまされてしまうぞ。

 小浜市議会の原子力発電からの脱却を求める意見書のアドレスは下記に。

http://www1.city.obama.fukui.jp/obm/gikai/file/PDF/%E6%84%8F%E8%A6%8B%E6%9B%B8/H23-6-9%20No.1.pdf

 西之表市の長野力市長の下記宣言文は地域住民を行政側自ら守ると言う趣旨の骨のある宣言文だと思う。我が南大隅町も高レベル核廃棄物誘致で揺れているけど・・・・南大隅町の町長さんに、これぐらい骨のある宣言文を出す勇気があればよいのにな~~思います。このように市民の安全を心の底より考えてくれる市長さんがいる事に西之表市民が心底うらやましい!

例えば???選挙で応援してくれた00関係者??や00議員??に気を使って、高レベル反対を言えない!と言うことは、ないはずだから・・・

  なんと言っても町民の安心安全を守るのが行政の役目だし、そのことを優先させる施策を実施するのが町長さんの役目のはずだから・・・

  種子島・屋久島は、恵まれた豊かな自然環境を生かし、農業、漁業、畜産業を中心に、また、近年は、宇宙センターや世界自然遺産を活用した観光振興にも力を注ぎ、安らぎのある生活を守ってまいりました。基地経済に依存したまちづくりではなく、第一次産業を中心とした産業振興を進め、長期的に持続可能なまちづくりを進めるべきであると考えます。

また、私たちが自然に身につけている、温和で感性豊かな心は、この地域のこの環境があってのものだと思います。私どもが享受したこの環境を、将来の子供たちにも受け継いでゆく必要があります。世代を超えて、真に豊かな暮らしを引き継いでゆく絶対的な使命があります。

子々孫々にわたり、この豊饒な地域を受け渡していく責務が私たちにはあるのです。志を同じくする人を募り、輪を広げ、真の豊かさを今こそみんなで勝ち取り、守っていくべきです。

馬毛島の問題は、長期戦になることを覚悟しておかなければなりません。基地化を許せば二度と元に戻ることはありません。さらに拡大する危険性のほうが大きいと判断します。後悔したときにはもう遅いのです。この問題は、一過性のものではありません。

受け入れた以上は、どのような苦難も、未来永劫、甘受し続けなければならないのです。進むべき道を間違えぬよう、市民、島民、熊毛全体で絆を強く結んで、移転を断固阻止してまいります。

西之表市長 長野 力 (2011 年6 月30 日西之表市議会最終日挨拶より)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かわごろも

Author:かわごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR